民衆教会の歩みに照らし、民衆神学の課題を考える :: 海辺のノート

民衆教会の歩みに照らし、民衆神学の課題を考える

17. June, 2010 • 0 Comments

民衆教会の歩みに照らし、民衆神学の課題を考える

アジア・キリスト教史のレポートで、民衆神学の教会論を考える光にするため、韓国の民衆教会の歩みをノ・チャンシクに従って概観したものです。

※ 背景について確認するために調べていて、このレポートでカバーしている時期よりも後の展開(大韓聖公会のナヌメチップの働きの一部)に関わって、国家の政策との絡みの背景が端的にまとめられている論文を、東大社会科学研究所のプロジェクト「自由化と危機の国際比較」で見つけました。

「『生産的福祉』政策 特徴 矛盾 – 自活支援事業を中心に」(五石 敬路, アジア開発銀行研究所)

Leave a comment