Sabeel Wave of Prayer 2022/6/30

2. 7月, 2022 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウはイスラエルの核兵器に関する姿勢について考えました。来週はクミ・ナウの年間予定の半ばにあたって、前半に取り上げた諸問題を振り返ります。

主よ、国際法の施行および非暴力的な手段によってイスラエルの占領を終わらせようと倦まずに働いているすべての人々に感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ジェリー・ピレイ博士が世界教会協議会(WCC)の新しい総幹事に選ばれました。2023年1月に就任することになります。彼は現在、プレトリア大学の神学・宗教学部の学部長で、南アフリカの合同長老教会のメンバーです。

主よ、ジェリー・ピライ博士のため、また彼が世界教会協議会で担う責務のために祈ります。異なる背景を持つ人々を集め、迫害、抑圧に苦しんでいる人々に手をさしのべるため、彼がみ力と導きを知りますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#6月22日水曜日、西岸地区サルフィット近郊の村イスカラで、アリ・ハサン・ハーブの葬儀に何百人ものパレスチナ人が参列しました。彼はその前日、入植者に刺されて殺されました。目撃者の証言によると、アリは、彼の家族の土地にテントを立てようとしていた入植者のグループのひとりに胸を刺されたということです。事件は近くの入植地アリエルの警備員、イスラエルの警官、兵士が見ている前で置きました。誰も襲撃を止めようとはしませんでした。

主よ、わたしたちの叫びをお聞きください。暴力が続いています。入植者がパレスチナの農民に恥知らずな攻撃を繰り返しています。どうかイスラエルの当局者が介入し、無法状態を正し、犯罪者を裁きますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ヘブロン南部の丘陵マサフェル・ヤッタの村々は、イスラエル最高裁が5月に立ち退き命令取り消しの陳情を却けて以来、高まった圧力に直面しています。キリベト・アル=ファキエットとミルケズの何十人もの住民が住まいを取り壊されました。幾つかの家族は、この1年で既に三度も取り壊しにあっています。この地域はイスラエル軍が訓練に排他的に利用する場所「射撃ゾーン918」とされ、人が住んでいるすぐ近くで軍の訓練が最近始まりました。

主よ、どうかイスラエル政府がマサフェル・ヤッタで住まいを取り壊し、住民を強制的に移住させようとしていることについて、人道主義的な取り組みを行っている国際機関、団体が責任を問いますように。軍事的な威嚇が止み、住民が安全に尊厳をもって住み続けることが許されますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#パレスチナの生徒たちはこの時期、高等学校修了試験タウジヒを受けます。アフメッド・アル=ナアサンは、この大切な試験を受けることができませんでした。6月20日月曜日、ラマラの村アル=ムガイエを早朝に襲撃したイスラエル軍に逮捕されたためです。他に10人のパレスチナ人がこの朝、逮捕されました。

主よ、どうかパレスチナの生徒たちが占領の圧迫を受けながらも最善を尽くして高等学校修了試験を受けられますように。イスラエル軍に勾留されているアフメッドのことを祈りに覚えます。どうか彼が釈放され、大学入学の資格を得るための道が備えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#6月22日水曜日、イスラエルの仮釈放審査委員会がアフメッド・マナスラのケースは「テロリズム」のケースであるとしました。アフメッドは7年前、13歳で収監され、精神的健康を深刻に害しています。アムネスティ・インターナショナルは、「親や弁護士の立ち会いなしで行われた尋問で酷い扱いを受け、公正な裁判を受けることも許されていない」として、彼の釈放を求めています。

憐れみ深い主よ、どうか国際社会の圧力を受け、長年監禁され苦しめられてきたアフメッド・マナスラが釈放されますように。イスラエルがパレスチナの子どもたちを逮捕して軍の刑務所に勾留することを止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、ケニア共和国、タンザニア連合共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。豊かな野生生物、自然資源、これらの国々の先住民のゆえに。まもられ、搾取されることがありませんように。アフリカで最も高いケニアの識字率のゆえに。教会とそのパートナー団体によって支えられているケニア、タンザニアの学校のゆえに。地域社会における教会の忠実な証しのゆえに。諸宗教の人々との間に築いてきたよい関係のゆえに。他のアフリカ諸国からの何十万人もの移民、難民の必要に応えている人々、諸団体のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。キリスト教徒とイスラム教徒がすべての人の生活を改善するために協力する中で互いにより寛容になりますように。若者のために祈ります。過激化するのでなく、自分自身と地域共同体の生活を養う心構えを持てますように。暴力の犠牲者のために祈ります。ことに性的暴力の犠牲者、ジェンダー差別に基づく暴力の犠牲者、また地域共同体から排除されたり、片隅に追いやられているすべての人々のために祈ります。気候変動、干ばつの影響を最も受けやすい人々のために祈ります。きれいな飲み水を得ることができ、農作物、家畜を豊かに与えられますように。すべての人の益となる経済的成長、交易が実現しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment