Sabeel Wave of Prayer 2019/3/21

21. 3月, 2019 • 0 Comments

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#第51回目の「帰還大行進」は延期となりました。参加者の命を守るためです。前の晩、ガザからテルアビブに向けてロケット弾が発射されて、イスラエルと一触即発の事態になっていたためです。ガザを統治するハマスは、税の引き上げに反対するデモに参加した人々の家を襲撃し、数十人の人々を逮捕しました。生活と経済の改善を求めて何百人もの人々が街頭で抗議を続けています。

主よ、どうかガザの人々が平和裡に抗議する権利が守られますように。イスラエル軍からもハマス政府からも脅かされることがありませんように。すべての立場の人々に知恵と潔さを与え、すべての敵対関係が平和的に解決されますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#今週、非暴力行動クミ・ナウは、イスラエルによる占領が自然資源の利用を阻害していることについて啓発活動を行っているアル=ハックの働きに焦点を当てます。 占領下に生きているパレスチナ人は、肥沃な土地、鉱物、石の利用を阻まれ、水さえも買わなければならない状態に置かれています。パレスチナ人が発展を妨げられている一方で、不法なイスラエルの入植地はその土地を蚕食し、その犠牲の上で繁栄しています。

主よ、どうかあなたがお与えになったパレスチナの資源の略奪を、イスラエルが止めますように。 主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#3月21日木曜日、春分の日は、パレスチナでは母の日です。 

すべての母親、ことに占領下に生きるパレスチナの母親たちのゆえに神を賛美します。彼女たちは男性よりも多くの困難に遭っています。家族が生き延びるため、地域社会を保つために常に行っている努力はほとんど認められることもありません。理解と強さと命の愛を育むために助け合っているすべての人々のゆえに感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ニュージーランドのクライストチャーチの二つのモスクで、過激思想を持った若いオーストラリア人が、50人を射殺し、他に50人に怪我を負わせました。

主よ、この襲撃によって怪我を負った人々のために祈ります。家族を殺害されて嘆く人々のために祈ります。イスラム恐怖症を含め、あらゆる人種差別が世界中からなくなりますように。ことに憎悪の爆発が残したものに対処していかなければならないニュージーランドのために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#パレスチナ自治政府は、公務員の2月の給与を半分しか支払わないことを決めました。イスラエルがパレスチナ自治区で徴収した税を渡すことを保留したためです。パレスチナ自治政府の収入の大部分はその税収に拠っています。

主よ、突然収入を失ったすべての人々のために祈ります。どうかイスラエルの政策決定者たちが、彼らの政策がパレスチナの人々の生活に与えている影響を認識しますように。パレスチナの資金の保留を止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#3月初め、スウェーデンの若い歌手で平和活動家であったディヴィーナ・レヴリニが亡くなりました。彼女はパレスチナのために働いた情熱的な活動家で、2018年の自由船団のクルーでした。

主よ、ディヴィーナの生涯のゆえに感謝します。彼女の死を悼む家族や友人のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#サビールは、ザバブデとエリコで女性たちの聖書研究グループの集まりを開きました。サビール・ナザレは、前ラテン・エルサレム総大司教マイケル・サバ座下の著された本の出版記念会を催しました。

主よ、ザバブデとエリコの女性たちが集い、み言葉を学ぶことができたことを感謝します。どうか彼女たちが信仰において強められますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#この時期、キリスト教徒は断食と祈りの40日間をまもって聖週を迎えます。

主イエスよ、あなたは人々の間で働きをお始めになる前、荒れ野で40日間断食をして誘惑に打ち勝たれました。あなたのまことのゆえに深く感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、エストニア共和国、ラトビア共和国、リトアニア共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。独特な文化的慣習、文学、音楽、自然資源が守られていることのゆえに。弾圧されていた時代に揺らぐことのなかったキリスト者たちの証しのゆえに。 占領を生き延びたキリスト者たちのゆえに。これらの国々が1918年から1991年の間に平和的に独立を達成したことのゆえに。人々が新しく見いだした自由のゆえに。それがすべての人の益になるように用いられますように。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をおききください。これらの国々のロシアとの関係、また各々の国内に生きるすべての民族集団間の関係が平和でありますように。20世紀に起きた戦いで受けた古い傷が癒やされますように。 すべての市民の益となる公正な経済的発展が実現しますように。政治指導者およびすべての人々が協力して正義と平和と福祉を追求できますように。外国に住んで労働している人々のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

○ 壁を崩してください

神よ、祈ります
キリスト者をいまだに分断している壁を崩し、
み心とみ旨に従って一致をつくりだしてください
ありのままのわたしたちを受け容れ、
しかし、あなたの望まれるように形づくって、
この国の、そして世界の、一致と愛のパン種とならせてください
(ラトビアのローマ・カトリック大司教ズビグネブス・スタンケビクス師の祈り)

Leave a comment