Sabeel Wave of Prayer 2019/1/24

24. 1月, 2019 • 0 Comments

#1月18日金曜日、帰還大行進が続けられました。ディフェンス・フォー・チルドレン・インターナショナル(DCIP)によると、昨年3月30日以来、ガザで45人の子どもが殺害されました。

主よ、どうか和平交渉の膠着状態が打開され、ガザの無慈悲な封鎖が終わりますように。子どもを失った家族に慰めが与えられますように。ガザのすべての子どもたちがご恩寵に包まれて守られますように。主よ、御憐れみにより/私たちの祈りを聞き入れてください

#パレスチナ自治政府の外務大臣リヤド・アル=マルキが、今年、パレスチナは、国連で開発問題について協議するG77プラス中国の議長国を務めることを明らかにしました。パレスチナは2012年以来、国連の非加盟オブザーバー国家です。今年度末、再度、加盟申請を提出することになっています。

愛する主よ、不正義、抑圧に立ち向かうために生涯をささげて国連等の機関で働いている人々に力と粘り強さをお与えください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#生徒たちは休暇を終え、学校が始まっています。占領下で、子どもたちは教育を受けるために多くの障害を乗り越えなければなりません。生徒たちは、学校の行き帰りにイスラエル人入植者から暴力を受けたり、検問所で時間を取られたり、通学バスで頻繁に持ち物検査を受けたりしています。

主よ、学校に戻る生徒たちのために祈ります。どうかかれらが教育を大切にし続けますように。困難に直面している子どもたちが、学業を全うし、それを地域社会のために生かす決意を持つことができますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#パレスチナ自治政府がネット上での言論の自由を制限し、反体制派を逮捕していることを、ヒューマン・ライツ・ウォッチが批判しました。

主イエスよ、感謝します。あなたが世に来られ、わたしたちはあなたの恵みと真理を受けました。どうかわたしたちを堅く立たせ、権力者による真理の抑圧に立ち向かわせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#1月13日日曜日、イスラエル人入植者のグループが西岸地区北部ナブルス近郊のブルカで、1000本近くの苗木をだめにしました。ブルカ周辺の土地を自然保護区にするために育てられていた苗木でした。

主よ、占領下ヨルダン川西岸地区でイスラエル人入植者によって頻繁に破壊行為が行われています。どうかこれを止めさせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#今週、非暴力行動クミ・ナウは、パレスチナ国際関係学会(PASSIA)の働きと、東エルサレムにおけるイスラエルの国際法違反に焦点を当てます。どうかあなたの地域の政治家に手紙を書き、イスラエルがパレスチナで犯している人権侵害について責任を問うように求めてください。

主イエス、平和の君よ、御国は公正と正義によって立てられます(イザヤ9:6)。どうかわたしたちを助けて、不正義の問題に取り組み、統治者に向かって真実を告げる人々のために、信仰において祈らせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、キプロス共和国、ギリシャ共和国、トルコ共和国に生きる人々を覚えて、感謝をささげます。パウロや他の使徒たちによってキリスト教信仰の種を蒔かれた小アジアで教会が2千年間にわたって存在し、証ししてきたことのゆえに。また、初期の教会がギリシャの文化から受けた影響のゆえに。7回の全地公会議が開かれたこの地域から輩出された教父たち、殉教した多くの女たち、男たちのゆえに。キリスト者の一致と自然環境保護のためにコンスタンティノープル総主教が果たした開拓者的な働きのゆえに。これらの地に逃れた人々、これらの地を通って逃れた人々に手をさしのべて助けた人々のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。20世紀に起きたアルメニア人の虐殺、ギリシャ人の虐殺、アッシリア人の虐殺の記憶と傷が癒されますように。また現在の緊張状態が和らげられますように。すべての少数者のグループとその申し立てがもっと尊重されますように。正義と和解のために働く人々がもっと重んじられますように。すべての人の益のために働く、もっと安定した民主的な政治が実現しますように。これらの国々で経済的、政治的危機のために苦しんでいる人々のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

Leave a comment