Archive for the ‘今週の祈り’ Category

礼拝覚書(9) ルブリック(礼拝細字規定)

By Michinori ManoNo Comments 16 6月

聖ヒッポリュトスは紀元215年頃に『使徒伝承』を著しました。彼は、「よく教えを受けた者が、わたしたちの説明に耳を傾け、現在まで受け継がれてきた伝承を守り、理解し、確信が持てるようにするために、わたしたちは教会の認める伝承の真髄に、諸聖徒への愛に促されて触れていこう」と述べて、礼拝の心得、組織、所作、祈りの言葉を記しています。

わたしたちの用いている祈祷書は、いわばその『使徒伝承』の系譜を引くもので、単なる礼拝式文集ではなく、教会の在り方を教えるものです。『使徒伝承』には、祈祷文の他に、例えば、「教えを受けるために、連れてこられた人の携わっている仕事と職業について調べられる。…権力のもとにある兵士は人を殺してはならない。人を殺すように命令されても実行してはならないし、誓ってもならない。もし、これを望まないなら、退けられる」というように、具体的な指示が記されています。このような指示は後に赤インクで筆写あるいは印刷されるようになって、ルブリックと呼ばれるようになりました。日本語では「礼拝細字規定」と呼びます(カトリックではルブリカ=典礼注記)。わたしたちの祈祷書では、それは小文字で記されています。

「私たちが、ルブリックに従い、教会の伝統的な作法や慣行によって、共に礼拝する事により、祈祷書は、ただ一冊の書物であることから、私たちの教会の、生きた礼拝の書となります。」(『信徒ハンドブック』, 日本聖公会教務院編, 1968)

各式の冒頭に置かれたルブリックには、その式の意味や心得が記されています。朝夕の礼拝(p.18)、嘆願(p.98)、聖餐式(p.159-161)、教会問答(p.258)、入信の式(p.268)、個人懺悔(p.298)、聖婚式(p.300)、誕生感謝の祈り(p.317)、病人訪問の式(p.323)、葬送の式(p.346)等で記されていることは、信徒に向けて書かれていることですから、読んでおくようにしましょう。ルブリックだけでなく、折にふれ、本文を読むことも大切なことです。

「歌いまたは唱える」等、具体的な指示を内容とする式中のルブリックは、改めて目に留める必要を感じないかもしれません。しかし、礼拝は決まった形を繰り返せばよいというものではありません。それが生きた祈りとなるように、その教会の現実の中で常に新たに解釈され、実践されなければならないものです。それは司祭の仕事だと思われるかもしれませんが、司祭は会衆の理解がなければ変えられないものです。ルブリックの部分にも関心を持ってくださればと思います。

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/6/13

By Michinori ManoNo Comments 13 6月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

# 先週は帰還大行進に替えて、ラマダンの終わりを祝うためにイド・アル=フィトルの祈りがささげられました。5月21日から6月3日までの間に、国連人道問題調整事務所(UNOCHA)によると計234人のパレスチナ人がイスラエル軍によって負傷させられました。

主よ、ガザに生きるイスラム教徒の兄弟姉妹が絶望的な状況にもかかわらずイド・アル=フィトルを祝うことができたと聞き、心に喜びを与えられました。どうかイスラエルの政権が、ガザの人々を抑圧し続けることはできないこと、その帰還の権利は認められなければならないことを認識しますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/6/6

By Michinori ManoNo Comments 5 6月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#5月31日金曜日、「帰還の権利と封鎖解除を求める大行進」がガザとイスラエルの境界線で行われました。その日はたまたまラマダンの最後の金曜日に毎年記念されている国際クッズ(エルサレム)・デイでもありました。イスラエル軍の実弾射撃を受けて、1人の子どもを含む少なくとも7人のパレスチナ人が負傷しました。

愛する主よ、抗議活動をしていて負傷した人々のために祈ります。帰還の権利を求めて抗議を続けているガザの人々のために祈ります。生活を維持できなくしている12年続くガザの封鎖が止むことを求めて祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/5/30

By Michinori ManoNo Comments 30 5月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#ガザの「帰還大行進」で、ボランティアの救急隊員1人、フォトジャーナリスト1人を含む16人が負傷しました。2018年3月30日「土地の日」にこの抗議行動が始まって以来、イスラエル兵は、子ども、救急隊員、ジャーナリストを含むパレスチナ人307人を殺害し、2万9千人以上を負傷させています。

主よ、ガザの境界線で行われている抗議行動で負傷した人々のために祈ります。どうかパレスチナ難民の帰還の権利が認められますように。ガザの封鎖が止みますように。ガザは来年までに人が住めない場所になるだろうと国連が警告を繰り返しています。どうか国際社会が危険なほどに不足している食糧や医療品の支援に取り組みますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/5/23

By Michinori ManoNo Comments 23 5月

#先週は帰還大行進は取りやめになりました。この1年間でまだ2回目です。その2日前、5月15日水曜日にガザで大規模な抗議行動が行われていました。ナクバを記念し、帰還の権利の承認を求める行動でした。数万人のデモ参加者に対してイスラエル軍は実弾と催涙弾を使って、65人のガザの住民が負傷しました。

主よ、ガザでデモに参加して負傷したすべての人々のために祈ります。どうかガザの封鎖が終わりますように。パレスチナ難民の帰還の権利が認められますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/5/16

By Michinori ManoNo Comments 17 5月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#「帰還の権利と封鎖解除を求める大行進」は先週金曜日も行われました。主催者は、非暴力をまもるように、またフェンスに近づかないようにと呼びかけています。アブダラ・アベド・アルアイル、24歳が実弾で射殺されました。他に4人の子ども、1人の救急隊員を含む三〇人が負傷しました。

主よ、祈りをお聞きください。どうか抗議活動をしているパレスチナ人の安全が守られますように。かれらの正当なる要求が応えられますように。負傷者が速やかに癒されますように。嘆いているアブダラの家族が慰めを見いだせますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/5/9

By Michinori ManoNo Comments 10 5月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#ガザの住民3人が殺害された「帰還の権利と封鎖解除を求める大行進」の後、ガザの状況は再び絶望的なものになっています。ガザの武装勢力が数百のロケット弾を発射し、それに対する報復としてイスラエルが空爆を行い、イスラエル人4人、パレスチナ人23人が死に、多くの人が負傷しました。空爆は、その多くは尊厳と自由の内に生きたいと願う平和的なガザの人々に対する残酷な懲罰です。今週初めからエジプトの仲介による停戦に入りましたが、こうした戦闘行為の中断はいつ破られるか分かりません。

平和の神よ、持続する本当の停戦が実現しますように。民間人が守られますように。海も陸もイスラエルによって封鎖されて、ガザは水、電気、医療用品が不足し、疫病に襲われ、その人道的危機は止む見込みがありません。主よ、ガザに生きるあなたの民を慰めてください。その隠れ場に、破壊された地域共同体に、過密状態の病院に、水の配給を待つ長い列に、共にいてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/5/2

By Michinori ManoNo Comments 3 5月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#4月26日、ガザ地区東部で、第56回目の帰還の権利と封鎖解除を求める大行進が行われた金曜日、イスラエル軍は平和的に抗議している者たちに過剰な武力を行使し、37人の子ども、3人の女性、4人の救急隊員、1人のジャーナリストを含む110人の市民を負傷させました。内2人は重傷です。

主よ、抗議活動で負傷したすべての人々のために祈ります。どうか正義に立つ平和が交渉によって合意され、平和がもたらされ、ガザの難民に帰還の権利を得ますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/4/25

By Michinori ManoNo Comments 25 4月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#イスラエル当局は、ユダヤ教の過越祭の期間(4/19-27)、1週間に渡って西岸地区とガザ地区を封鎖すると発表しました。西岸地区、ガザ地区に通じるすべての検問所は封鎖され、例外的なケースを除いて、普段使われている許可証での入国がすべてできなくなります。

主よ、この封鎖によって影響を受ける人々のために祈ります。多くのパレスチナ人が貧困の中で生きていて、この封鎖によって生活がさらに困難になります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/4/18

By Michinori ManoNo Comments 18 4月

※ このサビール「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#4月12日金曜日、ガザとイスラエルの境界線で、何百人ものパレスチナ人が「帰還大行進」に参加しました。15歳の少年、マイサラ・シャルーフが実弾射撃を受けて亡くなりました。他に17人の子ども、3人の救急隊員、1人のジャーナリストを含む93人が負傷しました。 (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/4/11

By Michinori ManoNo Comments 11 4月

※ 「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#4月5日金曜日、ガザ市東方のイスラエルとの境界線での抗議活動で、84人のパレスチナ人がイスラエル兵の実弾射撃を受けて負傷しました。内1人は重傷です。

主よ、境界線での抗議活動で負傷したすべての人々のために祈ります。どうか抗議活動に参加している人々に強さと決意が与えられ、早く努力が実りますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/4/4

By Michinori ManoNo Comments 4 4月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#ガザからのロケット弾発射とイスラエル軍による激しい報復爆撃があったため、金曜日の「帰還大行進」は普段よりも小さな規模で行われました。翌30日土曜日、「土地の日」を記念して何万人もの人々がフェンスに向かって行進して、自分たちの土地への帰還の権利を訴えました。ほとんどの人は平和的な仕方で抗議しましたが、イスラエル軍の実弾と催涙弾を受けて207人が負傷し、4人の若者が殺害されました。

主よ、権利を訴えて平和的に抗議する人々のために祈ります。命を失った人を悼み、負傷した人のために祈ります。どうかイスラエルの軍と政府に知恵を与えて、かれらが国際法を守り、ガザの人々に課している抑圧的な制限を取り除くようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/3/28

By Michinori ManoNo Comments 27 3月

※ 「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#先週金曜日に行われた「帰還大行進」で、2人のパレスチナ人がイスラエル兵の実弾射撃によって殺害されました。他に55人が負傷しました。

主よ、負傷したすべての人々のために祈ります。ニダル・シャタットとジェハド・モニエの死を悼む彼らの家族のために祈ります。どうかガザの封鎖が平和裡に終わりますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/3/21

By Michinori ManoNo Comments 21 3月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#第51回目の「帰還大行進」は延期となりました。参加者の命を守るためです。前の晩、ガザからテルアビブに向けてロケット弾が発射されて、イスラエルと一触即発の事態になっていたためです。ガザを統治するハマスは、税の引き上げに反対するデモに参加した人々の家を襲撃し、数十人の人々を逮捕しました。生活と経済の改善を求めて何百人もの人々が街頭で抗議を続けています。

主よ、どうかガザの人々が平和裡に抗議する権利が守られますように。イスラエル軍からもハマス政府からも脅かされることがありませんように。すべての立場の人々に知恵と潔さを与え、すべての敵対関係が平和的に解決されますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/3/14

By Michinori ManoNo Comments 14 3月

※ 「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#第50回目の「帰還大行進」が行われました。これは、1948年以来イスラエルによって占領されている故郷に帰還する権利を求めて、ガザとイスラエルの境界線で毎週金曜日に行われている抗議活動です。ガザ保健省によると、パレスチナ人の若者、タメル・カレド・ムスタファが殺害され、他に1人が致命傷を負いました。40人以上が実弾射撃を受けて負傷しました。

主よ、タメルとサイフの家族のために祈ります。抗議活動で負傷した多くの人々のために祈ります。どうか和平交渉に進展がありますように。ガザの封鎖が終わりますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/3/7

By Michinori ManoNo Comments 7 3月

※ このサビール「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#包囲されているガザ地区がイスラエルの戦闘機によって空爆を受けました。ハマス運動が使っている建物が標的にされました。数週間にわたって、数百人ものパレスチナ難民が夜間に抗議を行ってきました。タイヤを燃やし、拡声器でスローガンを連呼しています。このデモは「ナイト・コンヒュージョン(夜を乱す)」部隊と呼ばれています。ガザの境界線で毎週行われている「帰還大行進」も続けられていて、何十人もがイスラエル軍に撃たれて負傷しました。

主よ、不可能な状況で生きているガザの人々の苦しみを終わらせてください。自由を得るために創造的な方法を用いて非暴力抵抗を続けているすべての人々のゆえに感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/2/28

By Michinori ManoNo Comments 28 2月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#2019年2月22日金曜日、第48回目となった「帰還大行進」で、大半が平和的に抗議していたパレスチナ人の参加者に向かってイスラエル軍は過剰な暴力をふるい、15歳の少年を殺害し、115人の市民を負傷させました。その中には16人の子ども、10人の女性、1人のジャーナリストが含まれます。12歳の少年を含む3人の負傷者は深刻な容態です。

主よ、どうか抗議活動をしているパレスチナの人々の安全を守りください。かれらが非暴力主義を貫くことができるようにしてください。負傷した人々が速やかに回復できますように。嘆く家族が慰めを見いだすことができますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/2/21

By Michinori ManoNo Comments 21 2月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#連続47回目となる「帰還大行進」がガザとイスラエルの境界線で金曜日に行われました。実弾を使うイスラエル軍によって、少なくとも60人のパレスチナ人が負傷しました。

主よ、抗議活動で怪我をしたすべての人のために祈ります。主よ、どうか和平交渉が進み、ガザの封鎖に正義の終止符が打たれますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/2/14

By Michinori ManoNo Comments 14 2月

※ 「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#「帰還大行進」がガザとイスラエルの境界線で続いています。2人の10代の少年、ハッサン・シャラビ、14歳と、ハムザ・ムハンマド、17歳が、イスラエル軍に実弾で撃たれて殺害されました。イスラエル軍は、抗議活動をしている者たちに向かって、実弾、催涙弾、スカンク・ウォーターを使い続けています。

いのちの神よ、どうすることもできない理解を超えた恐怖の中に捕らわれている子ども、若者のために祈ります。殺害された者、障害を負わされた者、家族を奪われた者のために祈ります。将来を奪い取られた者のために祈ります。何の機会も移動の自由も希望もなく、寒々とした人生を生きている者のために祈ります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2019/2/7

By Michinori ManoNo Comments 7 2月

※この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#2月1日金曜日、「帰還大行進」が続けられました。ガザ保健局の報告によると、イスラエルとの境界線でイスラエル軍による実弾射撃を受けて32人が負傷しました。

主よ、毎週、ガザでは負傷者、死者が出ています。状況は絶望的です。どうか人々の苦しみとガザ封鎖を終わらせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more
« Older Entries