Archive for the ‘今週の祈り’ Category

Sabeel Wave of Prayer 2021/12/9

By Michinori ManoNo Comments 8 12月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#火曜日の非暴力行動クミ・ナウのオンライン・セッションは人権に焦点を当て、パレスチナ人権センター(PCHR)の創設者ラジ・スーラニから話を聞きました。これから2週間は難民の帰還の権利と占領下シリア・ゴラン高原に焦点を当てます。
https://kuminow.com/humanrights/

愛する主イエスよ、わたしたちが絶望している時、あなたは励まし、「恐れることはない。ただ信じなさい」(マルコ5:36)と言われます。パレスチナ占領に対して絶望感を覚えるわたしたちが行動することを助けているクミ・ナウの非暴力主義に立つ啓発・提言活動を感謝します。どうかこれが助けとなって世界の政治指導者たちが聖地における正義、公正に立つ平和を実現するために働きますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月3日金曜日、サビールはナイム・アティーク司祭が著した小冊子のシリーズを刊行しました。ZOOMで行われた出版記念会には100人程の人が参加して、出版された小冊子への様々な人の感想を聞きました。

主よ、アティーク司祭のゆえに感謝をささげます。また、アティーク司祭が解放、正義、平和のために献身されていることを感謝します。どうか刊行された小冊子のシリーズによって多く人が励まされ、チャレンジを受け、着想を得、また学ぶことができますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月2日木曜日、オーストラリア・サビールの友は、年次総会を開き、運命委員会の新たな委員を選出しました。

レイ・バラクラウ(2003年~)、デイヴ・スミス(2015~)の長年にわたるオーストラリア・サビールの友のための奉仕を感謝します。また、毎週メルボルンの聖パウロ大聖堂でサビール「祈りの波」をささげつづけているジム・ミンチンの奉仕を感謝します。エルサレムの平和のために祈るすべての人のゆえに、あなたに感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月2日、ヨルダン及び聖地福音ルーテル教会(ELCJHL)女性デスク主催の第2回年次会議「国および宗教の視点から考えるジェンダー正義への道」がラマラで開かれて、宗教指導者、政府関係者、地域住民が集まりました。このイベントは、#16DaysofActivisimキャンペーンの一環として行われました。
https://www.elcjhl.org/elcjhl-gender-justice-conference/

主よ、ELCJHLの働きと証、ジェンダー正義への取り組みのために祈ります。これらの会議が、すべての人にとっての変革、正義、平和への起点となりますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#サビールは、教皇庁宣教事業と協力して、「ペンテコステ後のパレスチナにおけるキリスト教」と題して会議を開催します。1世紀以後のパレスチナにおけるキリスト教について、12人のイスラム教徒、キリスト教徒の学者が論文を書きました。パレスチナにおけるキリスト教史の探究の端緒となるこの会議は、12月11日にラマラで開かれます。

主よ、どうかこの会議が成功して、パレスチナ・キリスト教史の新たな研究のきっかけとなりますように。この大切な問題の研究に取り組んでいるすべての人々と教皇庁宣教事業に感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月8日水曜日、サビールは2021年に開発した旅行プランをよりよいものにするために、ベツレヘムの12人の観光ガイドおよび専門家を集めてワークショップを開催しました。今後、聖地旅行を行う内外のグループによって、これらのプランが利用されることが期待されます。

感染症対策で旅行が制限され、観光客がパレスチナに入ることができないこの時に、おお神よ、祈ります。観光業で生計を立てている多くの人々が苦しんでいるこの時に、おお神よ、祈ります。ふたたび観光客が来る日が来ると信じている人々のために、おお神よ、祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#12月1日水曜日、ラマラの町に入ろうとした2人のイスラエル人が襲撃され、パレスチナ人の集団によって車を燃やされました。2人はパレスチナ警察によって救出され、近くのベイト・エルにあるイスラエル軍基地に運ばれました。

全人類の主よ、抑圧、不正義に対して、どうかすべての人が非暴力的に行動しますように。すべての人の生命が大切にされ、この平和と待望の特別な期節にあって、キリスト教徒であろうとイスラム教徒であろうとユダヤ教徒であろうと、パレスチナ人であろうとイスラエル人であろうと、わたしたちが皆、互いの内に人間性を見ることができますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、ミャンマー連邦共和国、タイ王国に生きる人々を覚えて、感謝をささげます。これらの国々とそこに住む人々の美しさのゆえに。多くの特色ある仏教寺院のゆえに。より民主的な国になることを願って長く闘ってきた人々のゆえに。他の人々と共にさらなる正義の実現を求めてきた教会の忠実な証しのゆえに。環境と資源を守る努力のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。差別、迫害を受け続け、虐殺まで経験しているロヒンギャをはじめとする民族的、宗教的少数者のために祈ります。民族的、宗教的多様性のために諸宗教間の理解と寛容が増しますように。買春旅行・性的搾取の被害者のために祈ります。またそのような行為を犯している者たちのために祈ります。政治的安定と民主的政治への進展のために祈ります。開発が進む中、すべての人の経済的正義が守られ、環境が保護されますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/12/2

By Michinori ManoNo Comments 1 12月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#火曜日の非暴力行動クミ・ナウのオンライン・セッションでは、カイロス・パレスチナに焦点を当て、ノラ・カルミから話を聞きました。12月7日火曜日は人権について話を聞きます。
https://kuminow.com/kairosdocument/

主よ、カイロス・パレスチナと共に声をあげます。どうかパレスチナの占領を終わらせてください。世界中の政府、政治指導者たちがイスラエルがパレスチナの地のさらなる併合を計画していることを非難しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/11/25

By Michinori ManoNo Comments 25 11月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#火曜日の非暴力行動クミ・ナウのオンライン・セッションでは、ジェンダーに基づく暴力に焦点を当て、ウィミンズ・スタディ・センターのプログラム・マネージャーであるアリージ・ディアバス氏から話を聞きました。11月30日火曜日のセッションでは、カイロス・パレスチナ文書に焦点を当てます。
https://kuminow.com/gender-basedviolence/

主よ、わたしたちはカイロス・パレスチナと共に声をあげます。どうかパレスチナの占領が止みますように。世界中の政治指導者、政府が、イスラエルのパレスチナ併合計画を積極的に非難しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/11/18

By Michinori ManoNo Comments 19 11月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#11月16日火曜日の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、ディフェンス・フォー・チルドレン・インターナショナル・パレスチナ(DCIP)のカレド・クズマールから子どもの権利という主題で話を聞きました。
https://kuminow.com/week-46-childrens-rights/
11月25日木曜日は「女性に対する暴力撤廃の国際デー」です。11月23日火曜日、ジェンダーに基づく暴力について話を聞き、女性に対する暴力を終わらせるためにできることについて考えます。

神よ、あなたはあなたのすべての子を愛しておられます。女性であるということで心身に苦しみを受けている娘たちにどうか特別な注意をお向けください。今日あなたの守護天使たちで彼女たちを囲み、彼女たちが安全を感じられるようにしてください。挫けることなく、あなたにいのちをすっかり託せるほどに、彼女たちにあなたの霊をお与えください。わたしたちに勇気を与えて彼女たちの傍らに揺るがされることなく立つことができるようにし、彼女たちの置かれている窮状について真実を語り、愛する姉妹たちのために自分のいのちをかけられるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/11/11

By Michinori ManoNo Comments 9 11月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いでは、反セム主義をはじめとする様々な人種主義にどのように立ち向かってわたしたちの生きる社会に癒しと和解をもたらすことができるかを考えました。
https://kuminow.com/antisemitism/
11月16日火曜日のオンラインの集いでは、パレスチナの子どもたちの人権に焦点を当てます。11月20日土曜日に「世界子どもの日」が祝われますが、パレスチナの子どもたちは人権を無視され、他の国や、すぐ近くのイスラエル人入植地やイスラエルの子どもたちが享受しているような機会を奪われています。

主よ、パレスチナの多くの子どもたちがイスラエルの占領下で暴力に苦しんでいます。住まいや学校が破壊されるのを見たり、毎年何百人もが逮捕され、家族から引き離されて裁判や勾留に耐えています。どうかイスラエルによる占領を終わらせてください。パレスチナの子どもたちの人権の蹂躙を終わらせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/11/4

By Michinori ManoNo Comments 4 11月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、イスラモフォビア(イスラム恐怖症)を取り上げました。
https://kuminow.com/antimuslim/
次週は毎年11月9日に守られている「ファシズムと反セム主義と闘う国際デー」に焦点を当てます。正義に反するイスラエルの行動への批判が、なぜ常に反セム主義と同一視されるのかを考えます。イスラエルはパレスチナ人の人権蹂躙について免責を許されるべきでなく国際法のもとに責任を問われるべきです。
https://kuminow.com/antisemitism/

主イエスよ、どうかわたしたちを憎しみや人種主義の苦い根から解放してください。人が苦しむのを見るとき、わたしたちがあなたに向かって叫びを上げられるようにしてください。あなたがわたしたちへの愛のために進んで十字架の上で死なれたことを思い出させ、あなたの愛の内に留まらせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/10/28

By Michinori ManoNo Comments 28 10月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いでは、イスラエルによる占領下、紛争の中を生きている女性と子どもの窮状に焦点を当てました。
https://kuminow.com/womeninconflict/
来週は11月2日火曜日に、イスラモフォビア(イスラム恐怖症)について考えます。11月はイスラム恐怖症の問題をあらゆる面から取り上げます。啓発活動がもっと進められることで偏見が乗り越えられること、またイスラム教徒がもっと自信を持って社会全体に貢献できるようになることが期待されます。

主イエス、わたしたちの義なる主よ、わたしたちを助けて「悪を憎み、善を愛し町の門で公正を打ち立てる」ことができるようにしてください(アモス5:15)。多様な人々からなるわたしたちの社会のすべての人を励まして、もっと平和な社会を築くために、進んで貢献するようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/10/21

By Michinori ManoNo Comments 21 10月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#10月19日火曜日に開催された非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いではイスラエルによる占領で誰が利益を得ているのかについて考えました。
https://kuminow.com/profitingfromoccupation/
次週10月26日は、占領下に生きるパレスチナの多くの女性や子どもが経験している容認し得ない次元の暴力について考えます。多くの女性が、夫や子どもたちの長期間の監禁によって家族が引き裂かれることを経験しています。夜間の襲撃、住まいの破壊、イスラエル軍兵士や入植者からの容赦のない暴力を経験しています。また、紛争によって受けている圧迫に苦しむ夫による家庭内暴力の犠牲者になっています。

主よ、暴力、争いの多い社会で生き延びようとしている女性たち、子どもたちのことをみ前に覚えます。どうか彼女たちが互いから力を得て、変化をもたらすことができるようにしてください。子どもたちのためにもっと平和なコミュニティにするため、共に働くことができるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/10/14

By Michinori ManoNo Comments 13 10月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いでは70年以上続いているイスラエルによる占領がパレスチナの人々の精神的健康と福祉にどんな影響を与えているかということに焦点が当てられました。
https://kuminow.com/mentalhealth/
10月21日火曜日の集いでは、占領から利益を得ているのは誰かということについて考えます。占領から利益を得ていたり、入植地との取引があったりする企業との間に持っている繋がりが、人々を分断している不法なシステムの維持を助けていないかどうか、一人一人が、また政府、教会が問われています。
https://note.com/bdsjapan/n/nf99bbb49c5bc?fbclid=IwAR02DILn25E2VyzvJJTmFXLxQrASPChud-WwlZFu44aEUhs6CxT7x2E7_lE

主よ、イスラエル当局がパレスチナの人々を服従させるためにとっているやり方に対する、わたしたちの心からの叫びをお聞きください。どうか国際社会の良心ある人々が声をあげ、暴力が激化して占領下でパレスチナ人の命が失われていることを問題にしますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/10/7

By Michinori ManoNo Comments 7 10月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いではパレスチナ/イスラエルにおける正義に立つ平和をもたらすために非暴力主義で働いている諸団体を取り上げて「国際非暴力デー」を記念しました。
次の集いでは10月10日「世界メンタルヘルスデー」を記念します。パレスチナの人々はイスラエルによる占領のために目に見える形で多大な困難に直面していますが、それに加えて目に見えない形で精神的なダメージを与えられています。

真実の主イエスよ、わたしたちの重荷をどうかあなたに委ねさせてください。この世界で苦しんでいる人々にみ光を照らし、わたしたちに希望を与えてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/9/30

By Michinori ManoNo Comments 2 10月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いでは、パレスチナ、イスラエルのベドウィン族の窮状について話を聞きました。ベドウィン族はイスラエル当局から何十年にもわたって嫌がらせを受けてきました。頻繁に住まいを破壊され、移転を強制されてきました。
https://kuminow.com/bedouinrights/
10月2日土曜日はマハトマ・ガンジーの誕生日に因んで国際非暴力デーが祝われます。クミ・ナウでは「平和、寛容、理解、非暴力の文化を守る」働きをしている諸団体に焦点を当てます。
https://kuminow.com/nonviolence/

主よ、パレスチナ・イスラエル紛争の様々な現場で非暴力によって正義に立つ解決をもたらそうとしている多くの個人、団体のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/9/23

By Michinori ManoNo Comments 23 9月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#9月17日火曜日の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、2006年に始まって生活環境を酷く悪化させているガザの封鎖に焦点を当てました。それに加えて空爆が繰り返されることで、住宅や、診療所、病院、学校などの社会基盤の再建に必要な資材の不足が起きています。COVID-19のただ中で保健医療システムには厳しい負担がかかっています。2021年8月の時点でガザの住民のわずか16%しか2回のワクチン接種を受けられていません。
https://kuminow.com/blockadeofgaza/

正義の神よ、数多の不正義に直面しているガザの人々のために祈ります。世界中の人々を動かし、ガザと連帯させてください。多くのガザの人々が地域の再建のために働きながら封鎖を終わらせるために声を上げつづけていることを感謝します。どうかあなたの霊をもってかれらを支え、強めてください。ガザの人々に対して暴力を加えている抑圧的な構造が解体され、平和に必要な条件、人間が栄えるために必要な条件が根をはり、育ちますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/9/16

By Michinori ManoNo Comments 18 9月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#9月14日火曜日の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、ベツレヘムの町に焦点を当てました。
https://kuminow.com/bethlehem/
次はガザに生きるパレスチナ人と共に立って、9月21日の国際平和デーを祝います。2006年に始まったイスラエルによるガザの封鎖は、選挙で勝利したハマスを痛めつけることを意図したものでした。現実には、封鎖によって痛めつけられているのは子どもたちであり、家族であり、一般の市民です。
https://kuminow.com/blockadeofgaza/

主よ、どうか15年も続いているガザの封鎖を終わらせてください。ガザの人々を、欠乏、暴力、絶望のサイクルから解放し、再び地区の境界線を越えて自由に移動できるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/9/9

By Michinori ManoNo Comments 8 9月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、パレスチナ/イスラエルにおける教育の財源と政策について考えました。
https://kuminow.com/educationfunding/
来週は、9月7日火曜日、西岸地区の町ベツレヘムに焦点を当てます。イスラエルによる占領はベツレヘムの成長を妨げています。ベツレヘムは20もの不法な入植地に取り囲まれ、ユダヤ人入植者しか使えない道路で分断され、分離壁の陰に置かれ、見張りの塔、有刺鉄線、検問所によって無残な姿に変えられました。その土地の多くが没収され、移動の制限のために観光産業が圧迫されています。

主イエスよ、あなたがベツレヘムでお生まれになった時のことを思うとき、若い家族に住まいや保護が必要なことにあらためて気づかされます。イスラエルによる占領が重くのしかかる中で何とか生き延びようとしているベツレヘムの人々、ことに子どもたちのために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/9/2

By Michinori ManoNo Comments 2 9月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、パレスチナの芸術家たちがイスラエルによる占領に対して非暴力抵抗をどのように表現しているかということに焦点を当てました。
https://kuminow.com/artasresistance/
来週は、9月7日火曜日、パレスチナ/イスラエルにおける教育の財源と政策について考えます。イスラエルは、ユダヤ人児童とパレスチナ人児童のために別々に不平等な教育制度を設けています。すべての学校が政府から税収からの支援を受けていますが、クリスチャン、イスラム教徒、ドゥルーズ教徒の子どもたちの学校が受け取っている補助金は、ユダヤ人の子どもたちの学校よりも少なく、また過去10年間で非ユダヤ系の私立学校への補助金を劇的に減らしました。

主よ、イスラエル政府がユダヤ系と非ユダヤ系で学校を差別して不平等に補助金を出していることについて問われますように。パレスチナ/イスラエルのすべての子どもたちが宗教や民族で差別されずに成長する機会を与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/8/26

By Michinori ManoNo Comments 26 8月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、キリスト教シオニズムがパレスチナの日常生活に与えている影響に焦点を当てます。来週は8月31日火曜日、パレスチナの芸術家たちがイスラエルによる占領に対して非暴力抵抗をどのように表現しているかということに焦点を当てます。
https://kuminow.com/christianzionism/

主よ、どうかパレスチナの芸術家が、抑圧する者たちの人間性と関わり合う方法を、創造的賜物を用いて見いだしつづけますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/8/19

By Michinori ManoNo Comments 18 8月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、8月17日火曜日に開催され、パレスチナにおける米国の役割について考えました。来週はキリスト教シオニズムの脅威に対するパレスチナ人の取り組みに焦点を当てます。キリスト教シオニズムは、ユダヤ人がパレスチナに帰還してその全地に支配を確立するための民族運動としてシオニズムを支持するものです。
https://kuminow.com/usroleinpalestine/

主イエス、わたしたちの岩、わたしたちの贖い主よ、土地から追い出そうとする者たちから嘲けりを受け、暴力に遭っているパレスチナの人々のために祈ります。どうかパレスチナの先住民を忘れないでください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/8/12

By Michinori ManoNo Comments 12 8月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#8月9日、「世界の先住民族の国際デー」が祝われました。8月10日火曜日に開催された非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いでは、パレスチナ人を含む先住民族の人権を求める闘いについて考えました。8月17日火曜日は、8月19日「世界人道デー」を前に、近年劇的に削減された米国のパレスチナへの人道支援について考えます。
https://kuminow.com/indigenousrights/

主よ、パレスチナの難民とガザに住む人々のために祈ります。どうか彼らの必要がつねに満たされますように。パレスチナの飢えている人、住まいのない人、失業中の人、病を負う人々のために祈ります。どうか後の者が先になり、先の者が後になりますように。わたしたちの指導者のために祈ります。かれらは苦しみを除くことができる権力を手にしています。どうかかれらが正義の道に導かれますように。心を柔らかくされ、み恵みによって動かされますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/8/5

By Michinori ManoNo Comments 5 8月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#8月3日火曜日に開催された非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、パレスチナ人に対して集団的懲罰を加えてジュネーヴ第4条約を破っていることについて考えました。来週は8月9日「世界の先住民族の国際デー」を祝います。パレスチナ人は、ナクバ後に経験してきたこと、強制追放、パレスチナ人の歴史の否定、文化の消去などによって、世界中の他の多くの先住民族の経験と結ばれています。
https://kuminow.com/collectivepunishment/

主よ、世界中の民族、文化の豊かな多様性を感謝します。わたしたちを助けて、互いを尊敬し、平和と協力の精神で生きることができるようにしてください。わたしたちを聖霊の力をもって強めて、抑圧を受けている先住民族を支援できるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/7/29

By Michinori ManoNo Comments 27 7月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、パレスチナ人の家族が一緒に住むことを妨げているイスラエルの政策について考えました。来週は、イスラエルが安全保障を理由にパレスチナ人に対して取っている政策、集団的懲罰について考えます。懲罰としての家屋破壊、強制移転、夜間の襲撃、ガザの封鎖、その他数多くの方策をイスラエル当局は取っています。数々の研究によって、こうした懲罰によって最も苦しんでいるのはパレスチナの女性と子どもであることが示されています。
https://kuminow.com/familyunification/

主よ、どうかイスラエルが国際的な法的義務を守るようになり、パレスチナ人に圧力をかけ、虐げるために集団的懲罰を行うことを止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more
« Older Entries
Newer Entries »