Sabeel Wave of Prayer 2018/9/20

20. 9月, 2018 • 0 Comments

パレスチナ・イスラエルのための世界平和祈祷週間にあたって

#ガザのため:「帰還大行進」は27週目に入り、イスラエル占領軍による実弾射撃を受けながら、平和的抗議活動が続いています。シャディ・アブド・アル=アル、12歳、フハイブ・アベド・アル=サラーム・アブ・カシェフ、16歳が負傷し、死にました。先週金曜日には、14人の子どもを含む100人以上の人々が負傷しました。

正義の主よ、ガザとの境界線に布陣しているイスラエル占領軍に、平和的に抗議をしている者たちに向かって実弾を使うことは正当化されえない犯罪であることが分かるように物事を見る力を与えてください。負傷した人々、殺害された人々の家族、ことにあなたの創造された世界の素晴らしさを知り始めたばかりの子どもたちに、慰めをお与えください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#エルサレムのため:1967年に東エルサレムを占領し、不法に合併してから、イスラエル政府が何よりも目指してきたことは、エルサレムに関する主権を将来にわたって脅かされることがないような状況を人口動態的、地理的に作り出すことでした。

十の美しさを神はこの世に与えてくださいました。九つをエルサレムに、一つを残りの場所に。十の悲しみを神はこの世に与えてくださいました。九つをエルサレムに、一つを残りの場所に。(タルムード)ゆえに平和のために祈りましょう。平和のために祈りましょう。エルサレムの平和のために祈りましょう。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#イスラエルに住むパレスチナ人のため:イスラエルに住むパレスチナ人は、日々、二級市民として扱われています。最近まで、それは静かに、政府の公の承認なしに行われていました。「国民国家法」が成立して、この不公平な扱いは法律によって根拠づけられました。

公正な主よ、日々抑圧されている者たちを支えてください。イスラエルに生きるパレスチナ人に、彼らを二級市民とする法律に立ち向かう力、世界中の権力者にその闘いを知らしめる力を与えてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ナクバを覚えて:2018年で、1948年のナクバ(大破局)の始まりから70年になります。あの時からパレスチナ人は占領下に置かれ、「壁」で行動を制限されてきました。家から追い出されることを常に恐れながら生きている人々がいます。村を灰燼に帰されて難民として生きることを余儀なくされた人々がいます。1948年以後、500以上のパレスチナの村々が破壊されてきました。

抑圧の闇夜は続いていますが、正義の夜明けは必ず来ます。どうか神が良心の人々を通して働かれ、正義と憐れみに基づく本物の平和をもたらしてくださいますように。それによって、パレスチナとイスラエルのすべての人のために、赦しと和解が行き渡りますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#難民のため:ここ数週間、米国政府はパレスチナ難民の地位を変更しようとする動きを見せています。ナクバの際に難民になった人以外のパレスチナ人から帰還の権利を奪おうとしています。これによって、イスラエル政府が長い間願ってきたように、イスラエルでユダヤ人人口が多数を占めることになります。

全能にして憐れみ深い神よ、イエスは難民となられ、自分の場所と呼べる場所を持たれませんでした。どうか難を逃れた人々、今日も危険、故郷喪失、飢餓から逃れ続けている人々を憐れみをもって顧みてください。かれらを救援する人々を祝福してください。わたしたちの心に、惜しみなく与える心、苦しみを共にする心を起こしてください。世界の国々を導き、すべての人が正義と平和のみ国で喜びの声をあげる日に至らせてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#占領、入植地、家屋破壊に苦しむ人々を覚えて:イスラエル政府はパレスチナの地を占領し続けています。日々、カン・アル=アフマル村のようにパレスチナの村々が破壊され、入植地の建設が続いています。

主よ、パレスチナで占領、入植地、土地の横奪に苦しめられている人々のことを覚えるわたしたちの祈りをお聞きください。家を追われた家族のために祈ります。また、ユダヤ人入植者のために祈ります。どうか彼らの目をあなたが開き、隣人と平和に暮らせるように世界を異なる仕方で見る力を与えてください。抑圧と不正義を終わらせるために働くパレスチナ人とイスラエル人の手を強めてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#占領に抗う女性たちを覚えて:多くの女性たちが様々な仕方で占領に立ち向かっています。

わたしたちの神、主よ、どうかパレスチナとイスラエルの女性たちに平和に生きる心を与えてください。あなたと共に、公平に振る舞い、優しく愛し、謙遜に歩ませてください。聖霊によって目を開かれて、あなたの召しが彼女たちのために備えている希望を見ることができるようにしてください。どうか希望に堅く立ち、自分の抱く希望についていつでも語ることができますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#監獄に囚われている子どもたちのため:2018年6月末の時点で、273人のパレスチナ人の子どもたちが、治安を脅かす抑留者、囚人としてイスラエルの監獄に囚われていました。内3人は行政拘留によって、2人は不法滞在者として、囚われていました。イスラエルの警察はこの子どもたちを犯罪者として扱っています。他にイスラエル軍によって短期間収監される子どもたちもいます。

イエスさまは言われました。「子どもたちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。」(ルカ18:16)どうか、イスラエルに囚われている子どもたちが必要な支えと助けを受けて、この辛い経験を乗り越え、家族のもとに帰ることができますように。どうか子どもたちの心が恐怖から解放され、希望で満たされますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#水の問題を覚えて:イスラエルの政策のため、西岸地区、ガザ地区の住人は常に深刻な水不足に悩まされています。水と衛生的環境の保障は国連憲章でもうたわれている基本的人権です。

主よ、あなたから与えられている糧を感謝します。あなたは地の上に太陽をのぼらせ、雨を降らせて、作物を育ててくださいます。あなたの憐れみはすべての被造物に及びます。どうか互いに対する憐れみの心をわたしたちに与え、あなたに与えられる糧を分かち合い、必要を平等に満たすことができるようにしてください。誰も餓えや渇きの中に取り残されませんように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、アルゼンチン共和国、パラグアイ共和国、ウルグアイ東方共和国に生きる人々を覚えて、感謝をささげます。癒し、正義、真実の追求に身をささげている個人、教会、諸団体のゆえに。人権の保障と民主的制度の拡大のゆえに。信仰や民族の異なる人々が、共通の益のため、人間や他の被造物の必要のために協働しているその在り方のゆえに。教会が、人々の経験していることに基づき、生命に仕える経済のためのグローバルでエキュメニカルな働きを先導してきたことのゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。先住民族に対してより敬意が払われますように。民族や宗教の枠を超えてあらゆる集団が社会に受容されますように。子どもたちが暴力、虐待から守られますように。子どもの人権と尊厳が認識されますように。貧困、その他の理由で社会の片隅に追いやられている人々が力を持つことができますように。効果的な援助が行われますように。大地、森林、水、氷河の保護、世話をしている人々のために祈ります。人道に対する罪を犯した者たちを見つけるために続けられている調査における真実と正義のために祈ります。被害者に癒しが与えられますように。すべての人の益となる経済成長のために祈ります。 その妨げとなっている構造的要因が除かれますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

※ 旅する神についての信条

わたしたちは旅人であられる神を信じます
神は、国境、境界、壁を越えて歩まれます
神は、その威光を捨て、路上でわたしたちと出会われます
手をさしのべ、わたしたちのもとに来てくださいます
「わたしは主、あなたの神である。あなたは私の心にある。あなたと一緒に歩もう」とおっしゃって。

わたしたちはこの地上を歩まれたイエス・キリストを信じます
イエス・キリストは、家なき者として生まれ
枕するところなく、さまよい、旅をされ
まだ子どもであった時にその身を追われました
正義を明らかにし、民に平和をもたらし
その死までも、命をささげて働かれました

わたしたちは、聖霊を信じます
聖霊は、風と砂を吹きかけ、わたしたちを形作り、磨かれます
聖霊は、神の限りない恵みを証する勇気を与えてくださいます

Leave a comment