Sabeel Wave of Prayer 2019/5/23

23. 5月, 2019 • 0 Comments

#先週は帰還大行進は取りやめになりました。この1年間でまだ2回目です。その2日前、5月15日水曜日にガザで大規模な抗議行動が行われていました。ナクバを記念し、帰還の権利の承認を求める行動でした。数万人のデモ参加者に対してイスラエル軍は実弾と催涙弾を使って、65人のガザの住民が負傷しました。

主よ、ガザでデモに参加して負傷したすべての人々のために祈ります。どうかガザの封鎖が終わりますように。パレスチナ難民の帰還の権利が認められますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#非暴力行動クミ・ナウは、今週、参加者に各々の町で集まりを持つことを呼びかけています。互いのことをよりよく知るためです。そこでは、食事会、映画上映会、講演会など、パレスチナの現実について知ってもらうための取り組みについても話し合われるでしょう。

愛する主よ、パレスチナ・イスラエルに住む人々が被っている不正義に心をいためているすべての人々のゆえに感謝します。どうか、パレスチナ人の受けている抑圧について理解を広げるため、かれらが共に働くことができますように。どうか国際社会がパレスチナ人の直面している不正義に叫びをあげますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#5月18日土曜日にテルアビブで行われたユーロビジョン歌唱コンテストのファイナルのボイコットを、パレスチナの人々が呼びかけました。かれらはその代わりとなるショー、グローバルビジョンをハイファで開きました。パレスチナ人、イスラエル人、また諸外国からのアーティストが協力しました。イスラエルがパレスチナを占領していることに注意を引くことが目的でした。グローバルビジョンと名付けられたパーティーが、ロンドン、ダブリン、ベツレヘム、そしてガザでも開かれました。ガザで主催したのは、「われわれは数ではない」という名の若者のグループで、23歳のジャヘッド・シェハダが優勝しました。

愛する主よ、パレスチナのアーティストたちのゆえに感謝します。占領下に暮らす人々の直面している困難に光を当てるために、かれらは力を合わせ、与えられている創造的な賜物を用いました。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#イスラエルのグループ「沈黙を破る」が、テルアビブで最も賑やかな通りに巨大な看板を立てました。そこに書かれた「大胆に自由を夢見る」というスローガンは、ユーロビジョンの今年のスローガン「大胆に夢見る」にかけたものです。グループ「沈黙を破る」は、西岸地区の占領に反対する元兵士たちがつくっているNGOです。看板には、テルアビブのビーチの絵に並べて西岸地区に立てられている分離壁や監視塔の絵が描かれています。またこのグループは「全体像を見よう」と呼びかけ、占領下西岸地区の町ヘブロンに毎日無料ツアーを出しています。

愛する主よ、5月18日土曜日、何百万人もの人々がユーロビジョン歌唱コンテストを見ました。その多くは西岸地区、とくに分離壁のそばに暮らすパレスチナ人が強いられているアパルトヘイト的状況を知りません。看板を立て、西岸地区へのツアーを提供したグループ「沈黙を破る」の活動家たちの勇気のゆえに感謝します。どうか彼らの働きによって、多くの人の目と心が開かれ、パレスチナ人の苦しみが知られますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ガザの状況は日に日に悪化しています。パレスチナ自治政府はハマスと争っていて、ガザ地区に制裁措置を課しました。それによって、何千人もの公務員とその家族の賃金がカットされました。また、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は、2018年に米国がパレスチナ難民への援助を突然打ち切ったことにより、来月にはガザの住民100万人が飢餓に直面するだろうと警告しています。

主よ、あなたは倒れようとする人をひとりひとり支え、うずくまっている人を起こしてくださいます(詩145:14)。天上のない監獄となった限られた土地で生き延びようとしているガザの人々のことを御前に覚えます。どうか国際社会で力を持つものたちが、助けを求める切迫した声に応えますように。かれらを餓死から救い、自分の土地に帰還する権利を認めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#アラブ系米国人の音楽家、タウフィク・ザヘルがナザレで通りを歩いていて、流れ弾に当たって亡くなりました。彼はよく知られた、才能豊かなウードの演奏者でした。何千人もの人々が葬儀に参列しました。彼らはイスラエルの中のアラブ系地域社会で暴力事件が多くなっていることについて不安を口にしていました。

愛する主よ、タウフィク・ザヘルの突然の死を嘆く彼の家族と友人のために祈ります。どうかイスラエルの警察が彼らの守るべき地域社会における犯罪と暴力事件の増加に関心を向け、取り組みますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ガザの5歳の少女、アイシャ・アル=ルルが癌で亡くなりました。彼女はガザの病院で脳幹から癌性腫瘍を取り除く複雑な手術を受けて、合併症で亡くなりました。彼女はエルサレムの病院で治療を受けていたのですが、両親がガザを出る許可証の発行を繰り返し拒まれたため、これまで1人で頑張っていました。

主よ、アイシャの死を悼む彼女の家族のために祈ります。イスラエルの正義に反する軍事的慣行に対して長く沈黙し、許してきた罪を告白します。どうかパレスチナの人々を助けて、自由と尊厳を取り戻させてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、インド洋諸島の国々:コモロ連合、マダガスカル共和国、モルディブ共和国、モーリシャス共和国、セーシェル共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。目を見張らされる風景、魅惑的な植物、希少な動物、豊かな海洋生物のゆえに。民族的、宗教的に多様さな人々が長い間共に生きてきたことのゆえに。ある程度の貧困の克服を実現した経済的発展のゆえに。生き生きとした福音宣教、社会、公共生活に関わる教会の働き、諸宗教の人々との教会の関わりのゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。海面が上昇しつつある状況にあって、傷つきやすい自然環境、特異な植物、動物、土地が保護されますように。観光、その他の経済発展が、命を脅かさず、これらの国々に生きるすべての人の生活を向上させるものとなりますように。教会が福音宣教の努力を通して、また諸宗教との協力の内に、成長しますように。キリスト者が、もっと大胆に、政治的混乱の時にはなおさらのこと、市民生活に関わって正義と和解の働きを為すことができますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください
作成日: 2019年5月21日(火)

 

Leave a comment