Archive for the ‘今週の祈り’ Category

Sabeel Wave of Prayer 2022/5/12

By Michinori ManoNo Comments 13 5月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#20年以上をかけた法廷での争いの末、5月4日水曜日、イスラエル最高裁はヘブロン南部丘陵のマサフェル・ヤッタ地区は兵士以外は立ち入りが許されない軍事区域であるとしました。この判決によって、そこに住む1200人あまりのパレスチナ人が土地を奪われ、強制移住させられることになります。
https://www.theguardian.com/world/2022/may/05/israeli-court-evict-1000-palestinians-west-bank-area
https://www.timesofisrael.com/jordan-warns-against-eviction-of-palestinians-in-south-hebron-hills-area/
https://www.btselem.org/press_release/20220505_international_community_must_prevent_the_forcible_transfer_of_masafer_yatta_communities_approved_by_hcj

憐れみ深い主よ、わたしたちの叫びをお聞きください。イスラエル当局が国際人道法に反して司法制度を用い、さらに多くのパレスチナ人から住まいを奪っています。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/5/2

By Michinori ManoNo Comments 4 5月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今年のイード・アル=フィトルの祭りは5月2日月曜日に祝われます。この三日間の祭りは、聖なる月ラマダンの30日間、夜明けから日没まで守られる断食の終わりを画するものです。この特別な時に多くのパレスチナ人が礼拝するためにイスラエル軍の検問所を通って占領下東エルサレムにあるアル=アクサ・モスクを訪ねようとします。しかし、イスラエル当局はイスラエルの祝日であることを理由として西岸地区とガザ地区を軍事的に封鎖しました。

主よ、イード・アル=フィトルの間、イスラム教徒が平和裡に家族で集まって祝うことができるようにしてください。イスラエル当局がアル=アクサの境内地に兵士を送って暴力的衝突を扇動しませんように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/4/21

By Michinori ManoNo Comments 21 4月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#ユリウス暦を使う東方正教会は今週、4月24日に祝うイースターの準備をしています。

主よ、感謝をささげます。様々な伝統の教会が喜ばしいイースターを祝っています。心に失われることのない希望と感謝をもって、十字架にかけられ、復活された神のみ子の御前にまいります。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/4/14

By Michinori ManoNo Comments 13 4月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週の非暴力行動クミ・ナウは、パレスチナ人の住まいを破壊するイスラエルの政策の問題を取り上げました。イスラエル当局はパレスチナ人には建築許可を滅多に出すことがないため、パレスチナ人は許可なしに建築することを余儀なくされています。多くの家族が、それを問題にされて取り壊すように命令を受け、高額な取り壊し費用を請求されないように自分で自分の家を取り壊しています。イスラエル軍は土地を利用するためや懲罰を与えるためにもパレスチナ人の家を破壊しています。来週は、4月17日のパレスチナ人囚人の日を覚え、行政拘留の問題を取り上げます。
https://kuminow.com/homedemolitions/

主よ、どうかイスラエル当局がパレスチナ人を追い出すために家屋破壊を手段に用いることをやめますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/4/7

By Michinori ManoNo Comments 7 4月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#4月5日火曜日、非暴力行動クミ・ナウは、パレスチナの子どもの日を記念して、イスラエルで収監されているパレスチナの子どもたちに焦点を当てました。2021年12月の時点で、イスラエル内の145人の子どもたちが安全保障に関わる囚人として拘束されています。イスラエル兵は毎日、西岸地区のパレスチナ人居住区で10件以上の捜索・逮捕を行っています。来週4月12日火曜日は家屋破壊を取り上げます。
https://kuminow.com/minorsinmilitarycourts/

主よ、夜間に行われる逮捕、裁判、家族から遠く引き離されての収監などによって心を傷つけられているパレスチナの子どもたちのために祈ります。どうか国際法違反を非難されながらも続けられているイスラエル軍による子どもの残虐な扱いが止みますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/3/31

By Michinori ManoNo Comments 2 4月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#キリスト教徒は大斎節を過ごしていますが、イスラム教徒は4月1日からラマダン(断食月)に入ります。4月には聖都エルサレムで地域の住民も訪問者も様々な祝祭を祝います。キリスト教徒はイースターを、イスラム教徒はラマダンを、ユダヤ教徒は過越祭を祝います。

主よ、この大切な時期にエルサレムが平和の町でありますように。礼拝に来た人が各々の聖所に行くことを妨げられず、また故なき襲撃を受ける心配をしないですみますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/3/24

By Michinori ManoNo Comments 23 3月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#サビール・ナザレのミーティングに30人以上の女性が参加しました。パレスチナの春の始まりを祝い、国際女性デーおよび母の日を記念しました。

愛する主よ、パレスチナで春の花々が咲き、木々が芽吹くのを見、あなたの恵みに感謝します。今しばらくの時、パレスチナの人々にとって、また世界の人々にとって重大な意味を持ったこの一ヶ月の日々を思い起こします。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/3/17

By Michinori ManoNo Comments 17 3月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#先週、サビールはエルサレムの様々な教会に所属する女性45人を招き、サビールの女性のための活動計画について話し合いました。

主よ、あなたの目にはすべての信仰者は選ばれたかけがえのない存在です。わたしたちは皆、寄与できるものを持っています。様々な伝統の教会に属する多くの女性たちのサビールの活動への意見を聞く機会があったことを感謝します。どうか活動に参加する女性たちが祝福され、友情と助け合いの絆を強められますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/3/10

By Michinori ManoNo Comments 10 3月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#先週、エルサレムで開催されたローマ・カトリックの教区会議にソーサン・ビタルが招かれ、サビールのエキュメニカルな働きについて話しました。

主よ、サビールが聖地で行っているアウトリーチ・プログラムを感謝します。サビールのスタッフに勇気と力を与え、あなたの道を歩むための導きを与える働きを続けられるようにしてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/3/3

By Michinori ManoNo Comments 6 3月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#ベツレヘムの女子サッカーチーム、ディヤルが、4年連続となるナショナル・チャンピオンになりました。

主よ、自分たちの選んだスポーツで秀でようと一心に練習しているベツレヘムの女性たちの熱心と献身を感謝します。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/2/24

By Michinori ManoNo Comments 24 2月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#2月18日金曜日、パレスチナに派遣された人道カントリーチームが占領下東エルサレム・シェイクジャラ地区のサレム一家と面会しました。6人の子どもを含むこの12人家族は3月中にも住まいから強制退去させられる恐れがあります。国連諸機関のメンバーと国際NGOやパレスチナのNGOのメンバーからなるチームは、イスラエル当局に対して東エルサレムのシェイクジャラ地区およびシルワン地区から住民を強制退去させることを止めるように呼びかけました。218家族にこの脅威が差し迫っています。
https://www.timesofisrael.com/court-freezes-eviction-of-palestinian-family-from-sheikh-jarrah-home/

主よ、シェイクジャラに七〇年以上住んできたサレム一家のために祈ります。どうか彼らが強制的に追い出されることがありませんように。イスラエル当局が国際法を遵守し、住民を強制的に追い出し、住まいを取り壊す政策を止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/2/17

By Michinori ManoNo Comments 19 2月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今年、非暴力行動クミ・ナウは、パレスチナ人が直面している様々な困難を新たな目で見、それを乗り越えるためにパレスチナ人が取った創造力に富む方法に光を当てています。2月15日火曜日は、ベツレヘムで女性として最初の市長を務めたヴェラ・バブーンの特集が組まれました。

主よ、クミ・ナウのこの新しいプラットホームによって、七〇年以上にわたってイスラエルの占領下を生きてきたパレスチナの民衆が直面している困難と機会についてより深い理解が与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/2/10

By Michinori ManoNo Comments 9 2月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#2月1日、アムネスティ・インターナショナルが「パレスチナに対するイスラエルのアパルトヘイト」と題した最新の報告を占領下東エルサレムで発表しました。報告は、「占領国イスラエルは残酷な支配の制度を強制し、人道に対する罪を犯してきた」と結論しています。イスラエルの14のNGO、人権団体がそれを支持する声明文に名を連ね、この報告を反セム主義であるとするイスラエル政府による非難に対して憂慮を表明しました。
https://www.amnesty.org/en/latest/campaigns/2022/02/israels-system-of-apartheid/

主よ、どうかイスラエル政府がパレスチナ人に対する差別的慣行を終わらせますように。批判者を反セム主義であると非難して抑圧的政策をめぐる議論を避けることを止めますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/2/3

By Michinori ManoNo Comments 2 2月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#2月1日火曜日、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いが再開しました。毎月第1火曜日は「パレスチナの革新者」シリーズで、これから影響力を持つパレスチナ人を招いて話を聞きます。毎月第3木曜日はパレスチナの状況に関して考えられる解決の道について話を聞きます。
https://kuminow.com/innovators/

主よ、非暴力行動クミ・ナウのオンラインの集いの新たなシリーズが始まります。どうか関係者にプログラムに必要な知識と理解をお与えください。参加する人に聴く耳と正義に立つ平和のために行動する心をお与えください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/1/27

By Michinori ManoNo Comments 27 1月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#1月19日水曜日、イスラエル軍が東エルサレムのシェイクジャラ地区でサルヒヤ氏とその家族を家から強制的に退去させました。障がいのある子どもたちのための学校を作るため、としています。これまでは一家や連帯する人々の平和的抵抗を受けて退去させられずにいましたが、この日は早朝に来て家族を退去させ、家とその周辺の建造物を取り壊しました。
https://www.afpbb.com/articles/-/3386447

主よ、また家と仕事を奪われた家族のことを聞いて嘆き悲しんでいます。どうかサルヒヤ家の人々を慰め、強めてください。強制立ち退き、家屋破壊をイスラエルが止めないことに対して、どうか国際社会が声を上げるよりも行動を起こしますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/1/20

By Michinori ManoNo Comments 22 1月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#82歳のユダヤ人女性が党員となっている英国の労働党から反セム主義の疑いをかけられ、調査されています。これで三年間で三回目であり、彼女は反シオニズムという信条を根拠にして違法に差別されたとして、労働党に対して法廷闘争を辞さないと述べています。
https://www.theguardian.com/politics/2021/dec/20/jewish-woman-accused-antisemitism-labour-threatens-sue-anti-zionism

主よ、不当に訴えられているすべての人々のために祈ります。反セム主義を定義しようとしている人々が反セム主義と反シオニズムの違いを理解できるようにしてください。かれらの言葉と行いにおける過ちを悟らせてください。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2022/1/13

By Michinori ManoNo Comments 12 1月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#2022年度の非暴力行動クミ・ナウが始まりました。毎週、その週のトピックについて情報が発信されます。2月1日からはウェビナーを毎月第1週および第3週の火曜日、午後6時から(日本時間午前1時)開催します。影響力があり、創造力に富むパレスチナ人が講師に招かれます。また2月15日にはパネルディスカッションが行われます。詳しいことは案内をお待ちください。
https://kuminow.com/doingbusiness/

主よ、非暴力行動クミ・ナウが今年も取り組まれます。どうか関わるすべての人にとってウェビナーが興味深く、新しい知見を得られるものとなりますように。聖地における正義に立つ平和がかつてないほど遠くに思われる今、そのために働く人がクミ・ナウで提供される情報によって励まされますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/12/30

By Michinori ManoNo Comments 31 12月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#12月28日火曜日、非暴力行動クミ・ナウのオンライン・セッションはヨルダンと聖地の福音ルーテル教会の名誉監督ムニブ・ユーナン師の話を聞きました。ユーナン監督は聖地のクリスチャンについて話しました。今週が非暴力行動クミ・ナウの年度最後の週です。休みをとって今後について話し合われます。
https://kuminow.com/christiansintheholyland/

主よ、クミ・ナウの取り組みを通して正義、被排他性、非暴力のために尽くしてきた人々のゆえに感謝します。新年度を迎え、新たな計画のもとに取り組まれるクミ・ナウのために、どうか彼らが献身を続けますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/12/23

By Michinori ManoNo Comments 22 12月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#今週、非暴力行動クミ・ナウのオンライン・セッションはシリア・ゴラン高原に焦点を当てました。ゴラン高原のシリア人は、イスラエルの軍事行動や入植地からの観光の振興の脅威にさらされながら生活しています。来週火曜日は、聖地のクリスチャンに焦点を当てます。
https://kuminow.com/syriangolan/

主よ、多くの苦しみを受けているシリア人のために祈ります。ゴラン高原やその他の地域に生きるシリア人に平和と正義が与えられますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2021/12/16

By Michinori ManoNo Comments 16 12月

※ この「祈りの波」は、毎週木曜日の正午、東エルサレムのサビール・エキュメニカル解放神学センターの祈祷会でささげられている嘆願です。名称には祈りが波のように世界中に広がるようにという願いが込められています。

#火曜日の非暴力行動クミ・ナウのオンライン・セッションは1948年に強制的に立ち退かされたパレスチナ難民の帰還の権利に焦点が当てられました。12月21日火曜日は、シリア・ゴラン高原について話を聞きます。

主よ、70年以上続く不正義を終わらせてください。難民、国内避難民となっているパレスチナ人が、今どこにいようとも、帰還して住まいと伝統を再建する権利がどうか保障されますように。主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (さらに…)

more
« Older Entries