Sabeel Wave of Prayer 2021/1/14

12. 1月, 2021 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#1月1日金曜日、ラマラ北東部のデイル・ジャリルに数百人のパレスチナ人が平和的抗議活動のために集まりました。かれらの村の近くでイスラエルの入植地拡大によって広大な土地が奪われそうになっているためです。イスラエル軍はゴム皮膜の鉄製小弾丸や催涙ガスを使ってデモを追い散らしました。パレスチナ人1人が頭を負傷しました。同じ日に、ヘブロンのマサフェル・ヤッタ地区でパレスチナ人の羊飼いたちがイスラエル人入植者に襲撃を受けました。不法な入植者たちは棍棒や石で羊飼いたちと羊の群れを襲って、草を食ませる場所に行くのを妨げました。

主よ、占領下パレスチナにおける不法なイスラエル入植地の拡大を終わらせてください。抗議するパレスチナ人に対するイスラエル軍の暴力を止めさせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#西岸地区の町カルキリヤ近くの村カフル・カドゥムのパレスチナ人住民は、毎日のようにイスラエル人入植者に襲われています。1月1日、イスラエル軍が入植地拡大に抗議するパレスチナ人に対して実弾や催涙ガスを使い、18人の村人が負傷しました。

主よ、イスラエルの入植地建設のための土地窃盗に抗議しているすべてのパレスチナ人のために祈ります。あなたは虐げられている者の砦、苦難の時の砦です(詩9:10)。あなたは「貧しい人が永遠に忘れられ、苦しむ人の希望が滅びることは決してない」と約束されました(詩9:19)。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ヘブロン近郊の村アル=トゥワナで、パレスチナ人の若者ハルーン・アブ・アラムがイスラエル兵に首を撃たれ、首から下が麻痺した状態になりました。イスラエル軍が家屋の破壊に来て、発電機を持ち去ろうとしたのを他の村人たちと共に阻止しようとしていて銃で撃たれました。

主よ、重傷を負ったハルーンとその家族のために祈ります。また、パンデミックが拡がり、経済的困窮化が進んでいるこの時に、家を破壊された村人たちのために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#1月6日水曜日、イッサ・アムロが2010年に平和的抗議活動に参加したことを罪に問われて、イスラエルのオフェル軍事法廷で有罪判決を受けました。イッサは、ヘブロンの非暴力主義のパレスチナ人活動家のグループであるユース・アゲンスト・セトゥルメンツの共同設立者です。アムネスティ・インターナショナルは容疑を根拠のないものとし、イスラエル当局が彼に対する「訴追キャンペーン」を行っていると批判しています。
https://www.amnesty.org/en/latest/news/2021/01/israelopt-drop-politically-motivated-charges-against-palestinian-human-rights-activist-issa-amro/

主よ、占領下の彼らの土地で行われている不正義に対して声をあげる若者たちがまだパレスチナにいることを感謝します。イッサ・アムロのために祈ります。どうか彼に対する全ての告訴が取り下げられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ギリシア正教会エルサレム総主教が、ベツレヘムの近くにあるマル・エリアス修道院の27エーカーの土地の売却を計画して、怒りを買っています。売却先はイスラエルの二つの会社、タルピオット・ハダシャとブロエケット・ハブサガで、これらの会社はそれ自体がパレスチナの地に建設されたイスラエルの大規模入植地ジロをエルサレムのタルピオット地区に繋げようとしています。
https://www.middleeasteye.net/news/jerusalem-orthodox-church-property-israeli-settlers

主よ、どうかマル・エリアス修道院の土地の売却を正教会当局が考え直しますように。土地がイスラエル当局によってどのように使われることになり、それがこの地域に住むパレスチナ人にどんな結果をもたらすかを、かれらがよく考えますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、イラン・イスラム共和国、イラク共和国、シリア・アラブ共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。紛争が続く中、また常に脅威の下にありながら、シリア、イラク、イランに留まっている人々の回復力のゆえに。多くの人々に届けられてきた救援物資、援助のゆえに。これらの国々から逃れてきた難民が新たな住まいを築くのを助けた人々のゆえに。平和、正義、和解の実現のために働き続けてきた人々のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。これらの国々を戦場にして荒廃させている大国間の紛争が止みますように。これらの国々に生まれている、平和、すべての人の益、すべての民の人権を追求する政治指導者たちのために祈ります。すべての関係国が受容できる正義に立つ平和をもたらすような政策を国際社会が追求しますように。これらの国々から追い出され、あるいは逃れ出て、安全と幸せを切実に求めている人々がもっと迎え入れられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment