Archive for the ‘今週の祈り’ Category

Sabeel Wave of Prayers 2018/6/14

By Michinori ManoNo Comments 14 Jun

※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。

# 金曜日、イスラエル兵が15歳の少年ハイサム・アル=ジャマルと他に3人を射殺、92人に怪我を負わせました。この11週間で、ガザ境界線でのデモに参加していた100人以上のパレスチナ人が殺害されています。

主よ、恐ろしいほど多くの命が失われています。どうかこの虐殺を終わらせてください。どうかパレスチナ人が自分たちの故郷で尊厳と正義を享受して平和に暮らすことができるようにしてください。

主なる神よ、みこころがおこなわれますように (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/6/7

By Michinori ManoNo Comments 9 Jun

※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。

# イスラエルの狙撃兵が21歳の看護師ラザン・アシュラフ・アル=ナジャルを射殺しました。ガザのイスラエルとの境界線で行われているデモの最中、傷ついた抗議活動参加者を手当てしているところを背後から撃たれました。3月30日にガザで「帰還大行進」が始まってから、子どもやジャーナリストを含む119人のパレスチナ人が殺害され、何千人ものパレスチナ人が怪我を負いました。

主よ、ガザからの気の重くなるニュースを聞くわたしたちを、どうかあなたの霊が慰めてくださいますように。抗議行動をしている人々が非暴力に徹しますように。どうかパレスチナ人が自由を回復し、自分の土地に帰ることができますように。ラザンの死を悼む家族、友人、同僚のことを覚えます。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/5/31

By Michinori ManoNo Comments 30 May

※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。

# 「帰還大行進」の9週目、7人の子どもを含む、100人以上のパレスチナ人が、イスラエルの狙撃兵に撃たれ、負傷しました。10年続く封鎖のために、ガザでは、負傷した人々を手当てするための医薬品が絶望的に不足しています。

主よ、抗議活動を続けているパレスチナの人々の安全をお守りください。非暴力主義を貫けるようにしてください。愛する神よ、どうか負傷した者たちに速やかな回復を、家族を悼む人々に慰めをお与えください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/5/24

By Michinori ManoNo Comments 23 May

※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。

# 5月14日月曜日、パレスチナで虐殺が起きました。1日で61人のパレスチナ人がイスラエル軍に殺害されました。その中には8人の子どもが含まれます。2日間で、225人の子ども、86人の女性を含む2771人がイスラエル軍によって傷つけられました。ガザの人々の苦難と絶望は耐えることのできない域に達しています。それに加えて、ナクバ(大破局)から70年という時に、米国大使館がエルサレムに移転されたのです。

主よ、わたしたちは怒りを抑えられません。どうか正義のための働きを続けられるように、また忍耐強く平和と正義を呼びかけられるように、わたしたちの心の中で聖霊が働いて、助けてくださいますように。愛する神よ、どうか家族を悼む人々に憐れみと慰めをお与えください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/5/17

By Michinori ManoNo Comments 17 May

# 5月11日金曜日、ガザで行われている抗議行動「帰還大行進」は第7週に入りました。何千人ものパレスチナ人が難民の帰還の権利を求めて、イスラエルとの境界線でデモに参加しています。3月30日に始まって以来、少なくとも88人のパレスチナ人がイスラエル軍によって殺害されました。

主よ、抗議行動に参加している人々の安全をお守りください。どうか彼らの叫びをお聞きください。国際社会がパレスチナ難民の帰還の権利を支持して声をあげますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/5/10

By Michinori ManoNo Comments 12 May

(※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。)

# 3月27日から4月9日までの間に、国連の記録によれば、占領下西岸地区でイスラエル軍によって159回の襲撃が行われました。3月30日金曜日の夜明け前、ヘブロンで、息子が拘束されるのを阻止しようとしたパレスチナ人の母親がイスラエル兵から暴行を受けて、腕を骨折しました。4月2日月曜日には西岸地区で少なくとも20人のパレスチナ人が夜明けの襲撃で拘束されました。その中には父子も含まれます。

愛する神よ、どうかイスラエルによるパレスチナ占領を終わらせてください。占領が生む恐怖や悲惨を終わらせてください。イスラエル軍の監獄に囚われているパレスチナの人々のことを覚えます。どうか彼らが釈放されますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください。 (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/5/3

By Michinori ManoNo Comments 3 May

※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。

# 先週月曜日、聾の若者タフリル・モハムード・ワハバ、18歳が、ガザで行われている「帰還の大行進」に参加していて負った傷が原因で亡くなりました。この抗議活動は5週間続いていて、これまでに45人のパレスチナ人が殺害され、5500人が負傷しました。

主よ、愛する者を失ったすべての家族のために、ことにタフリルの家族のために祈ります。またイスラエル国の軍隊によって怪我を負わされたすべての人の回復を祈ります。どうか非暴力抗議行動に参加している人々の安全が守られますように。かれらは国際的に認められたパレスチナ難民の帰還の権利のために抗議行動を行っています。 (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/4/26

By Michinori ManoNo Comments 26 Apr

※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。

# 先週水曜日、ヘブロン旧市街の近く、アル=サライメで、イスラエル人入植者たちが学校から帰ろうとしていたパレスチナ人の学生数人に向かって汚い言葉を浴びせました。土曜日、ヘブロンで、イスラエル人入植者の一団がパレスチナ人の一家を襲い、二軒の家屋を奪おうとしました。

主よ、占領下パレスチナに来て、身を護るすべを持たない市民に対する暴力を明らかにし、記録している国際監視員たちのゆえに感謝をささげます。どうかパレスチナ人の家族を、子どもたちを襲撃している者たちが国際法廷で責任を問われる日が来ますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/4/19

By Michinori ManoNo Comments 18 Apr

Sabeel Wave of Prayer 2018/4/19

(※ この嘆願は、毎週木曜日正午に東エルサレムでパレスチナのキリスト者が集まってささげているエキュメニカルな礼拝のために用意されたもので、波が伝わっていくように世界中で祈りを共にしてほしいという願いが込められて配信されています。)

Jarah al-Hawamdeh

# 3月30日に抗議活動「帰還大行進」 が始まってから、イスラエル占領軍によってパレスチナ人36人が殺害され、2千人以上が負傷しました。

主よ、パレスチナの人々のゆえに感謝をささげます。抑圧に立ち向かって命を落とす人々のことを思うと胸が痛みます。「義の太陽が昇る。その翼にはいやす力がある」ことを信じる人々のために祈ります(マラキ書3:20)。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/4/12

By Michinori ManoNo Comments 11 Apr

# 先週金曜日、ガザで「帰還大行進」の2回目の抗議行動に何万人も参加しました。これは1948年にイスラエルによって追い出されたパレスチナ難民の帰還の権利を認めることを求めて行われました。この行進に参加した7人のパレスチナ人がイスラエル軍によって殺害され、千人あまりが負傷しました。イスラエルの人権団体ベッツェレムは、デモに参加しているパレスチナ人を撃つ命令を拒むように兵士に求めるキャンペーンを開始しました。

主よ、ガザのパレスチナの人々がこれからも非暴力的な仕方で抗議を表すように祈ります。どうかすべてのパレスチナ難民が故郷に帰還できますように。家族を殺害されて嘆く人々、家族を傷つけられて介抱している人々のことを覚えます。権力者に面と向かって正義と損害賠償を求めて叫ぶ良心の人々のゆえに感謝します。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/4/5

By Michinori ManoNo Comments 6 Apr

# 先週金曜日、ガザとイスラエルの境界線をデモ行進していた何千人もの人々に向かってイスラエル軍が発砲し、17人のパレスチナ人が殺害され、1000人以上のパレスチナ人が負傷しました。この「帰還の大行進」と名付けられた抗議行動は、「土地の日」が最初に記念されてから42年目を迎えたことを覚えて、パレスチナのすべての政治党派の支持を得て複数のパレスチナの市民団体が呼びかけて行われたものでした。

主よ、先週金曜日、イスラエルの占領軍の銃撃の音は国連決議よりも大きく鳴り響くことを改めて認識させられました。ガザに生きる人々、ことに130万人の難民のことを覚えます。犠牲者の家族を覚えて悼みます。怪我を負った人々の回復を祈ります。どうか権力をもつ人々が、勇気をもって行進した人々の姿を見て、正義を求めるパレスチナの叫びを思い起こさせられますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/3/29

By Michinori ManoNo Comments 4 Apr

# 3月30日「土地の日」はパレスチナの人々が毎年守っている記念日です。1976年、イスラエル政府が「安全保障」と「入植」を目的として何千エーカーもの土地を没収する計画を立て、それに対するゼネストがガリラヤで起こりました。イスラエルの軍や警察との衝突の中で、6人のパレスチナ人が殺害され、100人近くが負傷し、数百人が逮捕されました。土地の没収と違法な入植地建設が続いていることを背景として、42年経った今日もこの事件は西岸地区とイスラエルで覚えられています。

すべての人の主よ、過去に為された不正、今なお犯されている不正をご覧ください。事態の改善を期待することはますます難しくなっています。イースターの喜びを待ち望む今、どうかわたしたちを助けて、み言葉に信頼しつづけることができるようにしてください。権力を持つ人々の勇気を新たにして、不正義に反対し、正義に立つ平和のために働くことができるようにしてください。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/3/22

By Michinori ManoNo Comments 22 Mar

# 先週金曜日、サビールはベツレヘムで孤児院の子どもたちを招いてイースターエッグ探しを行いました。90人以上の子どもたちが参加しました。

神よ、悲しみが影を落とす日々を生きる子どもたちと喜びを分かち合う機会を与えられたことを感謝します。イースターエッグ探しに参加した子どもたちを聖霊で満たしてくださって、政治的な懸念、争いから解き放ち、イースターのもたらすよき知らせの内に喜びを経験することができるようにしてくださったことを感謝します。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/3/15

By Michinori ManoNo Comments 15 Mar

# イスラエル議会は、エルサレムに住むパレスチナ人の居住権を「国家への忠誠義務違反」を理由として内務大臣が無効にできるようにする法律を成立させました。内務大臣アリエ・デリは、彼が脅威であると見たパレスチナ人誰からでも居住権を奪えるようになります。

主よ、どうかパレスチナの人々を助けて、愛と正義と平等を求めるあなたの戒めにのみ忠実でありつづけることができるようにしてください。エルサレムとそこに住む人々のために祈ります。どうかイスラエルの政策決定者たちに心を入れ替えさせ、自由を求めるパレスチナ人を威嚇して黙らせようとするそのやり方を放棄させてください。 (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/3/8

By Michinori ManoNo Comments 8 Mar

# シリアは闇に覆われたままです。何十万人も死にました。何百万人も家を失い、安全を求めて故郷だった地から逃れ、難民になっています。

主よ、どうかシリアに無関心になったわたしたちを、あなたの霊によって動かしてください。シリアでは悪の嵐が収まることなく、ただ灰と煙が残されるばかりです。兄弟が相争い、人々は砕かれ、町や村は灰燼に帰しています。愛する神よ、わたしたちは、「彼らは剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする」というあなたの預言者イザヤの言葉が現実になる時を待ちわびています。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/3/1

By Michinori ManoNo Comments 2 Mar

# 先週水曜日、イスラエル軍は東エルサレム近郊のシュファトとベイトハナニアで三つの建造物と一つの家屋を取り壊しました。六人家族が家を失いました。

主よ、イスラエルによる占領下に生きるエルサレムの人々のために祈ります。冬に家を失った家族のことを覚えます。とくに子どもたちのために祈ります。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/2/22

By Michinori ManoNo Comments 21 Feb

# イスラエル当局は、占領下東エルサレムの旧市街の主要な出入口、ダマスカス門に検問所と監視塔を建てました。

主よ、どうかみ霊をもって、エルサレム旧市街に日々出入りする人々を見守ってください。剣によって生きることを主張する力ある者たちが「平和をつくるもの」は正義と平等であって、統制と支配ではないことを理解しますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/2/15

By Michinori ManoNo Comments 21 Feb

# 世界中で祝福されたレント(大斎節・受難節・四旬節)の期節が始まりました。先週金曜日、パレスチナ・イスラエルにおけるレントの意味を考え、交わりを築くため、エリコにナザレ、エルサレムのサビールから101人が集まりました。

どうか聖霊がプログラム参加者にこれからも導きを与えますように。レントの期間中、彼らがこの経験をナザレ、エルサレムの教会のメンバーと分かち合う機会がありますように。パレスチナのキリスト者たちの心と関心がレントに向けて開かれ、ご復活に備えられますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayer 2018/2/8

By Michinori ManoNo Comments 8 Feb

# 先週水曜日、国連人権高等弁務官事務所(UN-OHCHR)が、国際法に反してイスラエル人が占領している西岸地区に違法に建設した入植地と関わって世界の256の企業が事業活動をしていることを明らかにする報告書を出しました。

国連人権高等弁務官事務所が出した報告(企業名は出さなかった。日本の企業は三社が調べを受け、二社が関わっていると認められ、内一社との話し合いがすでにもたれているとのこと。企業名を公表してほしいものです。)

主よ、パレスチナ人の苦しみから利益を得ている貪欲な者たちを明らかにする世界の義の人々のゆえに感謝します。どうかパレスチナ人から盗んだ資源で儲けている企業が悔い改め、その在り方を倫理に適ったものにしますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more

Sabeel Wave of Prayers 2018/2/1

By Michinori ManoNo Comments 31 Jan

# イスラエルの新聞イェディオト・アハロノトの諜報機関担当の記者ローネン・ベルグマンは、彼の新しい著書でイスラエルによる2700件の暗殺を年代順にまとめ、国家による殺人について道徳的、法的な懸念を提起しています。

主よ、イスラエル政府によって裁判もなしに死刑に処せられたすべての人々のことを覚えます。どうか、イスラエルの政策決定者たちが剣を捨て、彼らがその犯罪の責任を問われる日が来ますように。

主よ、御憐れみにより/わたしたちの祈りを聞き入れてください (more…)

more
« Older Entries