四川省、上海

12. November, 2005 • 0 Comments

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

2005年、中国のプロテスタント教会の奉仕部門である愛徳基金会(アミティ・ファウンデーション)の20周年記念会議に参加しました。参加者は各々希望によって中国各地でのアミティの働きを実地に見ることができて、私は四川省に行ってきました。

中国では教会が学校や幼稚園を運営することは認められておらず、日曜学校も認められていないと聞いていましたが、四川省では、国内移住労働者の家庭のために教会が運営する幼稚園を見学しました。その名も「福音幼稚園」で、教理を教えるようなことは認められていないとは言っても、聖書の話を読んだり、賛美歌を歌ったりしていました。日曜学校も既に場所によっては認められて行われているようですし、2006年にカンタベリー大主教が訪問した際には政府高官がそれを認める発言をしています。

愛徳基金会は、視角障害者へのコミュニティベースのリハビリテーション、教育活動に力を入れています。政府がやるべきことを単に補完しているのではなく、行政や病院と提携して活動を展開することで具体的な働きを通して政府に様々な提案を行い、社会福祉に関する政府の考え方や事業に影響を与えている様子を見ることができました。

※ 関連記事:
「中国のプロテスタント教会 概説」
「中国の教会を訪ねて」
「写真集 南京、北京、西安」

Leave a comment