Sabeel Wave of Prayer 2018/2/15

21. February, 2018 • 0 Comments

# 世界中で祝福されたレント(大斎節・受難節・四旬節)の期節が始まりました。先週金曜日、パレスチナ・イスラエルにおけるレントの意味を考え、交わりを築くため、エリコにナザレ、エルサレムのサビールから101人が集まりました。

どうか聖霊がプログラム参加者にこれからも導きを与えますように。レントの期間中、彼らがこの経験をナザレ、エルサレムの教会のメンバーと分かち合う機会がありますように。パレスチナのキリスト者たちの心と関心がレントに向けて開かれ、ご復活に備えられますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 土曜日、東エルサレムで退職したパレスチナ人の教師のために用意されたお祝いがイスラエル軍によって中止させられました。これは、パレスチナの文部大臣サブリ・サイダムとパレスチナ教育委員会による催しで、複数の高官が出席する予定になっていました。

主よ、パレスチナの教師たちのために祈ります。どうか彼らが他の国では享受されている自由を得ることができますように。愛する神よ、生涯をあなたの子どもたちの教育のためにささげている世界中のすべての教師のゆえに感謝をささげます。当たり前な生活を奪われ続けているエルサレムの町とその住民のために祈ります。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 木曜日、占領下ヘブロンで、イスラエル軍が催涙ガスを学校に浴びせ、何十人ものパレスチナ人の学童が高濃度の催涙ガスに晒されました。

主よ、イスラエルによる占領とその犯罪の犠牲になりつづけているパレスチナの生徒たちのために祈ります。今回の事件で恐ろしい思いをし、精神的なショックを受けて、立ち直ろうとしている子どもたちと教師たちのことを覚えます。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 3年ほどまえに、ラマラ北部の村クフル・マレクで、襲撃に来たイスラエル軍のジープがひっくり返り、その村に住む21才の青年アブダラがその下敷きになって死んだ事件がありました。今年に入って、アブダラの家族は、イスラエルからジープの弁償を求められ、2万8千ドル(約300万円)を払うよう請求されています。

主よ、イスラエル軍から嫌がらせを受けているアブダラの家族のことを覚えます。愛するイエスよ、あなたはローマ兵から侮辱を受けられ、ご復活されました。どうかパレスチナの人々にも尊厳と自由を取り戻させてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 金曜日、東方典礼ローマ・カトリック教会(メルキート)は、ヤセル・アヤシュ主教をエルサレム大主教代理に選出しました。アヤシュ主教は、2008年からエルサレム教会で働いてこられたヨセフジュールス・ゼレイ主教の後を継がれます。

主よ、中東の教会、ことにエルサレムにおける御体のために祈ります。ヨセフジュールス・ゼレイ主教が担われた職務と働きのゆえに感謝をささげます。どうかみ霊によってヤセル・アヤシュ主教を導いてくださいますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# エルサレム市当局は、国連や諸教会が市内に所有する多目的施設から固定資産税の徴収を始めます。先週、市当局は何百万シェケルもの税金の不払いを理由に、アルメニア正教会、カトリック教会、ギリシア正教会の銀行口座を差し押さえました。その一方で、ユダヤ教諸団体は多岐にわたる特権、税の免除を享受しています。

主よ、イスラエルは国際協定を無視し、教会に対して差別的な扱いをしています。どうかエルサレムの教会が世界中の兄弟姉妹からの連帯と支援を受けて、権利と財産を守ることができますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 日曜日、国連人道問題調整事務所(OCHA)が、パレスチナの45の学校が取り壊し処分に直面していると警告しました。

主よ、パレスチナの抑圧者は人間性のかけらも失ってしまいました。どうかすべての子どもたちが教育と知識への権利を享受することができますように。困難な状況の中で占領下に生きるパレスチナの次世代を教育することに身をささげている教師たちが祝福され、勇気と知恵を与えられますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# ナザレに住む14才の少年ビシャラがガンと闘っています。ビシャラの通う聖ヨセフ神学校・高等学校の級友たちが、「ビシャラ、ぼくたちはみんな君と共にいるよ!」という励ましのメッセージをつけて写真を彼に送りました。

主よ、ビシャラとすべてのガン患者のために祈ります。またこの病いの治療法を見つけるために日夜働いている医師たち、医療機関で働く人々のために祈ります。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

# 世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、オーストリア共和国、リヒテンシュタイン公国、スイス連邦に生きる人々を覚え、感謝をささげます。これらの国々で多くの人々が享受している生活の質のゆえに。また、かれらが世界各地の困窮している人々に手をさしのべる姿勢を持っていることのゆえに。教派間、宗教間の理解を高めること、すべての人と生物の共通益のための協働を進めることを目的として働いている、この地域に事務所を置く諸団体のゆえに。これらの国々の政治的、経済的な透明性のゆえに。移民に手をさしのべ、移民に敵対的な態度や慣行に立ち向かっている人々のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。これらの国々の歴史的、民族的伝統の外から来た人々への恐れが克服され、その人々のもつものが喜んで取り入れられますように。自然環境、ことにアルプスの溶けつつある氷河を保護する取り組みのために祈ります。すべての人にとって益となるようなグローバリゼーションを形作ることを目的して、この地域の人々、団体によって為されている、正義と和解と平和のための働きのために祈ります。 非キリスト教圏の出身者を含むすべての人の、信教の自由のために祈ります。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

※ オーストリアのための祈り

主よ
わたしたちの生きるこの地のゆえに
その山、谷、牧場、花園、森、湖のゆえに
感謝をささげます
どうか、み手の業が無知によって破壊されませんように

主よ
わたしたちの建てる家、町、都市を
希望と平和の宿る場所にしてください
どうか、心のかたくなさによって
困窮する人々に戸を閉ざすことがありませんように

主よ
わたしたちの働く場所を
互いを信頼しあい
そこで働く人、そこでの働きが価値あるものとされる場所にしてください
どうか、悲観的な思いによって未来を形作る責任から逃れることがありませんように

主よ
わたしたちの街の通りを
人々が集い、出会う場にしてください
近くからの者も、遠くからの者も
恐れや偏見によって分断されることがありませんように

主よ
わたしたちの教会堂を
聖なる場所にしてください
み言葉を聴き、互いを名前で呼び合い
み名が崇められる場所にしてください

主よ
わたしたちの住む地を
お見守りください
そこに住む者たちを祝福してください
アーメン

(※ 第二次世界大戦終結五〇周年を記念してオーストリアの修道会と教会がささげた祈り)

Leave a comment