Mavic Airで全天球パノラマ写真撮影、そしてシグナルロスト..

13. 3月, 2018 • 0 Comments

カヤックの前に洪庵横から中ノ倉峠経由でパノラマ台に登って、初めてとなる全天球パノラマ写真をDJI Mavic Airを使って撮影した。隣のピークに電波塔が立っているので少し心配はあったものの、ドローンを24m程上空に飛ばし、撮影するところまでは順調に進んだ。

ところが!その直後、シグナルロストと表示され、ビデオフィードがとまって、コントローラーのiPhone画面にドローンからの映像が表示されなくなった。「シグナルロスト」の意味が分からず、コントローラーとドローンのコネクションが切れたのかと思って一瞬焦ったが、ジョイスティックを動かすとドローンは動く。ここで自動コントロールの類に頼るとどういうことになるのか分からないと思って、Return to Homeのボタンは使わず、手動で着陸させて、事なきを得た。(※ 後でチェックしたら、iPhoneのアプリDJI GO 4にパノラマ画像が保存されていなかったが、機体にはちゃんと保存されていたので、撮影後のパノラマ画像合成中にコントローラーとの接続が切れたことが分かった)

下山後調べてみると、この「シグナルロスト」はMavic Proでもしばしば起こっていた現象らしくて、コントローラーとスマホを繋ぐUSBケーブルの接触不良が原因だという指摘が多い。付属のケーブルの質が悪いらしい。たしかに昨日充電のために抜き差ししたときに渋くてちょっと困ったことを思い出した。解決方法は、別にケーブルを買って、コントローラーの側面でなく、底面にある口を使ってスマホと繋ぐことだと勧められている。念のため、今後はそうしたい。


にほんブログ村

Leave a comment