Sabeel Wave of Prayer 2022/6/23

23. 6月, 2022 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウはパレスチナ難民の窮状に焦点を当てました。来週火曜日は、署名開放された1968年7月1日を記念し、イスラエル国の取っている立場を考えて、核兵器不拡散条約(NPT)を取り上げます。イスラエルは1950年代にディモナの近くにシモン・ペレス・ネゲブ核研究所を作りましたが、いまだに核兵器を保有していることを公式には認めておらず、NPTの加盟国になっていない残り5カ国の内の1つです。

主よ、核兵器の威力は壊滅的なものですが、イスラエルはそれを開発し、拡散していることについて秘密にしています。どうかイスラエル政府がその配備について明らかにし、核不拡散条約に調印して使用に制限をかけますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#6月23日木曜日、ナディーヌ・ビタールがサビールのオンライン礼拝で祈りと聖書の学びを導きます。彼女は「イエスのふるさとの若者たち(the Youth of Jesus’ Homeland)」の事務局長です。このグループは、ラテン典礼エルサレム総大司教のもとにあるボランティアグループで、7歳から35歳までの3500人以上の若者に奉仕しています。

主よ、ナイム・アティーク師が不在している中でサビールのオンライン礼拝の司式者を務めるナディーヌ・ビタールに感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#6月15日水曜日、クリスチャンの国際的奉仕団体ワールドビジョンはイスラエルの地裁がモハンメド・エル=ハラビに有罪判決を下したことへの失望を表明しました。エル=ハラビは巨額の慈善活動資金をガザの武装グループに横流しする罪を犯したとされていますが、ワールドビジョンは「裁判の過程が規則に則っておらず、公的に入手可能な確かな証拠に欠けている」と述べています。

主よ、すでに6年間にわたって監禁されているモハンメド・エル=ハラビのために祈ります。どうか再審が行われ、秘密の証拠や強制された自白に基づいて有罪判決を受けるようなことがありませんように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#シェリーン・アブ・アクレの葬送参列者に対するイスラエル警察の襲撃に関して、警察の内部調査が行われ、違法行為であったと結論づけられました。ただし、調査は、関係した警察官が誰も懲戒処分を受けないという合意のもとで行われました。

主よ、世界中の人がイスラエル警察がシェリーン・アブ・アクレの葬送に参列したいた人々に襲いかかるのを見て深い衝撃を受けました。そのような光景は、たとえ警察当局が隠蔽しようとしても、記憶から消しがたいものです。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#イスラエルの8党連立内閣の閣僚で、宗教問題相であり、ナフタリ・ベネットの右翼政党ヤミーナに所属するマタン・カハンの録音された発言が火曜日に報道されて怒りを引き起こしました。その前日、彼はエフラトの男子校で「アラブ人を全員スイス行きの列車に乗せるボタンがあるならば、私は押すだろう」と講演しました。

主よ、どうかすべての人種主義を終わらせてください。すべての政治家がこの地のすべての民族の平等と正義のために働きますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#6月14日火曜日、パレスチナ自治政府に雇われた警備員が、ナブルスのアン・ナジャ大学で学生たちが行ったデモを暴力的な仕方で解散させました。学生たちは大学当局が10人の学生を退学させる処分を下したことに抗議していました。その前の週、イスラミック・ブロックのメンバー5人とそのライバルのシャビバ団の5人が乱闘事件を起こして、それに対する処分でした。

主よ、ナブルスの大学における学生たちの間の、また学生と警備員の間の紛争が鎮まりますように。学生たちの不満が聞かれ、大学当局が妥当な要求には応じますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#6月15日水曜日、パレスチナ囚人協会は、現在、イスラエルの獄中で処遇の悪さに抗議してハンガーストライキを行っているパレスチナ人が6人いることを発表しました。そのうちの1人、西岸地区南部の町ドラ出身のカリル・アワデは既に105日間、エルサレム近郊のベイト・ドゥッコ出身のライード・ライアンは既に70日間、ハンガーストライキを続けています。

主よ、長く続いている行政拘留と処遇の悪さに抗議しているカリルやライードをはじめとする囚人たちのために祈ります。どうかイスラエルが行政拘留という手段を使って、容疑も明らかにせず、裁判を受け、釈放される希望もないまま、無期限にパレスチナ人囚人を拘束することを止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、マラウイ共和国、ザンビア共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。これらの地の生物多様性、自然の素晴らしさのゆえに。性的暴力、人権侵害に対して声をあげ、立ち向かってきた教会指導者たちのゆえに。これらの国々への、また自国内での移民の問題に取り組んでいる人々のゆえに。近年の政治と経済の安定と、向上しつつある生活水準のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。気候が変動しているこの時、最も影響を受ける立場にある人々の食糧が確保されますように。政治的、経済的腐敗が止みますように。生活水準があがりますように。ことに最も貧しい人々の生活が改善されますように。資源と労働力の搾取が止みますように。ことに若者、女性の搾取がなくなりますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment