Sabeel Wave of Prayer 2019/5/16

17. 5月, 2019 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#「帰還の権利と封鎖解除を求める大行進」は先週金曜日も行われました。主催者は、非暴力をまもるように、またフェンスに近づかないようにと呼びかけています。アブダラ・アベド・アルアイル、24歳が実弾で射殺されました。他に4人の子ども、1人の救急隊員を含む三〇人が負傷しました。

主よ、祈りをお聞きください。どうか抗議活動をしているパレスチナ人の安全が守られますように。かれらの正当なる要求が応えられますように。負傷者が速やかに癒されますように。嘆いているアブダラの家族が慰めを見いだせますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#今週、パレスチナ人は、ナクバ(破局)から71年を記念しました。非暴力行動クミ・ナウは、パレスチナ人の居住権と難民の権利を守るためのBADILリソースセンターの働きに焦点を当てます。BADILは独立した非営利の人権団体で、パレスチナの難民および国内避難民の権利を守るため、実現するために働いています。

主よ、パレスチナの難民および国内避難民のために働くBADILのために祈ります。どうかわたしたちに恵みを与え、見知らぬ者たち、ことに精神的な傷を負った者たちを歓待することができるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#国連人道問題調整事務所(UN-OCHA)は、過去2週間だけでも、イスラエルは、占領する東エルサレムと西岸地区のエリアCで、パレスチナ人が所有する41の建造物を取り壊し、パレスチナ人38人が住まいを失い、121人が影響を受けました。

主よ、イスラエルの占領下に生きるパレスチナの人々のために引き続き祈ります。家を失った人々、ことに子どもたちのことを覚えます。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#14年間にわたって、イスラエルの団体「平和のための戦士」は、国家が行うのとは別に、イスラエルとパレスチナの戦没者を記念する式典を開催してきました。「“反対側”に生きる人々が負う痛みを認める」ことが狙いで、紛争で家族を失ったイスラエル人とパレスチナ人を招き集めています。テルアビブで行われるこの式典に西岸地区から参加する100人のパレスチナ人への越境許可書の発行を拒んだベンヤミン・ネタニヤフ首相に対して、月曜日、最高裁はその発行を命じました。

主よ、正義のために働いているパレスチナ、イスラエル双方のすべての良心ある人々のために祈ります。イスラエルの軍事占領による無辜の犠牲者たちの受けた苦しみに光を当てるすべての取り組みのゆえに感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#5月15日、パレスチナ人はナクバ(破局)を記念します。この日は、パレスチナ人にとって71年前に始まった破滅的状況を思い起こさせます。1948年、531のパレスチナの村や町が破壊され、75万人以上のパレスチナ人が命がけで逃げることを余儀なくされました。パレスチナ人のすべての世代が生涯を難民として生きることを余儀なくされました。

愛と正義の神よ、5月15日、わたしたちはパレスチナのナクバを記念します。71年間にわたって様々な形で受けてきた不正義、苦しみに、パレスチナの人々は胸の裂ける思いをしています。しかし、揺るがされていません。どうか彼らの勇気と回復力を強く保ち、続く圧迫に対して戦略的で平和的な抵抗を続けるための意思と希望を新たにしてください。主よ、パレスチナのナクバが止むことを求める彼らの叫びをお聞きください。人々は土地、財産を奪われ続けています。パレスチナの地にいる人々、諸外国に散っている人々、すべてのパレスチナの人々のために祈ります。ことに1948年に故郷を追われ、帰還を切望している難民のために祈ります。主よ、いつまで続くのでしょうか。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#5月12日、罪状も知らされずに行政拘留を受けているパレスチナ人の2人の囚人、オデ・フルブ、32歳と、ハサン・アワウィ、35歳が、不当勾留を訴えて行っていた41日間のハンガーストライキを終えました。

主よ、どうかハンガーストライキを行っているパレスチナ人囚人の気力を強く保ってください。健康状態が悪化しています。囚人たちの母親と、その心痛を覚えます。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、バングラデシュ人民共和国、ブータン王国、ネパール連邦民主共和国に生きる人々を覚えて、感謝をささげます。これらの国々の諸民族のゆえに。その文化、言語、芸術の多様性のゆえに、またその回復力のゆえに。人々の生きる力の強さのゆえに。これらの地の息をのむ美しさのゆえに。壮大なる山々、みなぎる河、青々とした田圃のゆえに。教会、キリスト教団体で働くすべての人々のゆえに。ことに自然災害に遭いやすい地域で働く人々のゆえに。これらの国々の経済を育てるための政府、その他の機関による取り組みのゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。地震、その他の災害で家族や家を失い、人生、家、生活基盤を立て直そうとしている人々のために祈ります。宗教間のよい関係のために貢献している人々のため、ことに宗教的、民族的な緊張の中で、少数者であるキリスト者のために発言する人々のために祈ります。宗教、政治の指導者のために祈ります。どうか彼らが平和と調和のある正義の内にすべての民が生きることを可能とする働きをなせますように。しばしば大きな隣国によって脅かされている、他の国々に依存する小さな国々のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment