Sabeel Wave of Prayer 2022/3/3

6. 3月, 2022 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#ベツレヘムの女子サッカーチーム、ディヤルが、4年連続となるナショナル・チャンピオンになりました。

主よ、自分たちの選んだスポーツで秀でようと一心に練習しているベツレヘムの女性たちの熱心と献身を感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#3月3日木曜日、南アフリカと米国からのメンバーからなるチームが、故デズモンド・ツツ大主教の霊性を学ぶ6週間の大斎節プログラムをスタートします。
https://www.blogcliveconwayproductions.com/post/tutu-lenten-series-the-course-that-focuses-on-archbishop-mpilo-desmond-tutus-spirituality-following-the-mystical-cycles-of-purgation-illumination-and-union

主よ、弾圧下におけるひとりの人の平和と正義への揺るがぬ献身についてのこの学びが世界中の多くの人に励ましを与えますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#2月22日火曜日、ベツレヘム近郊の西岸地区の町アル=カデルで、14歳の少年、モハンメド・シェハデがイスラエル兵によって胸を撃たれ、殺されました。イスラエル軍は、彼がモトロフ・カクテル(火炎瓶)を通りがかりの車に向かって投げたとしています。しかし、道路は分離壁の反対側にあり、モハンメドが射殺された場所は壁からさらに300m離れていて、何かを投げて届くような距離ではありませんでした。
https://www.middleeasteye.net/news/israel-palestine-soldiers-kill-14-year-old-bethlehem

主よ、モハンメドの早すぎる死を悼む彼の家族のために祈ります。イスラエル兵が超法規的殺害を止めますように。ことにパレスチナの子どもたちを法的手続きなしに処刑することを止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#2月22日火曜日、エルサレム治安判事裁判所は、シェイク・ジャラのサレーム一家に対する強制退去処分を彼らの不服申し立てを審議する間、一時的に中止しました。

主よ、違法な入植のために追い出されそうになっているサレーム一家をはじめとする東エルサレムのシェイクジャラ地区、シルワン地区のパレスチナの人々のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ダウン症のパレスチナ人の若者、ムハンマド・アル=アジュルーニをイスラエル警察が乱暴に扱う様子を撮った動画が広まって、怒りを引き起こしています。2月21日月曜日、ムハンマドはシェイクジャラ地区で抗議デモに行きあって加わったところ、取り押さえられて、恐慌を来しました。翌日、イスラエルの警察官が彼の家族を訪ね、警官には「特別支援が必要な人たちを保護する義務」があったと述べ、陳謝しました。
https://www.middleeasteye.net/news/israel-palestine-sheikh-jarrah-down-syndrome-assault-outrage

主よ、ムハンマドが心に負った傷から早く回復しますように。イスラエル当局が、子どもや特別支援が必要な人など、ダメージを受けやすい人に対して思いやりと理解をもって対応しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#2021年11月21日から24日までの4日間に少なくとも5回、ナブルスとラマラの地域で車を運転していたパレスチナ人が入植者から襲撃される事件があり、2月24日木曜日、イスラエルの人権団体ベッツェレム(B’Tselem)がその証言集を発表しました。入植者たちは車から大きな石を投げつけ、パレスチナ人3人に怪我を負わせ、内1人に重傷を負わせました。
https://www.btselem.org/settler_violence/20220224_settlers_attack_palestinians_driving_in_nablus_and_ramallah_areas

主よ、占領下西岸地区における入植者の暴力が悲惨なまでに増加しています。家族を訪ねていくにしても、日々の仕事に出かけるにしても、襲撃の恐怖に脅えなければなりません。犯罪を犯した入植者は、捜査されることがなく、罰を受けることがありません。どうか入植者の暴力が止みますように。イスラエル当局がそれを認めるような態度を止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ベッツェレムは、12月から1月にかけてラマラ地方の村デイル・ニザムがイスラエル軍によって封鎖されたことについても報告を出しました。イスラエル人入植者の車に向かって石を投げた子どもたちを捜すためとして、イスラエル軍は検問所を設けて村の出入りを管理し、村内を巡察し、住民を拘束しました。これは集団的懲罰です。
https://www.btselem.org/video/20220222_military_closes_off_wb_village_for_50_days_arrests_students_at_school_and_harasses_residents#full

主よ、イスラエル当局が、パレスチナ人に実際に怪我を負わせたり、危害を加えたりしたイスラエル人入植者を罰しない一方で、パレスチナ人の子どもたちが石を投げたという容疑を調べるという理由で国内法にも国際法にも反して集団的懲罰を加えてはばからないことは信じられないことです。どうか多くの人に苦しみを与えているイスラエルによるパレスチナの占領と抑圧を終わらせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、ベルギー王国、ルクセンブルク大公国、オランダに生きる人々を覚えて感謝をささげます。欧州統合のためにこれらの国々の政治家が果たした重要な役割のゆえに。これらの国々の人々が環境、経済、文化に関する諸問題の創造的解決を先導してきたことのゆえに。これらの国々の教会が、種々の壁を乗り越え、すべての人が豊かに生きることができるように手を差しのべてきたことのゆえに。エキュメニカル運動へのこの地域の貢献と支持のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。人々をいまだに分断している、文化的、言語的、政治的な壁と疑念が乗り越えられますように。なお影を残す植民地支配と経済的利益の探求が遺したものを覚えて祈ります。これらの国々で疎外され、片隅に追いやられている移民のために祈ります。これらの国々で、また世界中で、寛容と連帯が広まりますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment