Sabeel Wave of Prayer 2022/4/21

21. 4月, 2022 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#ユリウス暦を使う東方正教会は今週、4月24日に祝うイースターの準備をしています。

主よ、感謝をささげます。様々な伝統の教会が喜ばしいイースターを祝っています。心に失われることのない希望と感謝をもって、十字架にかけられ、復活された神のみ子の御前にまいります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#4月14日木曜日、パレスチナ人の人権派弁護士と10代の少年がイスラエル兵に射殺されました。イスラエル軍が西岸地区に襲撃を始めて5日目のことです。ムハンマド・アサフ、34歳は、ナブルスで子どもたちを学校に送っていって車から降ろしているところをイスラエル兵に胸を撃たれました。その夕方、クアジ・ハマムラ、16歳が、ベツレヘムの近くのフサンでイスラエル軍と抗議者の衝突に巻き込まれて射殺されました。

主よ、占領下パレスチナで暴力の連鎖とイスラエル軍による残忍な襲撃が続いています。ムハンマド・アサフとクアジ・ハマムラの死を悼む彼らの家族のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ワイツマン科学研究所の情報科学の教授オデ・ゴールドライヒが、イスラエル賞の賞金を社会正義とイスラエルによるパレスチナ占領を終わらせるために働く五つの団体、ベッツェレム、ブレイキング・ザ・サイレンス、アダラ、カヴ・ラオベ(労働者ホットライン)、スタンディング・トゥギャザに寄付すると発表しました。
https://apnews.com/article/middle-east-jerusalem-israel-education-west-bank-fa6a244b16b1f947807b0aad2c8052ba

主よ、政治的非難を呼んで、賞を取り消されそうになりながらもゴールドライヒ教授が断固とした姿勢を貫いていることを感謝します。占領に反対する他のイスラエル人たちも励ましを受け、声をあげますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#4月13日水曜日、ヨーロッパ諸国の外交官たちがエルサレム旧市街を訪ねて、イスラエルの入植者団体がヤッファ門の近くでキリスト教徒が所有する場所から追い出されそうになっていることについて説明を受けました。また、イスラエル当局が今週土曜日、聖土曜日の行列に参加する人の数や聖墳墓教会(復活教会)に礼拝のために入る人の数を制限する計画であることを知らされました。

主よ、どうか国際社会がイスラエル当局に圧力をかけて、聖所にアクセスする自由を保障させ、入植者団体によるパレスチナ人の追い出しをやめさせますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#4月14日木曜日、ラマラとベツレヘムでイスラエル軍の作戦行動に対する抗議でゼネストが呼びかけられ、店、事業所が閉じられました。今週初め、ジェニンから来た一人のパレスチナ人がテルアビブで発砲し、3人を殺害し、10人を負傷させました。その報復としてイスラエル軍が西岸地区全域で襲撃を行い、最初の24時間でパレスチナ人6人を射殺し、多数を逮捕、拘留しました。

主イエスよ、この暴力の連鎖を終わらせてください。あなたは逮捕された夜、弟子たちが暴力によって応えることを戒め、「剣を取る者は皆、剣で滅びる」ことを思い出させました(マタイ26:52)。どうかイスラエルによるパレスチナの占領と抑圧を終わらせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#「中東の正義と平和を求めるカナダ人(CJPME)」が、カナダからイスラエルへの武器輸出を分析した報告書『アパルトヘイトの武装化』を出しました。近年、カナダからの武器輸出は急増していて、2020年にここ30年で最大になりました。CJPMEの副代表マイケル・ベッカートは、「いかなる軍事物資であれ、占領とアパルトヘイトに用いられることになるのであって、その移転を正当化することは人権の観点からあまりに危険である」と述べました。
https://www.cjpme.org/arming_apartheid

主よ、カナダ政府をはじめ、世界各国の政府が、武器を輸出することでイスラエルによるパレスチナ人の人権蹂躙に荷担していることをどうか至急再考しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#オーストラリア・パレスチナ・アドボカシー・ネットワーク(APAN)とサビールの友・オーストラリアが最近行った世論調査で、パレスチナに関するオーストラリア政府の見解は、オーストラリアの大半の人の見解を代表していないことが分かりました。ほとんどのオーストラリア人は、ヨルダン川西岸地区に建設されているイスラエルの不法な入植地や、イスラエルによるパレスチナ占領に反対しています。
https://apan.org.au/opinion-polls/

主よ、占領下パレスチナでイスラエルが不法な入植地を建設し、人権侵害を行っていることをオーストラリア政府が無批判に支持していることについて、どうかオーストラリアの人々が責任を問いますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、ベラルーシ共和国、モルドバ共和国、ロシア連邦、ウクライナに生きる人々を覚えて感謝をささげます。この地域で生み出された特色あるイコン、美術、文学、音楽のゆえに。共産党支配下で諸教会が信仰を忠実に証ししたことのゆえに。また何十年も無神論政策が行われた後に教会が再生されたことのゆえに。ウクライナにおける紛争が人々に与えている苦しみを減らすために働く全ての人々のゆえに。また分断に立ち向かい、乗り越えようとしている全ての人々のゆえに。民主主義と開かれた政治のために働く人々のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。政治的、経済的構造を再構築しようとしているこれらの国々に導きが与えられますように。多様な民族の歴史をもつこれらの国々に生きるすべての人々が、他者の苦しみを共にする力と民族的一体性とを与えられますように。アルコール中毒、HIV/AIDS、結核、その他の命にかかわる病に苦しむ人々のために祈ります。貧困と失業に苦しむ非常に多くの人々のために祈ります。今も続くチェルノブイリ原発事故の影響に苦しむベラルーシ、ウクライナの人々のために祈ります。メディアの民主化と真実を伝える報道のために闘っている人々のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment