Sabeel Wave of Prayer 2020/7/16

17. 7月, 2020 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#非暴力行動クミ・ナウ第39週のオンライン座談会では、Zochrot及び幾つかの団体の代表によって「帰還の権利」とユダヤ民族基金の関係が説明されました。ユダヤ民族基金はパレスチナの村々の痕跡を隠し、消しているのです。第40週はエリアス・チャクール神父(名誉大司教、『血を分けた兄弟』著者)と他何人かのゲストが、パレスチナの子どもたちが教育を受けることをどのように妨げられているかを話します。
https://kuminow.com/online/

主よ、イスラエルによる占領下でパレスチナ人が経験している不平等について世界中の人々に理解してもらうために役立つ技術を感謝します。オンライン座談会の視聴者がどうか人々の前に光り輝きますように(マタイ5:16)。そして、見いだした不平等を明るみに出しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#7月3日金曜日、パレスチナ自治政府はCovid-19によるパンデミックの対策として新たに都市封鎖をしきました。それが、制限を加えた形で、さらに2週間期間延長されました。7月6日、新たに472人の感染者が出たことが発表されました。パレスチナにおける死者は17人になりました。パレスチナ自治政府は国境検問所を封鎖し、結婚式や葬式を含む大きな集会を禁止すると発表しました。イスラエルではCovid-19による死者は330人となっています。

主よ、世界中でCovid-19ウィルスが大きな不安と苦しみを引き起こしています。どうか権力を持つすべての人々に知恵を与えて、感染を抑えることができるように、かつ人々が生計を立てられるようにしてください。ウィルスのために愛する人を失ったすべての家族のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#7月7日、ベツレヘムの聖職者たちがイスラエルによる西岸地区併合計画について共同声明を出しました。かれらは地域のローマ・カトリック、メルキト・ギリシャ典礼カトリック教会 、ギリシア正教会、ルーテル教会の信者たちを代表し、イスラエル当局がこの計画を進めるならば、キリスト教徒は移民を余儀なくされ、聖地でその存在を維持することは全く不可能になると述べました。
https://www.indcatholicnews.com/news/39986

主イエスよ、あなたのお生まれになったベツレヘムの町は四方を分離壁と不法な入植地で囲まれています。過密状態を強いられ、成長することができません。占領下で家族を育んでいる兄弟姉妹のために祈ります。また彼らの牧会者たちのために祈ります。主よ、聖地でパレスチナの人々は絶えず圧迫され、暴力と追い出しの脅威に晒されています。どうか不法な併合計画が実行に移されませんように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#7月6日月曜日、ガザ北部の町シャジャイェの住民サディ・ガラブリが、イスラエルの監獄でガンのために亡くなりました。イスラエル当局は彼をラムラ監獄診療所に移すことを求める請願を却けていました。彼は占領に抵抗したことを罪に問われて終身刑となり、26年間を獄中で生きました。内、12年間は独房でした。パレスチナ被拘留者協会は、彼の死は医療を怠ったことによるものであり、1967年以来、このようにして死んだ人は68人にのぼると主張しています。

愛する主よ、サディの死を悼む彼の家族のために祈ります。どうかイスラエル当局が、長期間の刑を受けている人々を含め、被拘留者の健康と福祉に配慮する義務を果たしますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください。

#7月8日水曜日、ナブルスの近郊、ブーリン南部で、入植地イツハルのユダヤ人入植者たちがオリーブの木々に火を放ち、何十本ものオリーブが焼失しました。サルフィット北部ヤスフでは、イスラエル軍が200本以上のオリーブを根こぎにしました。現在、西岸地区には150以上の入植地があり、50万人のユダヤ人入植者が住んでいます。その中の過激な者たちはパレスチナ人農民を頻繁に襲撃しています。彼らがイスラエル当局によって訴追されることは滅多にありません。

主よ、入植地の近くに住み、嫌がらせや襲撃に苦しんでいるパレスチナ人のために祈ります。どうかこの威嚇、暴力が止みますように。占領が終わって、平和、正義、安定をイスラエル/パレスチナにもたらす道が与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#パレスチナではタウジヒ(中等教育修了資格試験)の結果が7月11日土曜日に発表されました。多くの若者が卒業して、将来に目を向けています。

学業の修了を祝う何千人もの若者たちのために祈ります。また目標を達成できなかった生徒たちのことを覚えます。どうかパレスチナの若者が自分たちの生きる地域社会を発展させ、強めるために教育を用いますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、ジブチ共和国、ソマリア連邦共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。神が創造されたものの美しさと大地と海から得られる資源のゆえに。近年ジブチが経験している政治の安定と経済の発展のゆえに。ソマリアで必要とされているものについて、教会、人道支援団体が祈り、多くの仕方で応えてきたことのゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。自然資源と沿岸地域の生態系の保護のために祈ります。どうかソマリアで飢餓、暴力、犯罪、紛争がなくなりますように。実のある和解と平和構築が行われますように。すべての人の益のために働く安定した政府が与えられますように。難民となってこの地域から逃れた人々が新しい故郷となる地で歓待されますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment