Sabeel Wave of Prayer 2021/4/1

1. 4月, 2021 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集まりは、3月30日火曜日午後6時(エルサレム時間)、ガザ地区の人々の生活に焦点を当てます。ガザ地区には200万人の人々が暮らしていて、地球上で最も人口過密な場所の一つになっていますが、2007年以後、イスラエルとエジプトによって封鎖されていて、生活に必要な資源が入手できない状態になっています。4月5日はパレスチナの子どもの日です。4月7日、クミ・ナウのオンラインの集まりは、ミリタリーコート・ウォッチを招き、イスラエルの軍事法廷におけるパレスチナの子どもたちに焦点を当てます。

主よ、厳しい生活を強いられながらも生き延びようとしているガザの人々のために祈ります。どうか封鎖が終わり、希望が回復されますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#サビールは、その友らの協力のもと、レントのオンライン礼拝を献げます。棕櫚の日曜日の前日、3月27日(土)はエキュメニカル・パレスチナ・イスラエル・ネットワーク・オーストラリアと共に、4月3日(土)は北米サビールの友と共に、4月10日(土)はサビールの友・カイロスUKと共に、礼拝をささげます。(※ 登録してZOOMで参加できます)

主よ、あなたの言葉はまっすぐ、あなたの業はすべて真実です(詩33:4)。サビールの礼拝の準備のために祈ります。どうかこれらがあなたの揺らぐことのない真実の愛を映すものとなりますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#3月19日金曜日、イスラエルのウンム・アル=ファウムとカランソワで、数百人が抗議デモを行いました。10週目になります。警察が殺人事件の調査を行っていないこと、銃の無許可販売の増加を抑える取り組みをしてないことが問題にされています。

主よ、イスラエルのパレスチナ・アラブ系住民の地域社会に平和と正義をお与えください。どうか彼らが差別を受けず、法の手続きを享受できますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#計画、建設に20年間をかけた新しい浄水・下水処理施設がガザで稼働を始めました。ドイツからの資金で実現しました。ブレイジの町にできたこの施設は、施設に設置されたバイオガスと太陽電池で動き、100万人が住む11の町からの下水を処理できます。

主よ、ガザの多くの人が飲料水を利用できるようになったことを感謝します。地下水レベルが低くなっているために何日も水道水が使えない生活を送っている人々のために引き続き祈りをささげます。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ベシャラ・ドゥマニ博士がビルゼイト大学の学長に任命されました。ドゥマニ博士は現在、米国のブラウン大学の歴史学の教授です。博士はブラウン大学に中東学研究所を創設しました。

主よ、ドゥマニ博士に与えられた賜物を感謝します。どうか彼が学長として知恵とビジョンをもってビルゼイト大学を導くことができますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ガザの生活条件はパンデミックによって悪化しました。多くの人が貧困と病いに苦しみ、カリタス・ガザ医療センターを頼りにしています。センターの職員は新型コロナウィルスに感染した人々、約1万人を訪ねて、家での療養を助けています。

主イエスよ、受難週にあってあなたの地上での生活を思います。あなたが助けを必要としている人々にどのように憐れみを示されたかを思います。十字架での死を迎える前、あなたは従う者たちにおっしゃいました。「私が病いの時、あなたは訪ねたくれた」と。ガザでカリタスの職員があなたの召しを生き、病いの人、助けを必要とする人の世話をしていることを感謝します。どうか働きに必要な守りと力が彼らに与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#4月29日、オランダのティルブルグ大学宗教的コミュニケーション研究所で、ギエド・テンバージが「ミッションを持つ巡礼」と題してウェビナーを開催します。ギエドが博士論文で取り上げたパレスチナの取り組み「来て、見なさい」が論じられます。

主よ、パンデミックが収束したら、どうか再び巡礼者たちが聖地を訪ねるようになりますように。彼らがパレスチナ人と出会い、イスラエル占領下でのパレスチナ人の生活がどのようであるかを自分の目で見ますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、チェコ共和国、ポーランド共和国、スロバキア共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。この地域のキリスト者たちが何世紀にも渡って、占領下、迫害下の時代にも、忠実に信仰を証してきたことのゆえに。数々の紛争が平和的に解決されたことのゆえに。この地の特徴ある文化が持っている力とそれが与えてきた影響のゆえに。信教の自由と教派を超えた協力が広がっていることのゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。これらの地域で社会の周縁に追いやられ、暮らしに必要なものを欠いている、ロマ、その他の人々の尊厳がもっと認められますように。異なる信仰、民族の人々が歓迎され、交わりが持たれますように。この地域の人々の霊的成長、身体的な健康のために祈ります。民主的な統治が行われ、すべての人のために神の正義と平和が広がりますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment