Sabeel Wave of Prayer 2021/9/30

2. 10月, 2021 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いでは、パレスチナ、イスラエルのベドウィン族の窮状について話を聞きました。ベドウィン族はイスラエル当局から何十年にもわたって嫌がらせを受けてきました。頻繁に住まいを破壊され、移転を強制されてきました。
https://kuminow.com/bedouinrights/
10月2日土曜日はマハトマ・ガンジーの誕生日に因んで国際非暴力デーが祝われます。クミ・ナウでは「平和、寛容、理解、非暴力の文化を守る」働きをしている諸団体に焦点を当てます。
https://kuminow.com/nonviolence/

主よ、パレスチナ・イスラエル紛争の様々な現場で非暴力によって正義に立つ解決をもたらそうとしている多くの個人、団体のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#9月24日金曜日、西岸地区ナブルス南部のベイタで、モハンメド・カビサの葬儀が行われました。モハンメドは、抗議活動をしていたパレスチナ人とイスラエル軍の間で衝突が起きたときに頭部を撃たれ、殺害されました。抗議活動は、ユダヤ人入植者が造った前哨地に対するもので、入植者は夏にイスラエル政府との取引で立ち退きましたが、イスラエル軍が立ち入りを禁じて監視を続けており、入植者はまたそこに戻ることができると考えています。

主よ、モハンメドの死を悼む家族、友人のために祈ります。占領下パレスチナ領における不法な入植地の急速な拡大がどうか止みますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#先週、米国の下院がイスラエルの防空システム「アイアンドーム」の補強のため、10億ドルの軍事支援追加を承認しました。わずか9人の民主党議員しか反対しませんでした。米国はイスラエルに対して毎年38億ドルの軍事支援を行っています。

主よ、正義と平和と安全を、イスラエル人だけでなく、聖地に住むすべての人にお与えください。イスラエルが行っている占領を終わらせてください。軍備、治安システム、軍の刑務所の増強を終わらせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#エルサレム旧市街の有名なガラス製品店のオーナーであるアミン・シュヴェイキ(61歳)が、先週、行政拘留を受けていることに抗議して、糖尿病の管理に必要なインシュリンの注射を拒否しました。彼はシェイクジャラ地区からのパレスチナ人の追い出しとガザ地区への空爆に対する抗議活動に参加して、5月半ばのイスラエルによる大規模摘発で捕まりました。

主よ、健康状態が悪化しているアミンのために祈ります。彼は罪状も示されず勾留され続けていることに抗議しています。裁判を受ける権利を奪い、無期限の勾留を行う、この非人間的なやり方をイスラエル当局が止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#7月3日土曜日、ナブルス南東のクスラで、ムハンマド・ハッサンが兄弟の家の屋根を造っていたところ、武装した大人数の入植者たちが4人の兵士に同伴されて村に入ってきて、彼に向かって石を投げ始めました。ムハンマドは石を投げて追い払おうとして、兵士の1人に銃で撃たれました。村人たちが助けようとしましたが、兵士たちに阻まれました。しばらく後に病院に運ばれましたが、その日の内に亡くなりました。
https://www.btselem.org/topic/firearms

主よ、いわれのない攻撃を受けて亡くなったムハンマドの家族のために祈ります。イスラエル軍当局が国際人道法の下における銃使用規制を遵守しない兵士の責任を問いますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#9月22日水曜日、パレスチナの子どもたちが登校を妨げられました。ナブルス南部の村アル=ルバン・アシュ・シャルキヤにある小学校に行く途中、イスラエル軍によってナブルスとラマラを結ぶ道を使うことを禁じられ、道でないところを歩くことを余儀なくされて、始業時間に間に合いませんでした。近くの村アムリヤでは、17歳の生徒が勾留され、釈放されるまでに2時間かかりました。

主よ、イスラエル当局によって多くのパレスチナの子どもたちの学業が乱されています。イスラエル政府がパレスチナの子どもたちにもイスラエルの子どもたちにも教育を受ける権利を平等に保障しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#9月23日木曜日、ハーグの国連戦犯法廷控訴審部は、イスラエル軍の元指揮官の2人、ベニー・ガンツとアミン・エスケルに訴追免除を与えることに反対する訴えを聞きました。イシュマイル・ジアダは、ガザの彼の家が空爆の標的にされて、子どもと訪ねてきていた友人を含む家族6人を殺害されたことについて、彼らに対する訴えを起こしています。

主よ、あなたは正しく公正な方、わたしたちはあなたを信頼しています。どうか世界の国々が国際法を守り、人道に対する罪を犯した者にはその責任を取らせますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#9月22日水曜日、イスラエル軍がヨルダン川西岸地区北部ナブルス近くのセバスティア遺跡を封鎖しました。そこは洗礼者ヨハネの埋葬地であると言い伝えられている場所で、イスラエルが支配しようとして紛争になっています。
https://arabic-language-school.tokyo/1499

主よ、占領軍や入植者によって考古学的、宗教的に重要な場所が脅威にさらされ続けています。パレスチナの人々やその財産、遺産に対するイスラエル軍や入植者による侵犯行為をどうか終わらせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、ボリビア多民族国、ブラジル連邦共和国、チリ共和国、ペルー共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。この地域の特徴あるリズム、音楽、ダンス、料理、薬草のゆえに。この地域の美しさ、森、山、川、湖、海岸線のゆえに。先住民族の自然環境との関係の在り方のゆえに。教会が、不正義と抑圧の下で証しをし、教派を超えて協力し、また諸宗教と協力して、信頼して関わり合う関係を築くために働いていることのゆえに。植民地化、政治的経済的混乱等による困難に遭いながらも衰えることのない言語と文化の多様性のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。キリスト者が、紛争、分裂の中で平和と理解の架け橋を築き、貧しい人、片隅に追いやられた人、土地を追われた人の正義を追求するために、勇気と想像力と行動力を持つことができますように。すべての人の益となる経済成長を阻み、貧困化をおこす経済的搾取をはじめ、社会のあらゆる次元で腐敗がなくなりますように。新たな故郷を探す移民、難民のために祈ります。移民、難民に寄り添い、 支える人々のために祈ります。コカの栽培農家が他の作物で収入を得られますように。ドラッグの売買が止み、中毒者に効果的な援助が与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment