Sabeel Wave of Prayers 2018/6/14

14. June, 2018 • 0 Comments

※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。

# 金曜日、イスラエル兵が15歳の少年ハイサム・アル=ジャマルと他に3人を射殺、92人に怪我を負わせました。この11週間で、ガザ境界線でのデモに参加していた100人以上のパレスチナ人が殺害されています。

主よ、恐ろしいほど多くの命が失われています。どうかこの虐殺を終わらせてください。どうかパレスチナ人が自分たちの故郷で尊厳と正義を享受して平和に暮らすことができるようにしてください。

主なる神よ、みこころがおこなわれますように

# 先週火曜日、イスラエル軍はフムサ・アル=ファウカ村を襲撃し、パレスチナ人五家族をその住まいから追い出しました。イスラエル軍はこの地域で軍事演習を行うことにしています。この五家族は、この2ヶ月間だけで、既に三度も同じ目に遭っています。

主よ、家は保護と安全を与える場所であるべきです。しかし、フムサ・アル=ファウカ村の人々は頻繁に追い立てられ、嫌がらせを受けています。どうかイスラエル軍による迫害が止みますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 先月、ベドウィンの村アル=アラキブがイスラエル軍によって取り壊されました。129回目になります。イスラエル政府は、様々な手段を用いて、ベドウィンの人々を町に移住させ、かれらの土地を奪おうとしています。しかし、あてがわれている施設は、ベドウィンの人々の生活の必要や慣習に適したものではありません。

主よ、アル=アラキブ村に対して国際社会から差し伸べられてきた支援のゆえに感謝します。世界中の人々がイスラエル政府の所業にショックを受けています。どうかわたしたちを強めて、隣人を自分のように愛する心をもって、あなたの正義のためにこれからも働くことができるようにしてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# パレスチナ人と人権活動家は、イスラエルでの特別なイベントをボイコットするように国際社会に求めてきました。パレスチナ占領をやめるように、イスラエル政府に圧力をかけるためです。アルゼンチンのサッカーチームは、これに応えて、エルサレムで計画されていたイスラエルとの親善試合をキャンセルしました。パレスチナのサッカー選手たちはアルゼンチンのチームに感謝を表明しました。

主よ、「荒れ野に公平が宿り、園に正義が住まう」(イザヤ32:17)時を、わたしたちは切望しています。主よ、どうかみ国が来ますように。みこころがおこなわれますように。

# ナビサレ村のイザ・アル=タミミ、21歳が、村でのデモに参加していてイスラエル軍に撃たれて負った傷が原因で死にました。

主よ、イザ・アル=タミミの家族と友人のために祈ります。どうか、つらい時を過ごしている彼らに慰めをお与えください。抗議行動に参加しているパレスチナ人の安全をお守りください。イスラエル軍による占領を終わらせてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# イスラエルの国会は、イスラエル国が「そのすべての市民のための国家」となることを求める法案を否決しました。少数者であるアラブ人の人権を多数者であるユダヤ人の人権と等しく認めなければならないとする議論が却けられました。

主よ、どうかイスラエル国が民族や宗教に基づいて市民を差別しない国となる日が来ますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# ガザからの「火の凧」によって境界線付近が火事になって被った損害の賠償とするため、イスラエルはパレスチナ自治政府の資金を差し押さえることを決めました。ハナン・アシュワリ博士(PLPシニアメンバー)は次のように述べて、この決定を国際法の違反として非難しました。「イスラエルは、自分が犠牲にしている者たちを罰すると主張している。その不法で抑圧的な植民地化の体制に対するどんな形での抵抗であれ、すべてを犯罪と見做している。これは、国際法、国際人道法の甚だしい違反であって、パレスチナ人に対する集団的懲罰であり、あからさまな犯罪に他ならない。パレスチナ自治政府の歳入は、イスラエルの管轄の下に置かれるべきでない。」

主よ、どうか国際法に違反するイスラエルのやり方が阻まれますように。難民の帰還権を主張するパレスチナのデモ参加者の正当な要求が認められ、ガザの軍事的封鎖が止みますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 今週末、パレスチナ、イスラエル、そして世界中のイスラム教徒の兄弟姉妹は、ラマダン(断食月)の終わりの祝祭イード・アル=フィトルを祝います。

主よ、どうかこの時がそれを祝うすべての人にとって特別な時となりますように。家族、友人とのよき親睦の機会となりますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、ボツワナ共和国、ジンバブエ共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。不正義に抗議し、よき統治を求める教会の預言者的な証しのゆえに。HIV/AIDSの感染拡大を抑え、患者を手当てする取り組みのゆえに。すべての人の生活を向上させる経済的進展のゆえに。この地域を象徴する動物や鉱物資源のゆえに、またそれらを搾取から守る対策のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。公正な選挙によって民主的な政府が生まれ、政治的不安定、暴力、人権侵害の問題が解決されますように。経済が安定して、すべての人が栄え、正義と平和のうちに生きることができますように。すべての人の健康状態、平均寿命が改善される有効な取り組みがなされますように。この地域に生息する動物の多様性を保護する対策が取られますように。干ばつ、砂漠化に遭いながらも、家畜、作物を育てている人々のために祈ります。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

○祈り(ボツワナ)
わたしたちの建築者、愛する神よ
あなたは社会を築くのに必要なすべての資材を持っておられます
あなたは砕け散った人生のすべてを知恵で包む力をお持ちです
あなたは世界を形作り直す知恵をお持ちです
どうかあなたの知恵と力と愛によって、わたしたちを励まして
この共同体を建てなおすことができるようにしてください

Leave a comment