Archive for the ‘カヤック, SUP, シュノーケリング’ Category

ロール練習

By Michinori ManoNo Comments 12 6月

これまで短いパドルではできなかったロールができた!(paddle held behind the back roll)これがしっかりできるようになれば、ノルサック後前もできるようになる気がする。レイバック系はエルボ-・ロールと苦手サイドのスパインロールが次の課題。

ロール練習時は風で湖が流れている状態だったが、朝9時頃には風がしずまって鏡面に近い状態に。水中がよく見えた。小魚の大群があちこちでピチピチ飛び跳ねていた。洪庵キャンプ場の前は、ビール缶が大量に湖に投げ込まれていて悲しくなる。

Insta360 One Xを、初めて4K, 50FPSの設定で使ってみた。5.4Kから解像度を落としたらどうなるのかと思ったら、防水ケースに入れて使っていることもあって、目に見えて画質が落ちることはなかった。カヤックのロール練習ではこの設定でよさそう。

more

ロール練習

By Michinori ManoNo Comments 8 6月

体の動きがバラバラになってしまって、ノルサック前前がまたできなくなっていたが、復活の糸口が掴めたような。ノルサック後前もできる気がしてきた。

more

ロール練習

By Michinori ManoNo Comments 1 6月
夏の間は曜日にこだわらず、早朝練習に励むことにした。

more

本栖湖JINROの会

By Michinori ManoNo Comments 6 5月
昨年に続き、GWに昔の仲間たちと本栖湖でキャンプを楽しんだ
more

野尻湖で漕ぐ

By Michinori ManoNo Comments 23 4月
野尻湖にはまだ春が来ていなかった…
more

新パドル&ノルサック

By Michinori ManoNo Comments 15 4月

カナダのジル・エリスに、ロール練習用&ツーリング時のスペアパドルとして、210cmのロックガーデン用パドルを作ってもらった。ギアラボの190cmのストームパドルはロール練習にはよいが、ツーリングで荒れた海で頼れる気がしない。そのため、デッキに収まる長さで、荒れた水面で使えるパドルが欲しかった。

more

ロール練習

By Michinori ManoNo Comments 8 4月
本栖湖溶岩帯で練習
more

湖の色が明るくなった

By Michinori ManoNo Comments 6 3月

本栖湖 連続2周+ロール練習。先週、終わった後に、チュイリックに何カ所か小さな裂け目、劣化が生じているのを発見した。毎回ちゃんと洗ってはいたが、オイルを塗り込んでいなかったためだろう。2年間、夏以外は毎週使っていたので、そろそろ時期だろうか。あと1年使えるだろうか。

more

1ヶ月ぶりのロール練習

By Michinori ManoNo Comments 25 2月

本栖湖2周+ロール練習。気温は3~11度位でもうあたたかく、チュイリックの下にメリノウールを着る必要はもうなさそうだが、水はまだ痛いぐらいに冷たい。1月に入って急にこれまでになく増えた釣り人に嫌な思いをさせられて本栖湖から離れていたが、静かな湖に戻っていた。メディアの影響だったのだろうか。ロール練習を撮るためのドローンの飛ばし方、ドローン自体の練習の仕方についてアイディアが浮かんだので、次回が楽しみ。温泉に着く頃には花粉症の症状が激しく出てきた。今年の花粉の量はすさまじい。

more

フットブレイス作成

By Michinori ManoNo Comments 9 1月
毎週改良してきて、やっと納得いく形になってきました。
more

初漕ぎ

By Michinori ManoNo Comments 8 1月

心臓が止まりそうになる冷たさ!チュイリックの下は、ファイントラックのアクティブスキン+モンベルのスーパーメリノウールのシャツだけ。やっているうちに体があたたまって快適になりましたが、来週は薄手のフリースを重ねようと思います。隣りの精進湖は端が氷結し始めていました。

水中での360撮影ができるということで、画質で優るGoPro Fusionを手放してInsta360 One Xを使い始めたが、なんともアウトドアでの使い勝手が悪い。本体の液晶が外光では読み取りにくく、潜水ケースに入れるとほとんど見えない。防水ケースでも見えにくい。また純正のリモコンは防水性がないために何かに入れなければならず、その上、本体との接続がスムーズに行かない。昨日は、ロールで接続が切れた後に再接続ができなかった。楽しいポテンシャルを持っているが、アクションカムとしての出来はまだまだ。

more

竜ヶ岳

By Michinori ManoNo Comments 19 12月

登山の後にカヤックだったので、ロール練習はちょっと。この順番だと、登山での疲れや痛みが取れるのはいいが、やはりカヤックを十分に楽しむことができない。高密度フォームで作ったフットレストが遠くて漕ぎにくかった。ロールはどんどん下手になっている気が..。

ビデオはほとんど竜ヶ岳と周辺の景色。雪の南アルプスが美しかった。わずかな標高差でも、隣りの雨ヶ岳は雪を冠っていた。本当は山頂で夜明けを迎えたかったのに寝坊してしまったので、年末か年始にもう一度登りたい。

2週間前位から鵜のつがいの1羽がくちばしからルアーをぶらさげていたが、なくなっていてよかった。釣り糸に苦しむ水鳥が多くて、どうにかならないものかと思わされる。昨年は水中で絡まって死ぬところも見た。ゴミを散乱させていくのも釣り人ばかり。

前回竜ヶ岳に登った時にドローンの不具合を確信してメーカーに連絡したら無償で新品に交換してくれたので、似た状況で撮影して確認した。フレアがフレアとして移っていたので、前の機体と違うことは確認できたが、前ほどではないものの帯のノイズが少し入ることがある…。

DJIはサポートに連絡してから手元に交換機が届くまでにわずか1週間だった。Insta360も、ソフトウェアの不具合と思われる症状を伝えたらすぐにファームウェアのアップデートで対応してくれた。中国企業の勢いだろうか。日本企業はすっかりあぐらをかいて、すでにはるかに後塵を拝している観が強い。

more

冬の薄日が続く

By Michinori ManoNo Comments 10 12月

今日はきれいに回れませんでした。本栖湖2周(20km)漕いで、疲れてしまって、帰宅の途中で車を停めて寝ています。運動不足です。今日の気温は-1〜4度でした。#insta360onex #motosuko #greenlandrolling

眞野 玄範さんの投稿 2018年12月9日日曜日

カヤックのフィッティングはばっちり!で、漕ぐのが楽しくなりました。またInsta360 One Xで水中から撮影する方法についても、下に付ける三脚の重さとダイビングケースの浮力がちょうどよくバランスがとれるようになって、これからの撮影が楽しみ!あとは糸を巻き付けておく方法を工夫するだけ。体の調子はどうもいまいちで、ロールは思うように行きませんでした。

more

Vogue Greenlandのフィッティング

By Michinori ManoNo Comments 4 12月

進水式にあたって、先週はサイブレースの調整で高密度フォームのブロックを付けた。デモ艇に試乗して、膝上部があたって痛かったので。 (さらに…)

more

新艇Vogue Greenland進水!

By Michinori ManoNo Comments 28 11月

デモ艇を試乗させてもらったスタジオ・イワナガのVogue Greenlandにカヤックを買い換えました。今までで最も気持ちよいストームロールができました!

これまで使ってきたWaterfield Caanaaq Transam ssはハルが平らなので幅49cmでありながら一次安定性が極めて高く、それこそ初めてカヤックに乗る子どもでも漕げるほどなので、ロールから起き上がった直後にバランスをとりやすく、初めてのロール練習には最適でした。また、長さが547cmもあるのでツーリングもこなせ、佐渡海峡往復もできました。しかしロールの難易度が上がるにつれて、それらの特徴がハードルになってきました。それは練習で克服されるべきだと思っていましたが、ヴォーグにしばらく試乗させてもらって感じを掴んだ後にカナックに戻ったら行き詰まっていた前屈-前屈ノルサックロール、パドル・ヘルド・ビハインド・バックができるようになっていたという経験をして、無理にハードルを高く設定せずに練習する方が上達が早いことを実感。買い換えを決心しました。また、カナックは底が平らな分、わたしの体の大きさでは足の収まるスペースに余裕がなくて、絶えず押しつぶされた形になって、30分も漕げば痛くなり、1時間もすると乗っていられなくなるほど辛くなってしまう、ということもありました。

ヴォーグはハードチャインのハル形状で一次安定性があまりなくて、ロールのフィニッシュで気を抜くと沈してしまいます。でも、これが本来のカヤックの形でしょう。直進性が高く、カナックでは必要なスケグの必要もなく、全く左右にぶれずに水を切り裂いて進みます。わたしの体の大きさではコクピットのサイブレースが腿の真ん中から少し上くらいになってしまって、そのままでは腿が痛くなりますが、デッキ裏に高密度フォームをはりつけてマシックのようにすることで解決しました。コクピットへは体を押し込むような感じですが、スキン・オン・フレームのQajaqに似た感じで、体との一体感もその分高く、ロールがこれまでよりも気持ちよく決まるのもそのおかげかもしれません。フィッティングを詰めれば、もう少し快適になるでしょう。

ビデオの冒頭で使っているInsta360 One Xは今回2つの問題点を経験。ホワイトバランスが撮影中に変わってしまうこと。PCのアプリで、マウスドラッグで見方を設定できるのに、その設定でデータを出力できないこと(スマホのアプリではできる)。

http://studio.iwanaga.jpn.com/

more
« Older Entries