Sabeel Wave of Prayer 2018/12/20

20. 12月, 2018 • 0 Comments

わたしたちの救い主、イエスの降誕についての聖書の言葉によって祈りをささげましょう

#『あなたは身ごもって男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。その子は偉大な人になり、いと高き方の子と呼ばれる。』(ルカ1:31-32)

主イエス降誕の場所、聖誕教会の歴史的な修復が進み、ベツレヘムの町の人々は気持ちが高揚しています。2012年にこの教会堂は世界遺産に指定されました。2013年にイタリアの専門家によって建物外部、壁、床のモザイクの修復事業が始まりました。来年末までに完成する予定です。

マリアは言いました。『私は主の仕え女です。お言葉どおり、この身に成りますように』。(ルカ1:38)主よ、ベツレヘムでわたしたちの救い主が降誕されたことを思い起こす時、そこにある占領下の難民キャンプで生まれたたくさんのパレスチナの子どもたちのことを思います。どうか正義と公正に立つ平和がイスラエルとの間に実現し、かれらに希望と将来が与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください。

#12月14日金曜日、ガザ地区東部の境界線で、イスラエル軍の実弾射撃を受けて、帰還大行進に参加していた少なくとも60人のパレスチナ人が負傷しました。

マリアの挨拶をエリサベトが聞いたとき、その胎内の子が躍りました。エリサベトは聖霊に満たされて、声高らかに言いました。『あなたは女の中で祝福された方です。胎内のお子様も祝福されています。』(ルカ1:41-42)主よ、子どもたちを傷つけられ、占領の抑圧的な状況によって押し潰されているガザの母親たちのために祈ります。どうか土地と生計手段がガザの人々の手に戻りますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください。

#今週、占領下にある西岸地区で多くの事件が起き、多くのパレスチナ人、イスラエル兵が死にました。12月14日金曜日の夜明けまでの24時間で、イスラエル兵は100人以上のパレスチナ人を逮捕しました。

そこで、マリアは言いました。『私の魂は主を崇め、私の霊は救い主である神を喜びたたえます。卑しくされた僕の生活状態に目を留めてくださったからです。今から後、いつの世の人も私を幸いな者と言うでしょう。』(ルカ1:46-48)主よ、マリアがあなたを礼拝し、従順と喜びを示したことを思い起こす時、謙虚な気持ちを起こされます。どうかわたしたちの心を怒りや恨みから解き放ち、他者に対して慈悲深くならせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください。

#占領下にある東エルサレムのシルワンで、パレスチナ人のハシメ一家が家を失いました。12月8日土曜日、かれらは14人の家族で住んでいた家をやむなく取り壊しました。自分たちで取り壊さなければ、市当局に取り壊し費用まで払わなければならなかったからです。

ザカリアは預言して言いました。『これは我らの神の憐れみの心による。この憐れみによって、高い所から曙の光が我らを訪れ、暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、我らの足を平和の道に導く。』(ルカ1:78-79)主イエスよ、あなたはわたしたちの救い主、贖い主であられます。あなたの光は希望のないところに希望をもたらします。主よ、どうかわたしたちを助けて、不平等のあるところで平和と正義のための働きを続けさせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください。

#パレスチナ人の学校や児童に対するイスラエル軍の暴力を記録しているクリスチャン・ピースメーカー・チームは、11月4日から27日までの数週間、H2地域、アル=カリル/ヘブロンで、その激化を報告しました。子どもたちや学校や一般市民を直接狙って催涙弾や音響閃光弾が打ち込まれています。

このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためでした。『見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。』この名は「神は私たちと共におられる」という意味です。(マタイ1:22-23)主イエスよ、クリスチャン・ピースメーカー・チームと、暴力を監視するその働きに感謝します。ことに小さな子どもたちを守るための働きに感謝します。どうかあなたのご臨在によってかれらが強められますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください。

#12月15日土曜日、オーストラリアの首相スコット・モリソンが、オーストラリアは西エルサレムをイスラエルの首都として公式に認めると発表しました。しかしながら、イスラエルとパレスチナの間に和平がなるまでは大使館を移すことはしないとも述べました。

マリアは初子の男子を産み、産着にくるんで飼い葉桶に寝かせました。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからです。(ルカ2:7)主イエスよ、あなたがご降誕された時、家畜の寝床しかありませんでした。子どもの時には難民として生きられました。主よ、パレスチナの人々のために祈ります。どうか彼らが占領から解放されて、平和に満ちた人生を生きることができますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください。

#今週、非暴力行動クミ・ナウは、イスラエルの軍事法廷における子どもの処遇に焦点を当てます。ミリタリー・コート・ウォッチは、この制度に捉えられた子どもたちへの虐待や権利の剥奪を監視する非営利団体です。ことに虐待の起こりがちな逮捕されてからの最初の24時間に焦点を当てて活動しています。

『言は肉となって、私たちの間に宿った。私たちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。』(ヨハネ1:14)主よ、正義のために、また年若い者たち、自分を守る手立てを持たない者たちのために働く、すべての人々のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください。

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう。

神よ、中華人民共和国、同香港特別行政区、同マカオ特別行政区に生きる人々を覚えて、感謝をささげます。中国の長くて複雑な歴史のゆえに。数千年にわたって育まれてきた、その多くの芸術、文化、伝統のゆえに。この地域に宣教師を派遣した人々、教会を築いた人々のゆえに。また教会を、今、ここにおける文脈に根付かせようとする中国のキリスト者の意思のゆえに。たとえ迫害の恐れがある時でも不正義に異議を申し立てて、大胆に信仰を生き抜いている人々のゆえに。多くの人を貧困から引き上げた経済的な成長、発展のゆえに。深刻な環境問題に対処するために中国が取っている政策のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。経済成長に取り残され、かえって周縁に追いやられている人々のため、ことに農村の女性、小作農のために祈ります。中国と香港の間、また中国と世界の他の地域との間にある政治的、社会的緊張を覚えて祈ります。どうか中国の教会が社会において預言者的な証しをなす教会として成長しますように。人々が霊的意味を顧み、経済成長、消費者主義への囚われから解放されますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください。

Leave a comment