世界平和祈祷日~パシフィック諸島を覚えて

17. 9月, 2008 • 0 Comments


9月21日は、WCCが呼びかけている世界平和祈祷日です。世界平和祈祷日は2004年に「暴力を克服する10年(DOV)」のキャンペーンの一環として始まりました。DOVの2008年のフォーカスである太平洋地域に因んだ、特祷、代祷、詩、子どもの祈りなどが、以下に集められています。この中から代祷文を紹介します。祈祷で広島、長崎のことが覚えられていますが、私たちとしては、日本が、過去には核廃棄物の投棄、現在は放射能物質の海上輸送などで、太平洋地域で核の脅威を与えてきた中心でもあることを覚えなければならないでしょう。(※ 太字は会衆、他は司式者。)

http://overcomingviolence.org/en/about-dov/annual-focus/2008-pacific/resources-for-the-pacific.html#c20879


主よ 正義と平和の神よ 貧しい者と共に立ち、声なき者の声となることを求められる神よ 戦争や貪欲の不法によって苦しむ人々のために祈ります。

主よ、私たちの存在の深みより、あなたに向かって叫びます。

私たちの叫びを聞き、祈りに耳を傾けて下さい。

たいせつな地と海を核爆発によって汚された、広島、長崎、ビキニ、エニウェトク、クェゼリン、ムルロア、ファンガタウファ、クリスマス島、ジョンストン島、モンテベロ、エミュー、マラリンガオを生活圏とする人々のために祈ります。

主よ、私たちの存在の深みより、あなたに向かって叫びます。

私たちの叫びを聞き、祈りに耳を傾けて下さい。

放射能を被曝したために、病いや遺伝子の損傷を被った人々、愛する者を失った人々のために祈ります。肉体の痛みによって、霊がそこなわれることがありませんように。

主よ、私たちの存在の深みより、あなたに向かって叫びます。

私たちの叫びを聞き、祈りに耳を傾けて下さい。

放射能汚染、核廃棄物の投棄、原子力船の航行によって、地と海を危険にさらされている人々のために祈ります。生活と健康が守られ、平和と希望の内に暮らすことができますように。

主よ、私たちの存在の深みより、あなたに向かって叫びます。

私たちの叫びを聞き、祈りに耳を傾けて下さい。

祈りに覚えるこれらの人々に、あなたが約束された正義が実現されますように。彼らが解放され、自由と愛の内に生きられますように。

主よ、私たちの存在の深みより、あなたに向かって叫びます。

畏れ、赦し、力、慰めを与える恵み深い主よ、私たちの叫びを聞き、祈りに耳を傾けて下さい。アーメン

Leave a comment