Sabeel Wave of Prayer 2020/5/14

15. 5月, 2020 • 0 Comments
※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。
 
#非暴力行動クミ・ナウは、今週、パレスチナ人の居住権および帰還の権利のためのリソースセンター、BADILに焦点を当てます。この人権団体は、パレスチナの難民および国内避難民の権利のための働きをしています。多くのパレスチナ人が1947-49年のナクバで、また1967年の六日間戦争で居住地を奪われました。今もイスラエル政府の居住の拒否、許可証発行の拒否、土地の没収等、差別的政策によって住まいを追われ続けています。
 
主よ、パレスチナの難民、国内避難民のために働くBADILをはじめとする諸団体のゆえに感謝をささげます。西岸地区、ガザ地区、及び近隣諸国で暮らす何百万人もの難民が過密状態のキャンプで生存をかけて格闘しています。故郷に帰りたくても彼らの権利と希望は拒まれ続けています。どうかこの紛争に公平で正義に適った解決が話し合いを通して与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

 
#COVID-19によるパンデミックを受け、UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)は、9340万ドルの資金援助を求める新たな緊急支援アピールを出しました。貧困に苦しむ人々に食糧、水、保健医療等の基本物資を届けて、何千人もの人々の命が失われかねない悲惨な状況を防ぐためのものです。
 
主よ、どうか国際社会が力を合わせてパンデミックと闘う中東の難民キャンプを支えるための資金援助を求めるUNRWAのアピールに応えますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください
 
#5月7日、聖地の諸教会の総主教、代表たちが、イスラエルの西岸地区併合計画は将来平和的合意に達するためのあらゆる試みを台無しにしてしまうとする声明を出しました。イスラエルの一方的な動きに対して「最も深刻な憂慮」を表明し、国際社会およびパレスチナ解放機構に対して国際法に則った和平への取り組みをもって応えるように求めました。
 
主よ、あなたはわたしたちの砦、わたしたちの逃れの岩。わたしたちの祈りをお聞きください。イスラエル国がパレスチナに属する土地を併合しようとしています。「掟の名の下に危害をたくらむ」者たちを立ち帰らせ、平和を求め、国際法を遵守するようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください
 
#パレスチナ人は「ナクバの日(大災厄の日)」を毎年5月15日に記念しています。1948年、ユダヤ人兵士たちはイスラエル建国のため75万人のパレスチナ人を強制的に立ち退かせました。500以上の村々から住民が追い出され、その多くが完全に破壊されました。
 
主よ、中東全域、西岸地区、ガザ地区、および世界各地に離散し、ナクバの日に故郷を思い起こしている多くのパレスチナ人難民のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください
 
#5月6日水曜日、パレスチナの外務および国外居住者担当大臣は、エルサレム南部エフラトに新たに七千戸の不法な入植者用住宅を建設するイスラエルの計画を非難しました。イスラエルの防衛大臣ナフタリ・ベネットは国際法を言語道断にも無視して、ベツレヘム近郊における大規模な入植地拡大に合意しました。
 
主イエスよ、あなたの誕生の地を囲む丘のすべてに入植者の不法な住居が建設されています。他方、過密状態に苦しむ貧しいパレスチナ人は、自分の土地に家を建てる権利を拒まれています。どうか国際社会の指導者たちが言葉だけでなく行動を起こして、イスラエル政府が占領するパレスチナの地で国際法を犯して入植地を拡大することを止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください
 
#5月7日木曜日、イスラエル国会は、政治の膠着状態を解消するために、ネタニヤフとガンツが首相の任期を分かち合う連立政権を認める法案を承認しました。これを受け、ルーヴェン・リブリン大統領はネタニヤフに組閣を要請しました。連立合意の下で4年間の内の最初の2年間、ネタニヤフが首相を務め、ガンツが副首相を務めることになります。刑事被告人であるタニヤフの首相に就任して組閣することは違法であると訴えた陳情は、最高裁が却下しました。
 
主よ、どうかイスラエル政府が、COVID-19パンデミックに直面している今、パレスチナとイスラエルに住むすべての人々の益になるように行動しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください
 
#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう
 
神よ、バングラデシュ人民共和国、ブータン王国、ネパール連邦民主共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。これらの国々の諸民族のゆえに。その文化、言語、芸術の多様性のゆえに。またその回復力のゆえに。これらの地の息をのむ美しさのゆえに。壮大なる山々、滔々と流れる河、青々とした田圃のゆえに。教会、キリスト教団体で働くすべての人々のゆえに。ことに自然災害に遭いやすい地域で働く人々のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。これらの国々の経済を育てるための政府、その他の機関による取り組みのために祈ります。地震、その他の災害で家族や家を失い、人生、家、生活基盤を立て直そうとしている人々のために祈ります。宗教間のよい関係のために貢献している人々のため、ことに宗教的、民族的な緊張の中で、少数者であるキリスト者のために発言する人々のために祈ります。宗教、政治の指導者のために祈ります。彼らが平和と調和のある正義の内にすべての民が生きることを可能とする働きをなせますように。しばしば大きな隣国によって脅かされている、他の国々に依存する小さな国々のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment