雨の日の練習/ガーミンに復帰/Oregon450日本語化メモ

21. 6月, 2018 • 0 Comments

本栖湖2周+ロール練習。気温14度、水温21度、雨。前日の疲れで寝坊して10時位からになってしまった。気温より水温が高い!カンカン照りよりも雨の日の方が練習には向いているかも。1周目(10.77km):max 10.7km/h, avg. 5.7km/h, 2周目(9.91km): max 11.4km/h, avg. 7.3km/h。逆さ漕ぎは18ストロークできるようになった(初めは8ストローク)。

一昨年カヤックを再開した当初、15年位前に中古で買ったGarmin eTrexを速度等のログ取りに使ったが、液晶の寿命で、eTrex30x英語版に買い換えた。しかし防水ケース越しではジョイスティックの操作が難しく、結局、昨年の佐渡海峡往復ではiPhoneにパワーバンクとblutooth接続のGPS受信機を付けてナビに使った。しかし、iPhoneのアプリをいろいろと試したが、どれも使い勝手が悪く、最近は使わなくなっていた。またドローンでiPhoneを使うようになって、バッテリー切れが気になるようになったこともある。トレーニングのためのログ取りだけでなく、西伊豆や三浦半島などを漕ぐようになって、やはり安全のためにも確実に位置確認ができないと困るということもあって、自転車用のGPSで防水性能が高いものを買おうかと思って物色していたが、Garmin Oregon 450英語版のリファービッシュ品(新品)がオークションに出ているのを見つけて購入した(日本語版を新品で買えば10万円位のものが2万円)。もう10年前のモデルだが、防水ケース越しに画面タッチで操作できるのがいい。操作を気にせずに持っておけばログが取れて楽!日本語化も簡単にできた。

※ Oregon450日本語化メモ: ネットで調べたら、(1)GARMIN台湾よりNuvi205のアップデートファイルを入手(ファイルの拡張子をexeからzipに書き換えてファイルを解凍、解凍したものの中に006-D1053-64.binというファイルがあるので006-D0952-06.binとリネームしてそのファイルだけ取り出して本体のGarminフォルダ内ExtDataフォルダに上書きする)、(2)japanese.gttをいいよねっとより入手..という手順が紹介されていたが、いいよねっとはガーミンジャパンに統合され、現在、メニューを日本語表示させるためのjapanese.gttを含むoregon450tc_240.zipが入手できない。しかし、GARMIN台湾から入手できるnuvi200_TWN_v460.exeに、japan.gttというファイルが含まれているのを発見。これを代わりに入れてみたら、あっけなく成功した。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

Leave a comment