フィリピン聖公会の歴史、現況と印象

19. September, 2014 • 2 Comments

レポート「フィリピン聖公会の歴史、現況と印象」をまとめました。
http://michinori-mano.net/mary/ASP2014.pdf

※ 目次は以下の通り:

フィリピン聖公会の歴史
1.1898-1900年- 戦争の嵐と共に … 3
2.初期の宣教理念 … 4
3.宣教の始まり – コルディレラ・セントラルへ … 6
4.初期の展開1 – 最初の宣教拠点ボントック … 7
5.初期の展開2 – 第二の宣教拠点サガダ … 9
6.初期宣教の終わり – サガダでの破局 … 11
7.フィリピン人による宣教へ … 13

フィリピン聖公会の現況と印象
1.現況 … 15
2.宣教事業 … 16
3.青年活動 … 17
4.教会建設 … 18
5.有機循環農法 … 20
6.伝統宗教と福音伝道 … 21
7.抱える課題 … 23

2 Comments to “フィリピン聖公会の歴史、現況と印象”

  1. さつき says:

    フィリピン聖公会についてのレポートを興味深く読ませていただいています。繰り返してよんで、理解したいと思います。
    パレスチナとイスラエルのための国際平和週間2014礼拝式文の翻訳もありがとうございます。このような平和週間があることをしりませんでした。とても力強い日本語で翻訳されていて、わかりやすくて、声を出して読み上げました。
    大阪教区では、「大西主教と行く新しい聖地旅行 2015年2月24日(火)~3月6日(金)」の募集が始まりました。無事に催行できることを願っています。では失礼します。

  2. Michinori Mano says:

    ありがとうございます!大阪教区でも行われるのですね!

Leave a comment