Sabeel Wave of Prayer 2019/8/1

31. 7月, 2019 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#7月26日金曜日、第68回目の「帰還大行進」で、パレスチナの市民71人がイスラエル軍の過剰な武力行使によって負傷しました。ほとんどの人はガザ地区の東側の境界線沿いで平和的に抗議を行っていました。負傷した人の中には、子ども30人、女性3人、救急隊員1人が含まれています。39人は実弾で撃たれ、内4人は中程度、あるいは重度の傷を負いました。アフメッド・エル・カラ、23歳は、27日土曜日、実弾で撃たれた怪我が原因で死亡しました。

善き羊飼いよ、あなたにとって難民はよそ者ではありません。愛に満ちた世話の対象でない人はいません。どうか故郷に帰還しようとして抗議を続けている人々をお守りください。アフメッドの家族の心を癒してください。想像を絶する惨事と痛みに耐えているすべての負傷者を癒してください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#今週、非暴力行動クミ・ナウは、ウイミン・イン・ブラックと、彼女たちが主題とする「紛争下の女性たち」について、焦点を当てます。どうぞ、この団体について、またこの主題についての説明をお読みください。またケース・スタディをお読みください。そして、あなたの地域でビジルを行ってください。

主イエス、平和の君よ、あなたはみ国を正義と恵みの業によって立てられます(イザヤ9:6-7)。どうかわたしたちを助けて、不正義を問い、権力者に向かって真実を語ろうとする者たちを信仰において支えることができるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#パレスチナ人の高名な作家12人が、70万人が家を追われたナクバから100年後の2048年に自分たちの国がどうなっているかを想像してSF小説に書きました。『パレスチナ +100』は、占領下パレスチナで出版される初めてのSF小説集となります。二つの平行する世界が一つの地理的空間に存在するという未来的解決を描いたマジド・カヤルの作品や、マトリックス風に『デジタルな帰還の権利』を抗争したサレーム・ハッダドの作品などが含まれています。

愛する主よ、感謝します。パレスチナ人の作家たちが与えられている創作力を用いて、パレスチナ・イスラエルの占領下の困難に光をあて、新しい世界を描き出しました。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#エルサレムのパレスチナ人が住む複数の地域で、プライスタグ攻撃(代償を払わせる意)がありました。クフル・カシムには過激主義のイスラエル人入植者たちが侵入して、パレスチナ人の所有する多くの車が破壊され、人種主義的な落書きがスプレーで壁に書かれました。

正義の主よ、「プライスタグ」と称する犯罪を犯している者たちがその行動の責任を問われますように。どうかこのような暴力が止みますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#パレスチナのタウジヒ(高校修了試験)の結果が発表されました。多くの若者が学校を卒業し、新しい生活に入ろうとしています。

教育の修了を祝う何千人もの若者のために祈ります。また目標を達成できなかった生徒たちのことを覚えます。どうかパレスチナの若者が自分の受けた教育を、地域をよくするために、また社会を強めるために用いていきますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#書いた記事のためにパレスチナの治安警察に逮捕されたパレスチナ人ジャーナリスト、タエル・ファッコウリーが、保釈金を払って釈放されました。取り調べは続けられる予定です。

主よ、報道の自由がパレスチナ当局によってもイスラエル当局によっても脅かされています。どうかすべてのジャーナリストが弾圧のおそれなく記事を書くことができますように。公正で正確な情報を伝え、権力に向かって真実を語る人々の働きのゆえに感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#サビールの第1回国際集会が2019年12月2日~7日にパレスチナで開催されます。この集会は、非暴力行動クミ・ナウを支えている神学を基にして開かれ、聖なる方の地で平和と正義のために働く様々な団体を集めて行われます。参加申込はサビールのウェブサイトで既に受付が始まっています。

主よ、サビールの第1回国際集会の準備、受付が始まりました。どうかこの年がパレスチナの年となりますように。パレスチナ人の正義が実現する時となりますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、コンゴ共和国、ガボン共和国、サントメ・プリンシペ民主共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。この国々の野生生物、熱帯雨林のゆえに。また、生態系保護のために働く人々のゆえに。守られてきた口頭伝承、民話、諸々のよい慣習のゆえに。鉱物資源に恵まれ、経済が成長していることのゆえに。植民地支配の下で始まった搾取の慣行からの癒やしのゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。どうか民主的で公正な選挙が行われ、政治が安定しますように。すべての人、ことに貧困の中に生きている人々の益となる経済成長が実現しますように。野生生物と大地が守られますように。数々の困難のただなかにあって、キリスト教会・団体が忠実に証しできますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment