Sabeel Wave of Prayer 2022/11/24

22. 11月, 2022 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#次週、非暴力行動クミ・ナウはパレスチナ人神学者によって書かれたカイロス文書2009のメッセージを広めることに焦点を当てます。この文書は、1985年にアパルトヘイト体制下の南アフリカで書かれたカイロス文書に鼓舞されて生まれました。また、11月29日の「パレスチナ人民連帯国際デー」を覚えます。
https://www.kairospalestine.ps/

主よ、希望が全くない中で、わたしたちは希望の叫びをあげます。わたしたちは正しく善良なる神を信じます。ついには神の善良さがイスラエル/パレスチナに蔓延る憎しみと死の悪に勝利することを信じます。わたしたちはここに「新しい地」を見ることでしょう。兄弟姉妹ひとりひとりを愛する精神をもって立ち上がることができる「新しい人間」を見ることでしょう。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#シャディ・コーリーの法廷尋問は再び延期されて11月24日木曜日になりました。世界中の人、教会が、自分たちの代表者にシャディの即時釈放を求めて、また毎年500~700人ものパレスチナの子どもたちが正当な権利と保護も与えられないままイスラエルの軍事法廷で起訴されていることを問題として、手紙を書いています。

主よ、わたしたちの祈りをお聞きください。どうかシャディをはじめ、イスラエル軍の刑務所に収監されているパレスチナの子どもたちが釈放されますように。イスラエル軍が監禁しているパレスチナの子どもたちを虐待していることに、国連や国際人権団体が異議を申し立てますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ナッサール一家の農場テント・オブ・ネイションズの再登録がまたも先延ばしにされ、法廷尋問が11月21日月曜日に行われることになりました。一家は2007年以来再登録しようとしています。テント・オブ・ネイションズは国外からのボランティアを受け入れていて、ボランティアはオリーブの収穫や入植者によって破壊された畑や建物の修復を手伝っています。

主イエスよ、あなたの霊と言葉から力を得て農場でキリスト者としての証しを続けているナッサール一家の変わらぬ回復力を感謝します。どうか土地の再登録が成りますように。直面している困難に立ち向かう中で、あなたの導きと慰めが与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#今週、ラマラ近くの町ベイトユニアを襲撃したイスラエルの兵士が15歳のパレスチナの少女フラ・マサルメを射殺しました。彼女は、アナス・ハスーネ、26歳が運転する車に乗っていました。アナスも撃たれて負傷し、逮捕されています。目撃者によると、アナスがイスラエル兵を見て車をUターンしようとして、兵士たちが警告なしに発砲したということです。
https://www.aljazeera.com/news/2022/11/14/israeli-army-kills-palestinian-female-teenager-in-west-bank

主よ、16歳の誕生日の前日に亡くなったフラの死を嘆く彼女の家族や友人のために祈ります。イスラエルが明らかにパレスチナ人を標的としている過剰な武力行使と殺害のための発砲を認める方針を止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#イスラエルの人権団体ベッツェレム(B’tselem)が、9月29日木曜日にヘブロン中心部にあるハジェリヤ男子中等学校で起きたイスラエルの兵士と国境警備隊による襲撃事件の徹底調査を行いました。兵士たちは近くのアブ・アリッシュ検問所に向かって投石した何人かの若者を追いかけていました。若者のひとりが校庭に入り、裏門から逃げたのですが、彼を追って15人の兵士が学校に押し入り、教室を捜索し、教員を殴り、授業中だった14歳の生徒たちを引きずり出し、殴打し、拘留し、尋問の後に釈放しました。
https://youtu.be/FpilYMuurJ0

主よ、どうかパレスチナ人に対するイスラエル占領軍の残虐行為が止みますように。しばしば暴力が子どもたちに向けられています。ベッツェレムをはじめとするイスラエルの人権団体の働きを感謝します。かれらがパレスチナ人が耐えている人権侵害に心を向け、記録を取っていることを感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#11月16日水曜日、イスラエル当局がベツレヘム南方の不法な入植地ネヴ・ダニエル、エラザール、エフラトを拡張するために、パレスチナの土地320デュナム(0.32平方キロメートル)を没収する軍事命令を出しました。イスラエルの人権団体ピースナウの推定では、現在、145の大規模入植地と140の前哨地が存在し、66万6千人の不法に入植した者たちが占領下の西岸地区と東エルサレムに住んでいます。

主よ、わたしたちの叫びをお聞きください。パレスチナの土地がどんどん不法なイスラエルの入植地に呑み込まれています。世界の国々や人権団体が、イスラエル政府が目に余る仕方で国際法を踏みにじっていることを問いますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、東ティモール民主共和国(ティモール・レステ)、インドネシア共和国、フィリピン共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。この地域で教会が人々のいのちに関わる証しをしてきたことのゆえに。民族、文化、宗教の多様性のゆえに。ことにインドネシアでそれらの間で架け橋を築いてきた人々のゆえに。人権、正義、平和、和解のために勇敢に抵抗し、働いてきた人々のゆえに。ことにフィリピン教会教協議会(NCCP)のゆえに。自然資源を荒らす地下資源採掘、森林破壊、その他の環境破壊に抗議している人々のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。これらの国々の政府のために祈ります。腐敗をなくし、正義と平和を確立し、そこに住むすべての人々の福祉のために有効な働きを為しますように。紛争、拷問、ドラッグ、人身売買、人権侵害の被害者のために祈ります。責任ある者たちが罪を問われますように。地震、津波、その他の自然災害の被害に遭った人々のために祈ります。地域社会が復興しますように。正義、平和、持続可能性をもたらすための教派、宗教を超えた協力のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment