Sabeel Wave of Prayer 2018/8/2 :: 海辺のノート

Sabeel Wave of Prayer 2018/8/2

4. August, 2018 • 0 Comments

# パレスチナの人々が故郷に帰還する権利を求めて行っている「帰還大行進」は18週目に入りました。

主よ、抗議に参加している人々の安全をお守りください。要求の実現のために、非暴力的な手段を貫くことができるようにしてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 7月23日月曜日、ベツレヘムにあるデイシェ難民キャンプで、15歳のパレスチナ人の少年アルカン・タエル・ミツハルが殺害され、多くの者がイスラエル軍によって怪我を負わされました。イスラエル軍が夜襲をかけ、混乱状態になって、兵士たちが抗議する者たちに実弾を発砲しました。

主よ、アルカンの死を悼む彼の家族のことを覚えます。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 7月25日水曜日、イスラエル軍がガザで空爆を行って、パレスチナ人3人が殺害され、1人が重傷を負いました。国連とエジプトの仲介によって停戦が実現した後のことです。

主よ、わたしたちの嘆きをお聞きください。ガザに対して攻撃が行われています。どうかイスラエルによる軍事占領を終わらせてください。パレスチナ人難民が故郷に帰ることができるようにしてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 今週、イスラエル政府は、軍部と共に、ベドウィン族の複数の村で破壊行為を働きました。ヨルダン峡谷北部地域の村ラス・アル=アフマルでは水道管を破壊しました。7月25日水曜日、エルサレム東部、西岸地区のベドウィン族の村ジャバル・アル=ババで、幼稚園と女性カルチャーセンターをブルドーザーで潰しました。27日金曜日にはイスラエル南部、ネゲブ砂漠にあるベドウィン族の村アル=アラキブをブルドーザーで潰しました。131回目になります。

主よ、イスラエル当局者は力を用いて村々を根こぎにし、人間が生きるために欠かせない住まい、水、土地を奪っています。どうか私たちの叫びを聞き、かれらの目を開いて、自分たちの行為の非人間性を悟らせてください。どうか私たちに思い起こさせてください。希望はわたしたちを欺くことはないことを。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです(ロマ5:5)。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 7月22日日曜日、イスラエル警察に守られて、1千人以上のイスラエル人入植者たちがアル=アクサー・モスクの境内に侵入しました。

主よ、怒りと暴力を引き起こそうとしている者たちの心を変えて、平和を求めさせてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# パレスチナ人の活動家で作家であるラマ・カテルが、イスラエルの監獄アシュケロンで過酷な尋問を受けています。7月24日早朝、カリルにある自宅で、彼女は5人の子どもたちの前でイスラエル兵によって逮捕されました。

主よ、自分を犠牲にしてまでも正義のために声をあげているすべての人々のことを覚えさせてください。福音を分かち合ったために当局によって投獄されたペトロとヨハネの祈りを思い起こします。「あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください。」(使4:29)

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は、資金不足のために、西岸地区とガザで260人以上の雇用を打ち切ります。米国による大幅な資金カットの結果です。

主よ、パレスチナ難民はいまだに故郷に帰還することを許されていません。難民の生活の最低限の必要を支える援助の存続さえも危うくなっています。どうか世界の指導者たちが難民への援助を増やしますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# イスラエル軍がガザに医薬品を届けようとした活動家の船を止めました。船には10年続くガザの封鎖に抗議して、16カ国からの22人が乗っていました。

主よ、封鎖されたガザに生きる人々のことを心に懸けている人々のゆえに感謝します。抑圧されている者たちの声を聞くことができるようにしようとしている諸外国の人々の行動に感謝します。どうか彼らがみ力に頼りますように。あなたは「苦難の時の砦」だからです(詩9:10)。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# イスラエル兵に暴行をふるったとして有罪判決を受けたパレスチナ人ティーンエイジャー、アヘド・タミミが、同じく拘留されていた母親と一緒に、8ヶ月の禁固刑を終えて釈放されました。

神よ、イスラエルの監獄に囚われているパレスチナ人の政治囚のことを覚えます。どうか聖霊によってわたしたちを導き、平和を作る者たちの努力を結集して、囚われている人々を解放し、占領を終わらせることができるようにしてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、コンゴ共和国、ガボン共和国、サントメ・プリンシペ民主共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。この国々の野生生物、熱帯雨林のゆえに。また、生態系保護のために働く人々のゆえに。守られてきた口頭伝承、民話、諸々のよい慣習のゆえに。鉱物資源に恵まれ、経済が成長していることのゆえに。植民地支配の下で始まった搾取の慣行からの癒やしのゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。どうか民主的で公正な選挙が行われ、政治が安定しますように。すべての人、ことに貧困の中に生きている人々の益となる経済成長が実現しますように。野生生物と大地がまもられますように。数々の困難のただなかにあって、キリスト教会・団体が忠実に証しできますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

※ ムブティ(ピグミー)の祈り
初めに神がおられた
今日、神はおられ、
明日、神はおられる
誰が神の像を描けようか
神は体をもたないのだ
神は言葉であって、わたしたちの口から生じる
なんという言葉であられることか
これ以上何も言えることはない
神は昔いまし、今いまし方
神はそのような方なのだ

Leave a comment