Sabeel Wave of Prayer 2018/5/24 :: 海辺のノート

Sabeel Wave of Prayer 2018/5/24

23. May, 2018 • 0 Comments

※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。

# 5月14日月曜日、パレスチナで虐殺が起きました。1日で61人のパレスチナ人がイスラエル軍に殺害されました。その中には8人の子どもが含まれます。2日間で、225人の子ども、86人の女性を含む2771人がイスラエル軍によって傷つけられました。ガザの人々の苦難と絶望は耐えることのできない域に達しています。それに加えて、ナクバ(大破局)から70年という時に、米国大使館がエルサレムに移転されたのです。

主よ、わたしたちは怒りを抑えられません。どうか正義のための働きを続けられるように、また忍耐強く平和と正義を呼びかけられるように、わたしたちの心の中で聖霊が働いて、助けてくださいますように。愛する神よ、どうか家族を悼む人々に憐れみと慰めをお与えください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 先週、パレスチナ人はナクバ70周年記念の前日に米国大使館がテルアビブからエルサレムに移されるのを目の当たりにしました。多くのキリスト者が、ガザで抗議している人々の殺害に抗議して声を上げました。聖地のローマ・カトリック教会は殺されたすべてのパレスチナ人を悼むために鐘を鳴らしました。大使館移転という挑発的政策とガザでの大虐殺に対して、国内外の多くの教会が声明を出して激しい憤りを表しました。世界中で、教会でパレスチナで苦しむ人々のために祈りがささげられ、街頭で抗議デモが行われました。

主よ、正義と平和を求めて世界中であげられている預言者的な声のゆえに感謝をささげます。どうか、聖地が再びそこを家とするすべての人にとって安全な場所となるまで、彼らの祈りが礼拝所で響き続けますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 国連人権理事会は、イスラエル軍がガザの抗議デモ参加者に銃撃を浴びせて死者を出していることを調べるため、戦争犯罪を調査する国際チームを送ることを決議しました。賛成は29票、反対は米国とオーストリアの2票でした。

主よ、わたしたちはあなたの義と裁きを信頼します。どうかパレスチナの人々を助け、彼らを支援しようとしている国際社会を信じ続けることができるようにしてください。平和的に抗議していた者たちを殺害する決定を下したイスラエルの当局者と命令に従った兵士たちが責任を問われますように。国際法がパレスチナとイスラエルで遵守されるようになりますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# イスラエルのサッカーチーム、ベイタル・エルサレムは、米国大使館をエルサレムに移した決定を讃えて「トランプ」の名前をチーム名に加えようとしています。このチームは、イスラエルでアラブ人の選手と契約を結んだことがない唯一のチームです。このチームのサポーターは、「アラブ人に死を」というスローガンを掲げ、反アラブのチャントを歌うことで、その悪名を知られています。

主よ、どうか良心の人々が揺るがされることなく、平等、人権、正義の価値観をしっかりと保持しますように。世界中の人々に感謝します。ことに自国政府の差別的政策に異議を唱える用意のあるイスラエル人に感謝します。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# ベツレヘム聖書大学が第5回「検問所に立つキリスト」会議を来週ベツレヘムで開催します。国内外から何百人も参加します。この会議は、福音派のクリスチャンにパレスチナ人キリスト者と連帯し、占領を終わらせるために協働することを呼びかけて行われます。

神よ、この会議のために祈りをささげます。どうかそこに集う参加者のひとりひとりに聖霊を送り、共におらせてください。パレスチナに住む兄弟姉妹の証しを注意深く聞く耳と開かれた感じやすい心を与えてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、コモロ連合、マダガスカル共和国、モルディブ共和国、モーリシャス共和国、セーシェル共和国に生きる人々を覚えて、感謝をささげます。壮観な風景、あでやかな植物、希少な動物、豊かな海洋生物のゆえに。民族的、宗教的な多様さの中で長い歴史を共に生きてきた人々のゆえに。ある程度の貧困の克服を実現した経済的発展のゆえに。生き生きとした福音宣教、社会、公共生活に関わる教会の働き、諸宗教の人々との教会の関わり方のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。海面が急速に上昇しつつある状況にあって、傷つきやすい自然環境、特異な植物、動物、土地が保護されますように。観光、その他の経済発展が命を脅かすのでなく、これらの国々に生きるすべての人の生活を向上させるものとなりますように。教会が福音宣教の努力を通して、また諸宗教との協力の内に成長しますように。キリスト者が、もっと大胆に、政治的混乱の時にはなおさらのこと、市民生活に関わって正義と和解の働きを為すことができますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

※ 祈り(インド洋聖公会モーリシャス教区)
天の父よ
あなたはわたしたちを御国に迎えてくださいました
あなたのみ心はすべての人をみもとに引き寄せることです
どうかあなたが見るようにすべての人を見ることができるように
澄んだ目を与えてください
かれらの靴を履いて立つことができるように
感じやすい足を与えてください
御名によってかれらを迎え入れることができるように
あたたかな笑顔を与えてください
あなたの与えてくださるすべての魂が
御子、わたしたちの救い主イエス・キリストの共同体の内に
自分の愛する住まいを見いだすことができるように
教会が御国の先触れとなるように
わたしたちに寛大な心を与えてください

Leave a comment