2012年 パレスチナ・イスラエルのための世界平和祈祷週間

24. May, 2012 • 0 Comments

今年の<パレスチナ・イスラエルのための世界平和週間>は、5月28日(月)~6月3日(日)です


◆ 2012年6月3日にエルサレムの諸教会が献げる祈り(The Jerusalem Prayer)

まことと希望と愛の神よ、あなたはわたしたちの避けどころ、わたしたちの力、悩むときの変わらぬ助け。わたしたちは、あなたに依り頼みます。強制退去、追い立て、土地の略奪、家屋破壊、分離壁、イスラエル人の入植地、検問所での侮辱、家族の分離、移動と居住権の制限のただ中で。あなたが近くにいてくださるから、わたしたちは決して恐れません。

まことと希望と愛の神よ、世界の造り主よ、天は神の栄光を語り、大空はみ手の業を告げます。全てのもののための善き正しき神であるあなたを信じます。どうか私たちがイスラムとユダヤ教の兄弟姉妹に対して誠実で忍耐強くいられますように。全人類にとっていのちの源である聖なるみ言葉を感謝します。どうかみ言葉が、不正義と抑圧を覆い隠すために使われませんように。

まことと希望と愛の神よ、どうかみ手を挙げてください。あなたは親のない子どもを支え、苦しむ人の願いを受けいれ、その叫びに耳を傾けて聞いてくださいます。あなたの光とまことを送ってわたしたちを導き、あなたの住まい、尊い山にわたしたちを招いてください。わたしたちの幻といのちの霊的な中心であるエルサレムが、誰も排除されず、すべての人に開かれ、二つの民、三つの宗教によって分かち合われるようにしてください。その時に初めて、わたしたちはエルサレムに新しい地と新しい人とを見るのです。

まことと希望と愛の神よ、あなたを信頼する者は地を受け継ぐと、あなたは約束されました。どうか敵にあなたの顔を見、敵を愛することができるように助けてください。それによって、わたしたちが皆、憎しみと不正義から解放されるようにしてください。どうか占領と暴力が止み、わたしたちが、この地で、宗教、平等、正義、自由、多元主義の尊重に立って、ふたつの民として共に生きることのできる日がすぐに来ますように。

まことと希望と愛の神よ、あなたはわたしの助け、わたしの命の支え。希望のないところで、あなたは希望を与え、わたしたちが悪に屈しないようにされます。どうか希望をもって創造的、非暴力的、平和的な抵抗を続けられるように助けてください。権力を持つものたちが正義と平和の道を歩むようにしてください。あなたの公正は朝日のように輝き、あなたの義の正しさは真昼の太陽のように照りわたります。み姿に似せてすべての人を創造された神に、わたしたちはすべてを献げます。

平和の神よ、苦しんでおられる復活されたわたしたちの主イエス・キリストのために、どうかわたしたちの祈りをお受けください。
アーメン

※ 詩編第10編,19編,37編,43編,46編に基づく。

Leave a comment