Sabeel Wave of Prayer 2018/6/7

9. 6月, 2018 • 0 Comments

※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。

# イスラエルの狙撃兵が21歳の看護師ラザン・アシュラフ・アル=ナジャルを射殺しました。ガザのイスラエルとの境界線で行われているデモの最中、傷ついた抗議活動参加者を手当てしているところを背後から撃たれました。3月30日にガザで「帰還大行進」が始まってから、子どもやジャーナリストを含む119人のパレスチナ人が殺害され、何千人ものパレスチナ人が怪我を負いました。

主よ、ガザからの気の重くなるニュースを聞くわたしたちを、どうかあなたの霊が慰めてくださいますように。抗議行動をしている人々が非暴力に徹しますように。どうかパレスチナ人が自由を回復し、自分の土地に帰ることができますように。ラザンの死を悼む家族、友人、同僚のことを覚えます。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 「治安上の理由」によって裁判にかけられることなく拘留されている何百人ものパレスチナ人囚人がいます。今週、「行政拘留」を受けている彼らは、このイスラエルのやり方に抗議してハンガーストライキに入ります。彼らはイスラエルの法廷で公正に扱われる希望を失って、法廷に出ることも拒否しています。

主よ、パレスチナ人の政治的囚人のために引き続き祈りをささげます。どうかあなたの霊が彼らに勇気を与え、堅く立ち、あなたの正義に頼ることができるようにしてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 5月24日木曜日、イスラエル最高裁の3人の判事、ノーム・ソウルバーグ、アナト・バロン、ヤエル・ウィルナは、ベドウィンの村カーン・アル=アフマルの家屋をイスラエル国が破壊して、住人を強制的に別の場所に移すことを認める判決をくだしました。

主よ、イスラエルの判事たちの決定は極めて無慈悲であり、裁判が公正に行われたとは思われません。カーン・アル=アフマル村の人々のために祈ります。どうか彼らが絶望に囚われませんように。占領者による強制に屈しませんように。主よ、どうかあなたの霊によってパレスチナ人社会と国際社会が動かされ、カーン・アル=アフマルの人々と共に堅く立ち、移住の強制に立ち向かうことができますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 米国はまたも国連安全保障理事会でイスラエルがガザとの境界線で抗議行動を鎮圧するために武力を用いていることを非難する決議に対して拒否権を発動しました。米国の国連大使ニッキー・ヘイリーは、パレスチナの市民の「安全と保護を確保するための方策」を求めるクウェイトの決議案を拒否しました。

主よ、パレスチナ人の保護と正義を追求し続けているすべての人々のゆえに感謝をささげます。愛する神よ、どうかパレスチナの人々に力を与えて、独立と自由を成し遂げるための闘いを続けることができるようにしてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# イスラエル政府は占領しているヨルダン川西岸地区で新たに2070軒の不法な入植者用住宅を建設することを許可しました。ドナルド・トランプが米国大統領になって以来、イスラエルは14000軒以上の入植者用住宅の建設を許可しています。

主よ、どうか土地を奪われたパレスチナ人が絶望に屈しませんように。世界中でパレスチナ人のために声をあげている全ての良心ある人々のために祈ります。国際法を尊重し、履行するよう、どうか彼らが改めて各々の政府に働きかけますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 今週、イスラエルが東エルサレム、ヨルダン川西岸地区、ガザ地区を占領して55年目を迎えます。

主よ、わたしたちの嘆きをお聞きください。今週、パレスチナは占領下に置かれて55年目を迎えます。パレスチナの人々は、占領によって、あまりにも多くのものを失い、不正義と苦しみを受けました。あなたを愛し、自由を渇望する者たちの叫びをお聞きください。主よ、どうかこの年を、権力に向かって真実を語る時、不正義をとりまく沈黙を破る時、平和のための年、パレスチナのための年としてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 世界教会協議会に連なって祈りましょう

神よ、レソト王国、ナミビア共和国、南アフリカ共和国、スワジランド王国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。この地域の植物と動物の豊かな多様性、豊富な鉱物資源のゆえに。アパルトヘイトの時代に世界中の教会が忠実に証しをしたことのゆえに。また、その後、異なる人種、生活様式の人々が共に生きるようになったことのゆえに。過去に行われた残虐行為に癒やしをもたらしている真実と和解委員会、その他の機関の働きのゆえに。南アフリカでHIV/AIDSを患うすべての人が抗レトロウィルス薬を利用できるようになっていることのゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。どうか資源が、経済的利益のために搾取されず、すべての人の益になるよう保護されますように。これらの国々で、あらゆる次元で、もっと民主的で、透明性のある統治が行われますように。レイプ、性的暴力、その他の犯罪について、効果ある取り組みがなされますように。 難民が歓待されるよう、適切な予算が取られ、人々の態度が変わりますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

※ 祈り(南アフリカ教会協議会)
神よ
人間を蝕む人種主義と分断の病から癒やされて
あなたの民として和して共に生きることは
なんて素晴らしく、気持ちのよいことでしょう。
あなたの霊がすべての人の心と思いを満たします。
もはや誰も人種や肌の色によって見られることはありません。
正義と誠実がすべてを支配します。
戦争は止み、人々は共に国を再建します。
肌の色によって区別されることはありません。
誰もが、神の民として、あなたの似姿に創られた民として、見られるようになるからです。
それが、あなたの約束されたこと、尽きることのない命の始まりとなるでしょう。

Leave a comment