Sabeel Wave of Prayer 2021/7/1

1. 7月, 2021 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#6月29日火曜日、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集まりは核兵器保有国としてのイスラエルについて考えました。1968年7月1日、核兵器不拡散条約に世界190ヵ国が調印しました。しかし、イスラエルは調印しませんでした。イスラエルは現在も核兵器の保有を認めることを拒んでいて、ネゲブ砂漠にあるディモナ原子炉の国際原子力機関(IAEA)による査察を許していません。
https://kuminow.com/nuclearisrael/

主よ、核兵器の拡散を抑えるために、どうかすべての国が自らの責任を認めて、国際機関の監督を受け入れますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#6月9日水曜日、イスラエルの治安部隊は早朝にラマラ近郊アル=ビレにある保健活動委員会(HWC)本部を襲撃し、事務所の即時閉鎖を命じました。HWCは、占領下西岸地区で最貧困層の人々に保健サービスを提供している主要な団体の一つです。
https://www.hwc-pal.org/index.php

主よ、多くの人が苦しんでいるこのパンデミックの時にHWC本部の閉鎖によって深刻な影響を受けるすべての人々のために祈ります。イスラエル当局がパレスチナの民間団体への襲撃を止め、占領国として占領下地域に生きる人々の健康と福祉に関して責任を果たしますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#米国のバーモント州労働委員会が、パレスチナのための労働者同盟(LFP)に加わることを発表しました。LFPはイスラエルによるパレスチナ占領を終わらせることを目的として2004年に立ち上げられました。現在、米国の15の労働組合が加盟しています。
https://www.palestinechronicle.com/more-us-labour-unions-join-alliance-against-israeli-apartheid/

主よ、小さなグループがもっともっと繋がって、イスラエル/パレスチナに生きるすべての人に正義と平等をもたらすために働く諸国際団体と協力しますように。イスラエルの占領に異議を唱える声が大きく高まりますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#6月の21日月曜日と22日火曜日、イスラエルの治安部隊に守られて何百人もの入植者たちが占領下東エルサレムのシェイクジャラ地区に入り、住民を攻撃しました。12歳から14歳の4人の少女は唐辛子スプレーをかけられ、顔にヤケドを負いました。4人は地域のイベントで披露するために伝統舞踊のダブケを練習していたところでした。

主よ、西岸地区全域にわたって入植者による暴力、破壊活動が激しくなっています。どうかこの人種主義的な憎悪の行為を終わらせてください。無法行為に目をつむるイスラエル当局の加担を終わらせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#6月21日月曜日、パレスチナ人の弁護士メダト・シバが、エルサレム北東の町ヒツマにおけるパスチナ人が所有する16棟の商業用建物の取り壊しを防ぐ判決を勝ち取りました。過去2年間、ラガヴィム入植協会が取り壊しを目論んで、これらの建物に入ってる事業者に関して訴えを起こしていました。

主よ、入植者団体がイスラエルの司法制度を使ってパレスチナの人々を攻撃し、立ち退かせようとすることを終わらせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#水曜日、サビール・ナザレはパンデミックが始まってから初めてとなる顔を実際に合わせての集まりを催しました。35人の女性が交わりと報告を聞く時間を持ちました。

主よ、ナザレの女性たちがサビールの事務所で交わりの時を楽しむことができたことを感謝します。パンデミックによる困難を経て、どうか友情と助け合いの絆が強まっていますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#事務局長が交代する北米サビールの友のために祈りましょう

主よ、新しい事務局長を任命する北米サビールの友のことを御前に覚えます。どうかあなたがビジョンと信仰と勇気を持った人を立て、この任務に就かせてくださいますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#慈善団体が連名でニューヨーク州の検事総長にヘブロン基金の慈善団体資格を調査するように求める陳情書を提出しました。ヘブロン基金は税金控除される寄付金をヘブロンに住むパレスチナ人に対するイスラエルの軍および民兵組織の活動を支えるために使っています。

主イエスよ、わたしたちを助けて、光の子として歩めるようにしてください。闇の業をあばく働きを担っているすべての人々のために祈ります。他者に害を為す寄付金のいかなる悪用もすべて明るみに出され、禁じられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#6月24日木曜日の朝、ニザル・バナートがヘブロン南部にある自宅で寝ていたところ、パレスチナ自治政府の警官20人程が押し入ってきて殴打し、叫びをあげる彼をどこかへ引きずっていきました。後に彼の死亡が発表されました。検視を行ったパレスチナの人権団体によると、バナートは頭部を殴られていて「不自然な死」が疑われるということです。バナートは取りやめになった選挙に立候補を予定していました。彼はパレスチナ自治政府に対する歯に衣を着せぬ批判者で、しばしば権威主義と人権侵害の増大を理由に西欧諸国に援助を止めるように呼びかけていました。

主よ、ニザルの死を悼む彼の家族のために祈ります。ニザルの死について透明性のある調査が行われ、正義が為されますように。パレスチナの人々が苦しみ続けている人権侵害に心が痛みます。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、ケニア共和国、タンザニア連合共和国に生きる人々を覚えて感謝します。豊かな野生生物、自然資源、これらの国々の先住民のゆえに。まもられ、搾取されることがないように。アフリカで最も高いケニアの識字率のゆえに。教会とそのパートナー団体によって支えられているケニア、タンザニアの学校のゆえに。地域社会における教会の忠実な証しのゆえに。諸宗教の人々との間に築いてきたよい関係のゆえに。他のアフリカ諸国からの何十万人もの移民、難民の必要に応えている人々、諸団体のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。キリスト教徒とイスラム教徒がすべての人の生活を改善するために協力する中で互いにより寛容になりますように。若者のために祈ります。過激化するのでなく、自分自身と地域共同体の生活を養う心構えを持てますように。暴力の犠牲者のために祈ります。ことに性的暴力の犠牲者、ジェンダー差別に基づく暴力の犠牲者、また地域共同体から排除されたり、片隅に追いやられているすべての人々のために祈ります。気候変動、干ばつの影響を最も受けやすい人々のために祈ります。きれいな飲み水を得ることができ、農作物、家畜を豊かに与えられますように。すべての人の益となる経済的成長、交易が実現しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment