Archive for the ‘今週の祈り’ Category

Sabeel Wave of Prayer 2017/5/25

By Michinori ManoNo Comments 25 May

# 日曜日、ハンガーストライキ中の60人のパレスチナ人政治囚の健康状態が悪化し、イスラエル当局によって病院に搬出されました。他に592人が観察のために診療室に移されています。

主よ、パレスチナ人囚人の粘り強さと非暴力主義への忠実さのゆえに感謝します。「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と日々の祈りで唱え続けるわたしたちの祈りをお聞きください。

主よ、御憐みにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/5/18

By Michinori ManoNo Comments 20 May

# 今週、パレスチナ人は、69年前に起きた破滅的出来事、「ナクバ」を記念しています。1948年、パレスチナの530の村や町が破壊され、75万人以上のパレスチナ人が故郷を追われました。膨大な数の難民が生み出され、何世代にもわたってパレスチナ人を追い立てていく過程を引き起こしました。

愛と正義の神よ、パレスチナのナクバを記念する日(5/15)を迎え、69年間パレスチナ人が被ってきた様々な不正義と苦しみへの嘆きで、心が沈み、胸が潰れます。しかし、希望は失わせないでください。勇気と耐える力をしっかり保たせ、戦略的で平和的な抵抗のために意思と希望を新たにしてください。主よ、わたしたちの叫びをお聞きください。今も続くナクバを終わらせてください。すべてのパレスチナ人のために祈ります。ことに1948年に故郷を追われた難民のために祈ります。彼らは今も自分たちの本来の家に帰れる日を待ち望んでいるのです。主よ、いつまでこの不正義は続くのでしょうか。

主よ、御憐みにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/5/11

By Michinori ManoNo Comments 11 May

# ユネスコが論争を呼んだ決議を承認しました。その決議は、イスラエルをエルサレムを「占領している勢力」として言及しています。この合意は、聖都がキリスト教、イスラム教、ユダヤ教にとって宗教的に重要性を持つことを改めて確認しています。決議は、「占領勢力であるイスラエルによる、聖都エルサレムの性格及び地位を変更する、あるいは変更しようと意図する、すべての法的、行政的方策、措置」は、「無意味、無効であり、取り消されなければならない」としています。

主よ、どうかユネスコをはじめとする国連諸機関がこれからも国連憲章と関連諸決議を遵守し続けるようにさせてください。イスラエルによる邪悪な軍事占領は、ただそれによってのみ終わらせられます。聖地の諸民族が自由と安全を享受できる日が早く来ますように。

主よ、御憐みにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/5/4

By Michinori ManoNo Comments 4 May

◆ 5月3日、米国のドナルド・トランプ大統領とパレスチナのマフムード・アッバース大統領がホワイトハウスで会談を持ちます。和平交渉を再開するための方策について協議される予定です。

主よ、マフムード・アッバースに勇気を与え、ホワイトハウスで権力者に向かって真実を語ることができるようにしてください。どうかホワイトハウスの大統領オフィスが、パレスチナ人の解放の妨げとなることをやめ、正義と平和のための行動を取りますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/4/27

By Michinori ManoNo Comments 29 Apr

◆ 1500人のパレスチナ人がハンガーストライキを始めて2週目に入りました。彼らは、現在イスラエルの監獄に捕らえられている6500人のパレスチナ人政治囚の待遇改善を求めて食事を拒否しています。

† 主よ、基本的人権の保障を求めるパレスチナ人政治囚と連帯するための力を与えてください。彼らの正当な要求を見過ごしにしたり、目を背けたりすることがないように、必要な強さと勇気を与えてください。あなたも力ある者たちによって不当に捕らえられ、囚人にされたこと、弟子たちがあなたを愛しながらもあなたを見捨てたことを、わたしたちに思い出させてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/4/20

By Michinori ManoNo Comments 20 Apr

# 4月17日月曜日はパレスチナ人囚人を覚える日です。この日を記念して1200人以上のパレスチナ人囚人が、イスラエルのやり方に抗議し、基本的人権の尊重を求めて、無期限ハンガーストライキに入りました。イスラエルの監獄にとらわれている6千人のパレスチナ人政治囚に神の憐れみが現わされることを大いに期待して待ちましょう。

主よ、ヘブライ人への手紙の著者は、自分が監獄に共に捕らわれているかのごとく、囚人のことを思いやり、自分が苦しみを受けている者であるかのごとく、虐待を受けている人のことを思いやりなさいと求めました(ヘブ13:3)。主よ、どうかパレスチナ人囚人に勇気を与え、彼らの正当な要求が応えられるまでストライキを続けることができるようにしてください。

主よ、御憐みにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/4/13

By Michinori ManoNo Comments 12 Apr

# エルサレムでは主イエス・キリストの受難を記念する14の留に従う祈りと黙想をもって聖週が守られています。今年は東方教会、西方教会の双方の教会暦でイースターが同じ日に祝われます。

どうか聖地の諸教会が友好的に協力し合えますように。エルサレムおよび世界中で、イースターがクリスチャンの一致の時となりますように。わたしたちが皆、復活されたキリストのメッセージによって平和のために働く意欲を起こされますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/4/6

By Michinori ManoNo Comments 8 Apr

# 先週金曜日、6千人のパレスチナ人と諸外国から来た人々が、「第5回 移動の自由を求める運動 – パレスチナ・マラソン」に参加しました。このマラソンの目的は、世界の人々にパレスチナの状況、ことに移動の自由が制限されていることを知ってもらうことです。

主よ、パレスチナが被っている不正義への関心を高めるために発揮されているパレスチナの人々とその友らの創造性に感謝します。今年も成功裏にマラソンが行われたことのゆえに、また、それを可能にしたすべての人々のゆえに感謝をささげます。

主よ、御憐みにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/3/30

By Michinori ManoNo Comments 8 Apr

# 先週、イスラエル人権団体ベッツェレームが、ヘブロン市でイスラエル軍が8歳のパレスチナ人の子どもを虐待する様子を撮った動画を公開しました。近くの違法なイスラエル入植地に向かって石を投げた疑いで、一緒に投げた他の子どもを特定しようとして、軍が裸足の男の子を引きずっていくところが写っています。目撃者は、「男の子がなくしたおもちゃを探して自分の家の周りを裸足で歩き回っていたところを、15人以上の兵士がやってきて捕まえていった」と話しています。

主よ、占領の悪霊どもが若いイスラエル兵に力を及ぼし、人間性を失わせています。非人間的な軍の命令のつけを負わされ、心に傷を受けた子どものために祈ります。子どもたちが平和のうちにおもちゃを見つけることができるように、残忍なイスラエルの軍事占領を終わらせようと懸命に働いている人々のために祈ります。

主よ、御憐みにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/3/23

By Michinori ManoNo Comments 8 Apr

# イスラエルの元モサド長官、タミル・パルドが、イスラエルの存在を唯一脅かしているものは、イスラエルによるパレスチナ占領であると公に述べました。イスラエルはパレスチナ人との紛争に関して頭が働かなくなっているが、「紛争はそれ自体では解決しない」と述べました。

主よ、人に嫌われる真実を口にし続けるすべての人に感謝します。神よ、良心あるイスラエルの指導者たちに必要な勇気を与え、パレスチナの人々を解放させてください。

主よ、御憐みにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/3/16

By Michinori ManoNo Comments 16 Mar

今週月曜日に閉会した第10回サビール国際会議によって動かされるところのあったすべての人のために祈りをささげます。どうか旅の安全をお守りください。ひとりひとりに力と励ましを与え、会議で得た洞察や経験を用いて、あらゆる場所であらゆる形の不正義に立ち向かうことができるようにしてください。

主よ、御憐みにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/3/9

By Michinori ManoNo Comments 16 Mar

今年でバルフォア宣言から100年になります。この宣言のために、パレスチナ人は土地、財産を奪われ、不正義、苦しみを被ることになりました。ただ振り返るだけの年にはしないようにしましょう。今週開催される第10回サビール国際会議によって、2017年を聖書でいうヨベルの年にしようではありませんか。土地とそのすべての住民の自由の回復が宣言される年にしましょう。ヨベルの年のビジョンに励まされ、2017年を歩を前に進め、イスラエルによる占領と過激主義を乗り越える転機の年にしましょう。 (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/3/2

By Michinori ManoNo Comments 3 Mar

# 土曜日の夕方、パレスチナの町々で楽しげな顔をして大勢の人々が集いました。待ちに待ったアラブ・アイドル歌唱コンテストの勝者の発表のベイルートからの中継を観るためです。この番組は、11月以来、何百万人もの人々をテレビに釘付けにしてきました。ベツレヘム生まれのヤクーブ・シャヒーンの優勝が告げられると、歓声がわきおこりました。シャヒーンは、2011年にこのコンテストが始まってから2人目のパレスチナ人の優勝者です。

主よ、わたしたちは新しい週の始まりを明るい感謝の気持ちで迎えることができました。人気のあるリアリティ・テレビショー「アラブ・アイドル」で思いがけずパレスチナ人のヤクーブ・シャヒーンが優勝したからです。どうかシャヒーンをこれからも祝福して、その声をもってパレスチナの民が被っている不正義に注意を喚起してください。

主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/2/23

By Michinori ManoNo Comments 25 Feb

# 去る日曜日の朝、占領下西岸地区のベドウィンの村カーン・アル=アフマルの小学校をイスラエル軍が包囲して、破壊命令を通知しました。この小学校は2009年にイタリアのNGOヴェント・ディ・テラ(地球の風)の支援で、中古タイヤ等を建築材に用いるエコロジカルな方法で建てられました。

主よ、カーン・アル=アフマル小学校の生徒、先生、職員に、勇気と揺らがぬ力をお与えください。他には選択肢もない生徒の親たちのことも覚えます。主よ、どうか、学校ががれきの山にされず、残されるように、昼夜働きかけを続けている善意の人々と共にいてください。

主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/2/16

By Michinori ManoNo Comments 16 Feb

# 火曜日、イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフがワシントンに到着しました。似た精神を持つ、迎合的な同盟者をトランプ大統領に見いだすことを期待してのことでした。

主イエスよ、ポンティオ・ピラトとヘロデ・アンティパスはあなたに対して不正な共謀を図りました。愛する主よ、あなたは友に見捨てられながら、ひとりで不正義の力と向き合われました。勝利された主よ、どうかパレスチナの人々とその預言者的な友を助け、揺らぐことなく、迫る危険を乗り越えられるようにしてください。

主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/2/9

By Michinori ManoNo Comments 10 Feb

# 土曜日、テルアビブで、アラブ系市民を標的にしたイスラエル政府による家屋破壊に抗議して、何千人ものイスラエルのパレスチナ人、ユダヤ人が抗議デモを行いました。デモ参加者たちは、家屋破壊作戦は「人種差別」であり、「暴力扇動」行為であると抗議しました。

主よ、パレスチナ・イスラエルでは、事態がずっと悪化し続けています。パレスチナの人々は心挫かれる思いに耐え続けています。どうか不正義が分からない世界にあってこの重荷に耐えることができるように、彼らの心を強めてください。どうか暴力を激化させないでください。この地の二つの民が不正義に対して共に非暴力的に抗い、立ち向かい続けることができるようにしてください。 (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/2/2

By Michinori ManoNo Comments 3 Feb

# 金曜日、米国大統領ドナルド・トランプはイスラム教徒が国民の多数をしめる7つの国の人々と難民に対する入国禁止令を出しました。これは宗教的少数者を排除するものです。この禁止令はまだ第一歩であって、より対象を広げた禁止令が出されることになるとみられます。

主よ、難民が行き場をなくしています。故郷には爆弾を落とされ、安全な場所には壁に阻まれて行くことができません。中東の紛争に苦しむ国々のために祈ります。どうか平和が実現され、難民が家に帰れますように。米国に建てられる壁や規制によって、中東への武器や紛争の輸出が止まりますように。

主よ、御憐みにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/1/26

By Michinori ManoNo Comments 27 Jan

# 土曜日、東エルサレムのエイン・ナクバ村で火事が起こって、36歳の母親と3歳、6歳、10歳の子どもたちが亡くなりました。現場の調査によれば、はじめにヒーターが燃え上がって、それから家が炎に包まれたようだ、ということです。

主よ、この惨事で犠牲になった家族のために祈ります。どうか残された父親の心を慰め、あなたの平安をお与えください。

主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/1/19

By Michinori ManoNo Comments 20 Jan

# 土曜日、バチカン市にパレスチナ大使館を開設するため、教皇フランシスコとパレスチナ自治政府大統領マフムード・アッバースが会合を持ちました。駐教皇庁パレスチナ大使イサ・カシシエは、この一歩は「パレスチナ人民にとって重大な成果だ」と述べました。

主よ、軍事占領下にあるにもかかわらず、世界の指導者たちがパレスチナの国家体を承認し、パレスチナ人の権利を認めていることを、あなたに感謝します。どうか世界の政策決定者たちがさらに勇気ある取り組みを進め、パレスチナの独立が実現されますように。パレスチナの人々が自由を獲得することは必然であって、わたしたちはそのことに疑いを持ちません。

主よ、御憐みにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2017/1/12

By Michinori ManoNo Comments 12 Jan

# 1月6日、西岸地区の村ブドルスに姿を現したイスラエル占領軍は思いがけない障害に出くわしました。何十人ものパレスチナ人女性が、自分たちの身体をはって家を守っていたのです。2016年度、イスラエル軍は1100を超える家屋、構造物を破壊しています。

主よ、手に手を取り合って軍に立ち向かい、家の取り壊しをさせなかった、すべての祖母たち、母たち、叔母たち、姉妹たち、従妹たち、娘たち、隣人、友人のゆえに感謝します。どうかこのような美しい連帯行動と非暴力抵抗が広まりつづけますように。

主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more
« Older Entries
Newer Entries »