Sabeel Wave of Prayer 2021/12/23

22. 12月, 2021 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンライン・セッションはシリア・ゴラン高原に焦点を当てました。ゴラン高原のシリア人は、イスラエルの軍事行動や入植地からの観光の振興の脅威にさらされながら生活しています。来週火曜日は、聖地のクリスチャンに焦点を当てます。
https://kuminow.com/syriangolan/

主よ、多くの苦しみを受けているシリア人のために祈ります。ゴラン高原やその他の地域に生きるシリア人に平和と正義が与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#新型コロナウィルスがオミクロン株の感染拡大によって再び世界中を席巻しています。この家族の集う時に、また旅行の禁止、都市封鎖、不透明さが話題の中心になっています。

癒しの主よ、再び先行きが見えない中で、COVID-19の影響を受けているすべての人々のために祈ります。また限界をこえる状況になることを恐れている医療関係者のために、新しい変種を理解するために休みなく働いている科学者のために、また命を救うためにより厳しい制限の発動について決定しなければならない政治家や指導者のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#パレスチナ人の政治的囚人がハンガーストライキを続けています。彼らはイスラエル当局者による拷問、不当な待遇、治療の不作為に対して、また国際法の下では非常に限られた状況においてしか認められていない行政拘留という手段を常套手段にしていることに対して抗議しています。

主よ、パレスチナ人囚人のために引き続き祈ります。「義に飢え渇く人々は、幸いであるその人たちは満たされる」と山上で語られたあなたの祝福がパレスチナの政治的囚人に慰めを与えますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月15-16日、ダル・アル=カリマ大学が「芸術と市民権」を主題として第23回国際会議を開催しました。
https://youtu.be/cxUImXt7rD0

主よ、対面で、あるいは衛星通信やネットを使って、この会議に参加したすべての人々のゆえに感謝します。ミトリ・ラヘブ博士に感謝します。彼がダル・アル=カリマ大学で祈りをこめてリーダーシップをとっていることに感謝します。どうか主がこの大学の働きを祝福し、スタッフや学生をその働き、その学びにおいて強めてくださいますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#先週サビール・エルサレムはエキュメニカル・クリスマス晩餐会を開催し、170人が参加しました。サビール・ナザレはクリスマス行事としてベツレヘムとエルサレムヘの旅行を実施しました。

神よ、この聖なる期節に、わたしたちが集い、主イエス・キリストの誕生を祝うことができることを感謝します。COVID-19による困難にもかかわらず、クリスマスの行事が実現できるように働く人々を祝福してください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#このクリスマス、イエスの生誕地ベツレヘムにわたしたちの目を向けましょう。ベツレヘムは苦しんでいます。パンデミックで町の経済は深刻な打撃を受けました。多くの人が諸外国から来る観光客のための仕事をしていますが、この2年間、観光客がほとんど来ていないからです。子どもを学校に通わせることを諦めた家庭もあります。子どもが学校に通うことか、食べることか、医療を受けることか、厳しい選択を迫られている家庭があります。家賃を払えず、両親や祖父母の家に住まわせてもらっている家族も出ています。
https://www.haaretz.com/israel-news/MAGAZINE-this-christmas-bethlehem-is-preparing-for-a-very-silent-night-1.10480581

主イエスよ、あなたは世の光です(ヨハネによる福音書8:12)。アドベントのロウソクを点すとき、み光に従うならば闇路を歩くことはないということを思い出させられます。貧困、抑圧、病気、死別の闇が迫るとき、わたしたちの目を希望のみ光に向けさせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって、中華人民共和国、香港特別行政区、マカオ特別行政区に生きる人々のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment