Sabeel Wave of Prayer 2022/12/29

30. 12月, 2022 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウはハビエル・アブ・イードの新著『パレスチナに根を持って:パレスチナ人クリスチャンと民族解放闘争 1917-2004』に焦点を当てます。パレスチナが英国によって委任統治されていた時代から大災禍(ナクバ)、そしてイスラエルによる占領下でパレスチナ人クリスチャンが減少するばかりの現在に至るまでの歴史におけるパレスチナ人クリスチャンが果たしてきた決定的な役割を詳しく説明しています。
※ https://kuminow.com/christiansintheholyland/

憐れみ深い主よ、わたしたちの大切な兄弟姉妹と、パレスチナにおけるかれらの大切な証しのために祈ります。どうか聖地においてご臨在の光を示して、彼らの足を平和の道に導いてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#恵み深い主よ、パレスチナで、中東で、そして世界中で、わたしたちキリスト者は、み子が来られたことを祝い、あなたの栄光を讃えます。み子は、わたしたちの救い主、キリストとしてベツレヘムでお生まれになり、飼い葉桶に寝かされました。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月21日水曜日、羊飼いの野があることで知られるベツレヘム近くの村ベッツァホールでバヌラ家の2歳の姉妹、ファリスとマヤが死にました。彼女たちが住んでいた建物の別の家族が住む部屋で撒かれた殺虫剤を吸い込んだことが原因でした。

主よ、信仰の弱いわたしたちを助けてください。わたしたちはこの悲劇を理解できません。どうかこの姉妹の死を嘆く両親と友人を聖霊をもって慰めてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月22日木曜日、23歳のサッカー選手、アフメッド・ダラグマがイスラエル兵に射殺されました。彼は西岸地区のプレミアリーグ、トゥルカレムのクラブ、タクフィに所属していました。イスラエル兵はヨセフの墓を訪ねるイスラエル人入植者の一団を護衛していました。衝突したパレスチナ人の中に彼がいたのかどうかはまだ明らかになっていません。

主よ、入植者のグループがイスラエル兵に守られながら挑発行為を行って騒動と暴力沙汰を引き起こしているナブルス近郊などの地域で、イスラエル当局が事態を沈静化させるための対策を取りますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月20日火曜日、50歳のパレスチナ人の政治的囚人、ナセル・アブ・フメイドが咽頭癌で亡くなりました。アブ・フメイドはファタハの指導者だった人で、第1次インティファーダと第2次インティファーダで武力を使った抵抗運動に関わったかどで収監されていました。パレスチナの囚人の人権のために活動している団体は、2021年8月に癌を患っていると診断された後、必要な医療が与えられなかったために死んだのだと主張しています。

主よ、ナセルの死を嘆く彼の家族のために祈ります。ことに死の直前に昏睡状態になってからしか面会を許されなかった彼の母、ラテファのために祈ります。どうかイスラエルの刑務所当局が、埋葬できるように遺体を家族に引き渡し、医療過失について調査をしますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月21日水曜日、ベツレヘム南東の村トゥクの子どもたちが小学校に行く道をイスラエル兵に塞がれ、はるかに長い距離の回り道を強いられました。
https://prc.org.uk/en/news/5359/israeli-forces-obstruct-palestinian-children-s-access-to-their-schools-in-west-bank-village

主よ、学校に通おうとするパレスチナの子どもたちにイスラエル兵が嫌がらせをすることを止めさせてください。占領下で日々、妨害行為、検問、入植者の襲撃、催涙ガス、音響爆弾などに遭いながら成長する子どもたちのために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月17日土曜日、ギリシア正教会エルサレム総主教テオフィロ三世が、エルサレムのヤッファ門でのクリスマスツリー点灯式で、イスラエルの過激派に対する非難を口にしました。旧市街にあるインペリアルホテルのバルコニーに立ち、総主教は集まった群衆に向かって、過激なイスラエル人グループが聖地からクリスチャンを追い出そうとして標的にして攻撃を繰り返していると述べました。

主よ、総主教の言葉をもってわたしたちも祈ります。「わたしたちは平和を切望します。聖地を我が家と呼ぶすべての人に十分な場所を提供してきた歴史的共生の基盤を、どうかわたしたちが引き裂いてしまうことがありませんように。」主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、日本国、朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。この地域の特徴ある寺院、芸術、文化のゆえに。日本と韓国で多くの人の生活を向上させた教育と経済成長のゆえに。日本キリスト教協議会(NCC-J)がアジア各地の人々との和解のために働いてきたことのゆえに。日本及び韓国のキリスト者の預言者的な証しのゆえに。第二次世界大戦時に「従軍慰安婦」として働かされた女性の正義のために根気強く証しが続けられていることのゆえに。朝鮮の再統一、人権の擁護、平和と正義のために働いてきた「朝鮮半島の平和・再統一と開発協力のためのエキュメニカル・フォーラム」(EFK)のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。朝鮮半島において民衆の抑圧、軍事衝突の恐れがなくなりますように。平和と正義が打ち勝ち、朝鮮半島における再統一が成りますように。不平等を経験している女性や周縁化されている人々のために祈ります。移民が建設的な貢献をなせるように、もっと受け容れられますように。競争と消費主義の圧力の下にあって、若者が新たな希望と意味を見いだすことができますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment