フォワードストロークで光が…

9. March, 2017 • 0 Comments

FullSizeRenders

先々週の強風で流されたと思われるカイツブリ?の卵が湖底に点々と転がっていた…。

気温2~7度、水温5度。漕いだ距離 23.14km, max 8.9km/h, 移動平均6.4km/h。気温は上がってきたが、水温はまだ下がっている。ドライトップの下に3枚着ていたが、2周目からは薄手のフリースを脱いでちょうどよかった。

2周目では無風に近い状態になったので、左右でのストロークの違いをはっきり認識できた。左が弱い!後でビデオでチェックしたら、体が左に回転していない!そのことに注意して漕いで、残り1/4周位まできたところで、さらに自分のフォワードストロークの問題点が分かった。これまでストロークの半ばになってから力を入れていたようだ。それをはじめに変えたら、体の回転と足との連動が自然になって、ブレードが綺麗に水に入ってキャッチできるようになって、深く潜らせてしまうこともなくなり、左右での違いも小さくなった。ブレードの形状とストロークがマッチした感じがあって、気持ちよい!考えてみれば、キャッチの時点で体がもっともひねられているのだから、そこでもっとも力が入るのは自然なことだ。

ハイブレイスの練習では、体を回転させ、背中で水を打つようにしてみた。案外、すんなりできたが、苦手な左側ではまだやる気がしなくて次回の課題に残してしまった。バランスブレイスの練習では、体をしっかり回転させて水面と平行にすることを心がけた。わずかだが、安定感が増した気がする。カヤックのフィッティングで手を加えたい箇所も見えた。

帰宅して、初めてウェットパンツとドライトップをシャンプーして、ラテックス部分にシリコンオイルを塗った。いつの間にかガスケットに細かなヒビが…。手入れは小まめにしなけれなならないのですね…。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

Leave a comment