中東カルテット会合のための祈り

11. April, 2012 • 0 Comments

※ 以下に訳したのは、Churches for Middle East Peaceから呼びかけられた祈りです。



<2012年4月11日の中東カルテット会合のための祈り>

み民が争いあい、道を見い出せない時、あなたが道になられます。神よ、私たちを、争ってばかりいるあなたの民を、憐れんでください。

自分たちにできることでは十分でないと恐れる時、あなたは私たちに十分でいられます。イエスよ、あなたの希望を、私たちに、もがいている私たちに、お与えください。

為しうる全てのことをしていない時、あなたは前に進むよう私たちを招かれます。神よ、私たちを、臆病なあなたの民を、憐れんでください。

あなたからそうなるべく召し出された平和をつくる者に再びなろうとする時、あなたは私たちの間を共に進まれます。イエスよ、私たちに、あきらめることのないあなたの民に、み力をお与えください。

過去の暴力の打撃に苦しみ、将来の暴力に脅えているイスラエル、ガザ、西岸地区の人々のために祈ります。あなたの傷ついた民に、安全と慰めをお与えください。

平和のために働いていて、悲しみと絶望が増すのを見ている人々のために祈ります。どうか彼らの忍耐と幻を保たせてください。

暴力と殺傷をつくりだす人々のために祈ります。どうか彼らに、もっとよい道を、あなたの正義と憐れみとまことをお示しください。

交渉の席に着き、その決定のもとに他の人々が生きねばならないことを話し合う人々のために祈ります。どうか彼らの心を隣人愛と他者への思いやりで満たしてください。

今日、ワシントンDCで会合を持つ指導者たち、EUの外交・安全保障の代表であるキャサリン・アシュトン、米国の国務省長官ヒラリー・クリントン、国連の事務総長バン・ギムン、ロシアの外務大臣セルゲイ・リャプノフのために祈ります。

また、イスラエルとパレスチナの指導者たち、パレスチナ自治政府大統領マフムード・アッバース、イスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフのために祈ります。

惜しみなく与えられる神よ、彼らに忍耐と智恵と幻をお与えください。すべての神の子どもたちへの愛と憐れみの心をお与えください。

ああ神よ、あなたは、石の心を肉の心に変え、武器を鋤に鋳直し、絶望のただ中で希望をお与えになります。

あなたの正義と憐れみとまことが実現されますように。平和を求めるあなたの呼びかけが、私たちの言葉と行動に常にはっきりと表れますように。

ああ神よ、復活の命にあずかる民を創造する神よ、私たちの祈りをお聞きください。

アーメン

Leave a comment