Archive for the ‘今週の祈り’ Category

Sabeel Wave of Prayer 2021/9/23

By Michinori ManoNo Comments 23 9月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#9月17日火曜日の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、2006年に始まって生活環境を酷く悪化させているガザの封鎖に焦点を当てました。それに加えて空爆が繰り返されることで、住宅や、診療所、病院、学校などの社会基盤の再建に必要な資材の不足が起きています。COVID-19のただ中で保健医療システムには厳しい負担がかかっています。2021年8月の時点でガザの住民のわずか16%しか2回のワクチン接種を受けられていません。
https://kuminow.com/blockadeofgaza/

正義の神よ、数多の不正義に直面しているガザの人々のために祈ります。世界中の人々を動かし、ガザと連帯させてください。多くのガザの人々が地域の再建のために働きながら封鎖を終わらせるために声を上げつづけていることを感謝します。どうかあなたの霊をもってかれらを支え、強めてください。ガザの人々に対して暴力を加えている抑圧的な構造が解体され、平和に必要な条件、人間が栄えるために必要な条件が根をはり、育ちますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/9/16

By Michinori ManoNo Comments 18 9月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#9月14日火曜日の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、ベツレヘムの町に焦点を当てました。
https://kuminow.com/bethlehem/
次はガザに生きるパレスチナ人と共に立って、9月21日の国際平和デーを祝います。2006年に始まったイスラエルによるガザの封鎖は、選挙で勝利したハマスを痛めつけることを意図したものでした。現実には、封鎖によって痛めつけられているのは子どもたちであり、家族であり、一般の市民です。
https://kuminow.com/blockadeofgaza/

主よ、どうか15年も続いているガザの封鎖を終わらせてください。ガザの人々を、欠乏、暴力、絶望のサイクルから解放し、再び地区の境界線を越えて自由に移動できるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/9/9

By Michinori ManoNo Comments 8 9月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、パレスチナ/イスラエルにおける教育の財源と政策について考えました。
https://kuminow.com/educationfunding/
来週は、9月7日火曜日、西岸地区の町ベツレヘムに焦点を当てます。イスラエルによる占領はベツレヘムの成長を妨げています。ベツレヘムは20もの不法な入植地に取り囲まれ、ユダヤ人入植者しか使えない道路で分断され、分離壁の陰に置かれ、見張りの塔、有刺鉄線、検問所によって無残な姿に変えられました。その土地の多くが没収され、移動の制限のために観光産業が圧迫されています。

主イエスよ、あなたがベツレヘムでお生まれになった時のことを思うとき、若い家族に住まいや保護が必要なことにあらためて気づかされます。イスラエルによる占領が重くのしかかる中で何とか生き延びようとしているベツレヘムの人々、ことに子どもたちのために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/9/2

By Michinori ManoNo Comments 2 9月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、パレスチナの芸術家たちがイスラエルによる占領に対して非暴力抵抗をどのように表現しているかということに焦点を当てました。
https://kuminow.com/artasresistance/
来週は、9月7日火曜日、パレスチナ/イスラエルにおける教育の財源と政策について考えます。イスラエルは、ユダヤ人児童とパレスチナ人児童のために別々に不平等な教育制度を設けています。すべての学校が政府から税収からの支援を受けていますが、クリスチャン、イスラム教徒、ドゥルーズ教徒の子どもたちの学校が受け取っている補助金は、ユダヤ人の子どもたちの学校よりも少なく、また過去10年間で非ユダヤ系の私立学校への補助金を劇的に減らしました。

主よ、イスラエル政府がユダヤ系と非ユダヤ系で学校を差別して不平等に補助金を出していることについて問われますように。パレスチナ/イスラエルのすべての子どもたちが宗教や民族で差別されずに成長する機会を与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/8/26

By Michinori ManoNo Comments 26 8月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、キリスト教シオニズムがパレスチナの日常生活に与えている影響に焦点を当てます。来週は8月31日火曜日、パレスチナの芸術家たちがイスラエルによる占領に対して非暴力抵抗をどのように表現しているかということに焦点を当てます。
https://kuminow.com/christianzionism/

主よ、どうかパレスチナの芸術家が、抑圧する者たちの人間性と関わり合う方法を、創造的賜物を用いて見いだしつづけますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/8/19

By Michinori ManoNo Comments 18 8月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、8月17日火曜日に開催され、パレスチナにおける米国の役割について考えました。来週はキリスト教シオニズムの脅威に対するパレスチナ人の取り組みに焦点を当てます。キリスト教シオニズムは、ユダヤ人がパレスチナに帰還してその全地に支配を確立するための民族運動としてシオニズムを支持するものです。
https://kuminow.com/usroleinpalestine/

主イエス、わたしたちの岩、わたしたちの贖い主よ、土地から追い出そうとする者たちから嘲けりを受け、暴力に遭っているパレスチナの人々のために祈ります。どうかパレスチナの先住民を忘れないでください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/8/12

By Michinori ManoNo Comments 12 8月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#8月9日、「世界の先住民族の国際デー」が祝われました。8月10日火曜日に開催された非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いでは、パレスチナ人を含む先住民族の人権を求める闘いについて考えました。8月17日火曜日は、8月19日「世界人道デー」を前に、近年劇的に削減された米国のパレスチナへの人道支援について考えます。
https://kuminow.com/indigenousrights/

主よ、パレスチナの難民とガザに住む人々のために祈ります。どうか彼らの必要がつねに満たされますように。パレスチナの飢えている人、住まいのない人、失業中の人、病を負う人々のために祈ります。どうか後の者が先になり、先の者が後になりますように。わたしたちの指導者のために祈ります。かれらは苦しみを除くことができる権力を手にしています。どうかかれらが正義の道に導かれますように。心を柔らかくされ、み恵みによって動かされますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/8/5

By Michinori ManoNo Comments 5 8月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#8月3日火曜日に開催された非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、パレスチナ人に対して集団的懲罰を加えてジュネーヴ第4条約を破っていることについて考えました。来週は8月9日「世界の先住民族の国際デー」を祝います。パレスチナ人は、ナクバ後に経験してきたこと、強制追放、パレスチナ人の歴史の否定、文化の消去などによって、世界中の他の多くの先住民族の経験と結ばれています。
https://kuminow.com/collectivepunishment/

主よ、世界中の民族、文化の豊かな多様性を感謝します。わたしたちを助けて、互いを尊敬し、平和と協力の精神で生きることができるようにしてください。わたしたちを聖霊の力をもって強めて、抑圧を受けている先住民族を支援できるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/7/29

By Michinori ManoNo Comments 27 7月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、パレスチナ人の家族が一緒に住むことを妨げているイスラエルの政策について考えました。来週は、イスラエルが安全保障を理由にパレスチナ人に対して取っている政策、集団的懲罰について考えます。懲罰としての家屋破壊、強制移転、夜間の襲撃、ガザの封鎖、その他数多くの方策をイスラエル当局は取っています。数々の研究によって、こうした懲罰によって最も苦しんでいるのはパレスチナの女性と子どもであることが示されています。
https://kuminow.com/familyunification/

主よ、どうかイスラエルが国際的な法的義務を守るようになり、パレスチナ人に圧力をかけ、虐げるために集団的懲罰を行うことを止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/7/22

By Michinori ManoNo Comments 27 7月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、イスラエルのアパルトヘイトの壁に焦点を当てます。2004年7月20日、国連はイスラエルが建設している分離壁は国際法に照らして違法であると決議しました。イスラエルは、分離壁と入植地、軍事区域を用いて、パレスチナ人が西岸地区の60%の土地に行くことを妨げています。来週は、たくさんのパレスチナ人がその権利を拒まれ、つらい思いをさせられて苦しんでいる、家族統合の問題を取り上げます。

わたしたちの苦しみを分かってくださる憐れみの主よ、壁によって自分の土地から切り離されている人々、人種主義的な法律によって家族から切り離されている人々のために祈ります。イスラエルの占領によって苦しんでいるすべてのパレスチナ人の心を希望の霊で満たしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/7/15

By Michinori ManoNo Comments 15 7月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いは、道徳的に責任ある投資について考えます。サビール-カイロスUKのシャーロット・マーシャルが英国の教会で行っているキャンペーン「平和への投資」ついて、および2005年7月9日に始まったBDS(ボイコット・投資引き上げ・制裁)運動について話します。来週はイスラエルが建設しているアパルトヘイトの壁について考えます。
https://kuminow.com/morallyresponsible/

主よ、あなたは虐げられた人の避難所、苦難の時の砦です(詩9:9)。どうか占領を終わらせてください。イスラエル政府の差別的政策に対して国際社会が圧力を高めるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/7/8

By Michinori ManoNo Comments 8 7月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#非暴力行動クミ・ナウは、年度折り返しの週になりました。来週7月13日火曜日のオンラインの集いでは、BDS(ボイコット・投資引き上げ・制裁措置)運動を取り上げます。BDS運動は2005年7月9日に始まって、今やイスラエルによるパレスチナ抑圧によって利益を得ている国際企業に異議を申し立てるグローバルな運動になっています。
https://kuminow.com/kumirelaunch/

主よ、どうかもっと多くの教会、 学術団体、労働組合、その他の団体が、イスラエルの占領政策から利益を得ている企業に投資していることについて再考しますように。投資引き上げの圧力を受けて、イスラエル政府が国際法を遵守するようになりますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/7/1

By Michinori ManoNo Comments 1 7月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#6月29日火曜日、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集まりは核兵器保有国としてのイスラエルについて考えました。1968年7月1日、核兵器不拡散条約に世界190ヵ国が調印しました。しかし、イスラエルは調印しませんでした。イスラエルは現在も核兵器の保有を認めることを拒んでいて、ネゲブ砂漠にあるディモナ原子炉の国際原子力機関(IAEA)による査察を許していません。
https://kuminow.com/nuclearisrael/

主よ、核兵器の拡散を抑えるために、どうかすべての国が自らの責任を認めて、国際機関の監督を受け入れますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/6/24

By Michinori ManoNo Comments 24 6月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#6月20日日曜日、国連は「世界難民の日」を記念しました。非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いでは1948年および1967年に故郷を追われたパレスチナ難民の窮状に焦点を当てました。彼らの子孫は何十年も経った今も帰還できる日を待っています。2019年の時点でヨルダン、レバノン、シリア、西岸地区、ガザ地区にある国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の事務所に登録されているパレスチナ難民は540万人です。来週は核兵器保有国としてのイスラエルについて考えます。
https://kuminow.com/palestinianrefugees/

憐れみ深い主よ、わたしたちの叫びをお聞きください。パレスチナ難民の帰還の権利の問題の解決は相変わらず見えません。国際社会はパレスチナ人を裏切りました。どうか聖霊によって力を持つものたちの反対にもかかわらず故郷への帰還を果たせるという確信を与えて、パレスチナの人々の心を燃え立たせてください。主よ、御憐みにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/6/17

By Michinori ManoNo Comments 16 6月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウは、聖地への倫理に適う観光・巡礼について考えます。パンデミックが抑えられたら、聖地に来てイスラエルによる占領下でパレスチナ人がどんな生活を強いられているのかを見てください。6月20日は「世界難民の日」です。22日のクミ・ナウのオンラインの集まりではパレスチナ難民をとりあげます。
https://kuminow.com/tourismandpilgrimage/

主よ、どうか世界中の人々が来て、イスラエルの占領が何をもたらしているかを、自分で見ますように。そして、パレスチナ人の苦難を、他の人々のところに行って伝えますように。それが国際的な圧力となって、イスラエル政府が政策を変えますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちのを祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/6/10

By Michinori ManoNo Comments 10 6月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウは、パレスチナ/イスラエルで占領がもたらしている環境へのダメージを取り上げます。原生樹木が根こぎにされ、入植地が建設され、分離壁が建設され、軍事活動が行われ、ヨルダン川や地下帯水層から水を取るプロジェクトが進められ、自然環境が傷つけられています。来週は倫理に適う観光・巡礼について考えます。

主よ、回復不能なダメージが加えられる前に、イスラエルによる占領がどんな荒廃を聖地にもたらしているかが認識されますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/5/27

By Michinori ManoNo Comments 28 5月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集まりは、パレスチナ人がどのようにして歴史と文化を守っているかということに焦点を当てます。イスラエルは、パレスチナの歴史を道路標識、史跡説明板、歴史書から消し去ることに固執し、歴史的意義がある場所における建築や植樹を続けています。
来週、6月1日火曜日は、ディフェンス・フォー・チルドレン・パレスチナ(DCI)の働きについて話し合われます。このグループは占領下パレスチナの子どもの死亡事件を監視していて、蔓延しているイスラエル軍による人権侵害を記録しています。
https://kuminow.com/preservinghistory/

主よ、聖地に生きるすべての子どもたちのために祈ります。イスラエルの軍事行動のために多くの子どもたちが影響を受けています。多くの子どもたちが殺され、心身に傷を負いました。襲われ、逮捕され、投獄されました。主よ、どうか子どもたちの受難を終わらせ、残った者たちに回復された土地で癒される希望をお与えください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/5/20

By Michinori ManoNo Comments 20 5月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集まりは、「進行中のナクバ(大惨禍)」に焦点を当てます。パレスチナの人々がイスラエルによる併合のために自分の家から強制退去させられています。5月21日金曜日は国連の「対話と発展のための世界文化多様性デー」です。
https://kuminow.com/ongoingnakba/
クミ・ナウ第21週は、寛容と文化的多様性が、聖地で平和と持続的発展を実現するのに必要な対話の促進を左右する鍵であることについて考えます。

主よ、あなたは多様性と創造性を喜ばれます。どうかわたしたちを助けて、異なる民族的、文化的背景を持つ人々に寛容と信頼と尊敬をもって接することができるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/5/13

By Michinori ManoNo Comments 13 5月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集まりは、米国がイスラエルに与えている支持について取り上げます。イスラエルは米国からの莫大な額の軍事支援を咎められることなくパレスチナ人の抑圧に使っています。来週は「今も続くナクバ(大惨禍)」を考えます。パレスチナ人にとって、5月15日はイスラエル建国に伴って多くのパレスチナ人が家を失った「ナクバ(大惨禍)」を覚える日です。現在のイスラエルはパレスチナ人を家を捨て地域社会を離れる他に選択肢がない状況に置く政策を取っています。

主よ、イスラエル当局がパレスチナ人に強いている抑圧と差別を終わらせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/5/6

By Michinori ManoNo Comments 7 5月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集まりでは、5月3日月曜日の「世界報道自由デー」をおぼえて、パレスチナ人ジャーナリストが経験している検閲と暴力の脅威をとりあげます。来週は米国がイスラエルに与えている支持について取り上げます。米国からの莫大な額の軍事支援は聖地に生きるパレスチナ人に危害を加えることに使われています。
https://kuminow.com/freedomofspeech/
https://www.meij.or.jp/kawara/2016_090.html

主よ、どうか世界の国々の指導者が軍事産業について考え直しますように。自分たちの売る武器がどれだけの惨事と抑圧をもたらしているかを省みますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#イスラエル北部の聖所で起きた過去最悪の事故で、多数の信者が折り重なって倒れて、少なくとも45人が死亡、150人以上が怪我を負いました。何万人もの人々が集まっていたところで通路が崩壊したことが原因でした。

愛する主よ、愛する者の死を悼むすべての犠牲者の家族を覚えて祈ります。また負傷した人々の速やかな回復のために祈ります。勇敢に休みなく働いて、汚した人々の命を救ったすべての医療スタッフに感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#4月21日水曜日、パレスチナ博物館は、資料デジタル化プロジェクトの第2期の開始を発表しました。3年間で18万点の資料をデジタル化し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)によって一般公開されます。デジタル化される資料は19世紀から現在までのパレスチナの社会史の様々な側面に関するものです。

主よ、パレスチナの社会、文化の固有性と大切な記憶を守るこの革新的なプロジェクトを感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界保険機関(WHO)の報告によると、3月に東エルサレムで医療を受けるために申請したベイト・ハヌーン検問所の通行許可を拒まれたガザの4人の癌患者の1人は70歳の女性だったとのことです。

主よ、どうかイスラエル当局者が憐れみの心を示し、国際的な法的義務に従い、ガザの病者や付き添いの人々に旅行許可を発行しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#今週、多くのパレスチナ人がエルサレムのダマスカス門の外に集まって、占領下で経験している差別に対して抗議しました。これは何百人ものイスラエルの極右・反パレスチナ活動家が先週行ったデモに対する応答として行われました。

主よ、紛争に苦しむわたしたちの町エルサレムに正義と平和を与えてください。力を持つ者たちに向かって真実を語り、正義に反する政策に対して抗議を続けているすべての人々に感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ヒューマン・ライツ・ウォッチは「越えられた一線」と題された新しい報告で、イスラエルがアパルトヘイトの犯罪を犯し、イスラエル及び占領地域でパレスチナ人を迫害していると述べています。ユダヤ系イスラエル人が自国市民を含むパレスチナ人に対して支配を維持するための政策をイスラエルは取っていると述べています。
https://www.hrw.org/ja/news/2021/04/27/abusive-israeli-policies-constitute-crimes-apartheid-persecution

主よ、どうか国際社会がこの報告の調査結果に目を留め、イスラエルによるパレスチナ人に対する差別と抑圧を徹底的に調査しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#ユリウス暦を用いている教会は、今年は5月2日にイースターを祝いました。

主イエス、わたしたちの善き羊飼いよ、日曜日にイースターを祝ったすべての人々のことを覚えて、あなたに心を向けます。あなたがわたしたちのためにいのちを献げてくださったことを覚え、あなたの声を聞き、あなたに従います。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#パレスチナ・ジャーナリスト協会が、ガザのラワ・アブ・モルシェッドが最近受けた暴行を非難しました。彼女はハマスの士官にヒジャブを被っていないことを罵られ、棒で殴打されました。彼女は病院に行って治療を受けなければなりませんでした。

主よ、どうかラワが速やかに回復しますように。ラワを罵り、暴行した者の責任が問われますように。どうか人々が互いの自由を尊重し、このような行為が許されたり、正当化されたりするようなことが決してありませんように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

#世界教会協議会(WCC)に連なって祈りましょう

神よ、アフガニスタン・イスラム共和国、カザフスタン共和国、キルギス共和国、モンゴル国、タジキスタン共和国、トルクメニスタン、ウズベキスタン共和国に生きる人々を覚えて感謝をささげます。中央アジアの国々のどこまでも続く山々、草原、砂漠の広がりのゆえに。この地域の豊かな自然資源のゆえに。驚くべき民族的多様性のゆえに。近代化がもたらす困難の只中で何世紀も保たれてきた文化的伝統、慣習のゆえに。ごく少数の集団であるにもかかわらず、勇敢に福音を証しし、み言葉に従って生きているキリスト者たちのゆえに。危険があるにもかかわらず、自らのいのちをかけて他者に奉仕する人々のゆえに。憐れみ深い主よ、わたしたちの嘆願をお聞きください。貧困と抑圧的支配に苦しむ人々のために祈ります。部族主義、伝統主義、近代化にかかわる衝突が止みますように。人間の濫用によって汚染されてきた大地、大気、水が回復されますように。イスラム教徒とキリスト教徒の間によい関係が築かれますように。弾圧と暴力が止みますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください

more
« Older Entries