Sabeel Wave of Prayer 2018/11/8

8. 11月, 2018 • 0 Comments

※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。

#「帰還大行進」は第32週に入っています。エジプトの仲介で行われていた交渉が合意に達して、パレスチナの各派は、抗議行動を平和的なものに保つことを申し合わせました。イスラエルは、ガザ沿岸の漁場の拡大を認め、ハマスの職員の給与となる資金がカタールから送金されることに同意しました。

主よ、エジプトと国連によって主導されている和平交渉のために祈ります。どうかガザの人々の苦しみに終わりが来ますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#11月1日木曜日、占領下西岸地区の北部、タルカレムで、イスラエルのブルドーザーがパレスチナの土地を荒し、オリーブの木々を根こぎにしました。不法な入植地アブネイ・ヘフェツを拡げるためです。

万軍の神、主よ、わたしたちの叫びをお聞きください。「公正と正義が御座の基です」(詩89:14)。国際法による救済もないままに家と生計手段を失っているパレスチナの人々のために、どうか世界の立法府の議員たちが声をあげますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#イスラエルの軍事法廷が懲役1年の刑を下したことを受けて、カデル・アドナンはハンガーストライキを10月29日月曜日に終えました。その晩、行政拘留を受けているバサム・アブ・アケルの二人の娘、アシール、14歳と、ニスリーン、15歳が釈放されました。

主よ、イスラエルの監獄に囚われている数千人のパレスチナ人囚人のために祈ります。その中には、逮捕理由も示されないままに行政拘留を受けている人々もいます。ことに監禁によって深刻な影響を受けている子どもの囚人のために祈ります。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ブラジルで大統領に選ばれた極右の政治家ジャイール・ボウソナロは、国際法を無視して、ブラジルの大使館をテルアビブからエルサレムに移すことを決めました。

主よ、あなたは嘆く者の声を聞かれます。力ある者たちが図り合ってパレスチナ人に敵対し、その人権を否定しています。どうか正義をお与えください。どうか力ある者たちが、平和をつくるものは何か、エルサレムが切実に必要としている平和を作るものは何かを理解しますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#11月2日金曜日、パレスチナ系米国人の作家スーザン・アブルハワがイスラエルから強制退去させられ、米国に送還されました。彼女は故郷で開かれたカリマット・パレスチナ文学祭に招待されていました。

主よ、わたしたちに注いでくださる創造の賜物のゆえに讃美し、崇めます。故郷に愛で応える芸術家のゆえに感謝します。どうか彼らに賜物を十分に表現できる自由が与えられますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#金曜日、エジプト北部で起きたバス襲撃事件で少なくとも7人が殺害され、14人が負傷しました。バスはコプト教会の修道院に向かっていました。昨年5月、イスラム過激派がコプト教会の信者30人を殺害し、他数十人を負傷させましたが、それと同じ道で起きたようです。

家族を失い、あるいは怪我を負わされて嘆くエジプトの人々のために祈ります。どうか慰めと力をお与えください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#“クミ・ナウ”第3週の取り組みがhttp://www.kuminow.comに掲載されました。今週は11月9日の世界共同行動「壁なき世界」(#WorldwithoutWalls)に間に合うように、イスラエル国会に空の段ボール箱を送るよう呼びかけています。

主よ、苦しみの内にあるパレスチナの人々を支えようとしている世界中の人々のゆえに感謝をささげます。クミ・ナウが呼びかける非暴力行動によってイスラエルの権力者が立ち止まり、自分たちの政策がいかにパレスチナ人を苦しめているかを思い巡らしますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、オセアニアの国々:アメリカ領サモア、クック諸島、フィジー共和国、フランス領ポリネシア(マオヒ・ヌイ)、カナキー(ニューカレドニア)、キリバス共和国、マーシャル諸島共和国、ミクロネシア連邦、ナウル共和国、ニウエ、パラオ共和国、パプアニューギニア独立国、サモア独立国、ソロモン諸島、トンガ王国、ツバル、バヌアツ共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。太平洋のこれらの島々の持つ驚くべき多様性のゆえに。魚、カキ、群青の海、海と調和して生きる術を知る人々のゆえに。これらの国々で教会が存在感を持っていることのゆえに。人を迎える笑顔のゆえに。助け合う村々のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの献げる嘆願をお聞きください。どうか、地球温暖化・海面上昇という状況の中にあって、これら島嶼国が守られますように。先住民の人権が守られますように。政治的不安定、武力衝突、民族間の緊張が止みますように。政治家の腐敗、犯罪が止みますように。地震、火山活動、サイクロンの被害に遭った人々のために祈ります。フランス領ポリネシアにおけるフランスによる核兵器の実験、マーシャル諸島における米国による核兵器の実験の被害者のために祈ります。貧困と飢餓に苦しむ人々、仕事が見つからない人々、生計を立てられない人々、学校に行けない人々のために祈ります。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

※ 祈り
おお神よ、わたしたちの海岸を、死の兵器から救ってください
わたしたちの地を、子どもたちに愛と自由を拒むものから救ってください
太平洋の海に平和と友好のメッセージを届けさせ
わたしたちの内からすべての不親切、残虐な行いを除いてください
どうかどの子どもも聖霊に満ちた新鮮な空気の中で泳ぎ、息できますように
おお主イエスよ、憎しみの壁を崩す内なる平和を作る者たちを祝福し
世界のすべての民が共に幸せに生きることができるように
十字架の開かれた御手によって、わたしたちを一致させてください
(Prayer by Amanuka Havea, Tonga, published in Your Will Be Done © Christian Conference of Asia Youth, Hong Kong, 1984.)

※スーザン・アブルハワ「わたしは故国で36時間汚いベッドに拘束され、送還された」
https://mondoweiss.net/2018/11/abulhawa-detained-homeland/?fbclid=IwAR2RXZEDaFSWf642z0TmiPmJ2qO8FHM4YIPqI0A1quCHk7JAjWsY3AC1WD0

Leave a comment