Archive for the ‘– 説教、黙想’ Category

Sabeel Christmas Message 2016

By Michinori ManoNo Comments 10 12月

サビール・クリスマス・メッセージ 2016

いと高きところには神に栄光が、地には平和があって、人には慈しみが示されますように。

親しき友人たちへ

クリスマスは喜びの時です。日々の生活の悲しみや困難の只中にあって、わたしたちにはクリスマスの心が必要です。クリスマスのよき知らせと明るさが必要です。イエス・キリストの誕生は喜びと希望を与えます。「あなたに生まれます。救いをあたえる者、油注がれし者、主が。」わたしたちが日々の困難を切り抜けていくことができるように、クリスマスはつねにわたしたちを回復させ、新たにしてくれます。

しかし、クリスマスの物語は、また、トラウマと悲劇に満ちたものでもあります。幼子キリストの美しさと無垢さと共に、ヘロデのわがままと残酷さ、権力を持つ人々の冷淡さが語られているのです。

このアドベントにクリスマスの物語を読み、そこから何を学ぶことができるでしょうか。 (さらに…)

more

クリスマス・イブのお話

By Michinori ManoNo Comments 28 12月

とんとん。旅装束の若い夫婦が戸をたたきました。しかし、その家は飲めや歌えやの大騒ぎで、何度戸を叩かれても誰も気がつきませんでした。

どこの家も客を迎えて賑わっていました。ふたりはこの町の親戚とは縁遠くて、頼れる家がありませんでした。妻は身ごもっていて、野宿するわけにもいきませんでした。そこで町中の家々を宿を求めて訪ねまわっていたのでした。

この時代、お金を払って泊まるような宿は、数多くありませんでした。そのような宿があっても、しばしばいかがわしい商売の場所になっていたこともあって、旅人が見知らぬ人の家に宿を求めることは普通のことでした。それに、その昔、信仰の父アブラハムが見知らぬ旅人を迎え入れ、気づかずに天使をもてなしたことが、人々の生活の規範になっていました。見知らぬ旅人をよき知らせをもたらす天使を迎えるようにして歓待する慣習があったのです。

しかし、その日、若い夫婦を迎え入れる家は、なかなか見つかりませんでした。 (さらに…)

more

三位一体なる神

By Michinori ManoNo Comments 15 6月

三位一体主日(A年)説教
マタイによる福音書 28:16-20

holy-trinity-icon本日は、三位一体なる神を覚える祝日、「三位一体主日」です。祝日というと、クリスマス、イースターなど、神による救済の歴史的出来事を主題とした日、あるいは、使徒や福音書記者など、人物を記念する日がほとんどですが、今日は、神学的主題を覚える日ということで、少々特殊な祝日です。<教会の宣教の時>を黙想すべき時期である聖霊降臨後の節の始まりにあたって、この三つなる神についての理解を振り返りましょう。 (さらに…)

more

民衆の復活事件としてのペンテコステ

By Michinori ManoNo Comments 9 6月

聖霊降臨日(A年)説教
ヨハネによる福音書14:8-17

holy-spirit◆ 梅雨に入りました。ここ数日、関東地方で降った雨は、6月としては記録的な雨量だったそうですね。スイカやえんどう豆など、畑のツタ植物が急に伸び始めました。

雨が注がれることと聖霊が注がれることはイメージが重なると思いつつ聖餐式聖書日課を確認していたら、聖霊降臨日のB年の旧約の日課はイザヤ書から選ばれていて、天から聖霊が注がれることが雨が降ることに喩えられていました。

「わたしは乾いている地に水を注ぎ、乾いた土地に流れを与える。あなたの子孫にわたしの霊を注ぎ、あなたの末にわたしの祝福を与える」

◆ さて、この聖霊降臨こそは、旧約の民が待ちこがれた<救いの日>の始まりを象徴的に示す出来事でした。

預言者エゼキエルは民に告げました。「『わたしは二度とわが顔を彼らに隠すことなく、わが霊をイスラエルの家に注ぐ』と主なる神は言われる」。

預言者ヨエルは民に告げました。「わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。あなたたちの息子や娘は預言し、老人は夢を見、若者は幻を見る。その日、わたしは、奴隷となっている男女にもわが霊を注ぐ」。

預言者ゼカリヤは民に告げました。「わたしはダビデの家とエルサレムの住民に、憐れみと祈りの霊を注ぐ。彼らは、彼ら自らが刺し貫いた者であるわたしを見つめ、独り子を失ったように嘆き、初子の死を悲しむように悲しむ。その日、エルサレムにはメギド平野におけるハダド・リモンの嘆きのように大きな嘆きが起こる」。

数ある預言の中でも、ゼカリヤの預言で、<その日>=救いの日が、嘆きの日として語られていることに注意をひかれます。どういうことでしょうか。 (さらに…)

more

幸せなら手をたたこう

By Michinori Mano2 Comments 30 5月

2014/5/28,29 山梨英和中学・高校 朝の礼拝での説教

Giotto_-_Scrovegni_-_-38-_-_Ascension「幸せなら手をたたこう」という歌があります。皆さんの多くが「花の日」に歌ったとお聞きしました。この歌がどんな経緯で生まれたのか、お聞きになったことがあるでしょうか。 (さらに…)

more

わたしの父は農夫である

By Michinori Mano2 Comments 25 5月

復活節第6主日(A年)ヨハネによる福音書15:1-8

taiyoujyu丹沢正作という人をご存知でしょうか。明治9年(1876年)に、山梨県西八代郡上野村、今の市川三郷町で生まれた人で、1926年に50歳で亡くなっています。 (さらに…)

more

その石を取り除け

By Michinori ManoNo Comments 6 4月

大斎節第五主日(A年)説教(ヨハネ11:17-44)

Lazarus,_Russian_iconsこの大斎節、キリストによって開かれた永遠のいのちへと至る道をテーマとして、ヨハネ福音書の選ばれた箇所を読んでまいりました。

前半は、まずこの歩みの中で受ける試みの本質について、次にこの道を歩み出すこと、すなわち水による洗礼について、そして、この道を歩み続ける力の源を与えられること、すなわち霊による洗礼について、というように、死からの解放の業を神から<受けること>に重点が置かれていました。

後半に入った先週からは、死からの神の解放の業そのものに重点が移っています。先週は、生まれつきの盲人の癒しのお話でした。神の愛を受け、水と霊から生まれ直したものは、イエスさまをキリストとして見ることができるようになるのだ、聖書の言葉が自分の人生に意味を持つものとして響いてくるようになるのだ、ということが語られていました。

本日の福音書は、イエスさまが死んだラザロを蘇らせる話です。生まれつきの盲人の癒しの話と事柄としては同じことが、さらに覆いが取りはらわれて語られています。イエスさまをキリストとして見ることができるようになる、ということは、イエスさまにおいて私たちは神を見るのですから、神のご臨在のもとに生きるようになるということであって、それは永遠のいのちにあずかるようになることに他ならないからです。 (さらに…)

more

霊の渇き

By Michinori ManoNo Comments 20 3月

大斎節第三主日(A年)説教
出17:1-7, ロマ5:1-11, ヨハ4:5-26,39-42

samaritanwsエジプトから導き出されたイスラエルの民は、その全員が行く手を阻む海を前にして信仰的決断をもって奮い立ち、海に足を踏み入れたわけではなかったでしょう。小太鼓を手にとって踊りながら先頭を行った女預言者ミリアムのような者は少数で、大多数は追ってくるエジプトの戦車隊への恐れに駆られて海に入ったのでしょうし、あるいは家族に従って入ったのでしょう。決断をもって海を渡った者たちでさえ、自由な人間として生きる望みを保ち、荒れ野の生活にくじけなかった者はほとんどいませんでした。まして、死への恐れに駆られて海を渡った者、家族に従って海を渡った者は、身に迫った危険が遠のくや否や、荒れ野を歩み続ける気力を容易に失ってしまったに違いありません。

荒れ野で<飲み水>を見つけられずにモーセに対して民が不満を言い募ったエピソードは、民が歩み続ける気力をなくしてしまったことを象徴しているように思います。人間は、食糧があって体を維持できても、それだけでは満たされません。人生が肯定されている、人生に意味がある、と感じられて初めて、生きる気力、瑞々しい生気を保てるのではないでしょうか。それがある人はそのことを意識しないかもしれません。しかし、それがない人は、なぜ生き続けなければならないのかも分からないと感じ、主は本当に我々の間におられるのかと、主を試す誘惑に直面します。<飲み水>は、生きる気力、生気を蘇らせるもの、人生を肯定的に見ることを可能にするもの、即ち神からの霊を象徴していると考えられます。 (さらに…)

more

天国に入るには

By Michinori ManoNo Comments 16 3月

大斎節第二主日(A年)説教
ヨハネ3:1-17

_jesus-nicodemus先週は、旧約の民が荒野で受けた三つの試練を理解の助けとして、新約の民の頭としてイエスさまが荒野でお受けになった三つの試練とは何であったのかを考えました。

その三つの試練とは、神が霊肉を養ってくださることに信頼して生きることができるか、神が共にいてくださることに信頼して生きることができるか、ただ神のみを主として信頼して生きることができるか、ということでした。

人は、奴隷の身分から贖い出され、神が約束された新しい命に生きることを決断して葦の海を渡ってもなお、人とモノの奴隷として形作られた在り方から心も体も自由ではありません。エジプトから出ればすぐに約束の地で自由な身分の者として新しい生活に入ることできるわけではなく、荒野での40年を通して主の導きによって清められ、新たにされた者だけが約束の地に入ることができるのです。

限りない命への望みを与えられ、恐れと惑いをしずめて神さまに自らを委ね、水による洗礼を受けて古い在り方を捨て、さらにまた、古い在り方に戻らないための戒め、律法を与えられても、それで神の国にふさわしい者になれるわけではありません。 (さらに…)

more

光は闇の中に現れる

By Michinori ManoNo Comments 30 12月

降誕後第一主日(A年)説教

今日は、ヨハネ福音書1章5節に注目したいと思います。5節は、新共同訳では、次のように訳されています。

「光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。」

これはこれで暗い時代を生きるものにとって感動を与えられる言葉になっていますが、聖書学者の田川建三さんは、この5節を次のように訳しています。

「そして光は闇の中に現れる。そして闇はそれを捉えなかった。」

新共同訳とは違うかもしれないけれど、だから何だ?と思われるかもしれませんが、この訳の違いは、案外と大きな理解の違いに繋がりうると思います。 (さらに…)

more

<忍耐>によって命を得る

By Michinori Mano1 Comment 17 11月

聖霊降臨後第26主日(特定28)ルカ 21:5-19

イエス・キリストの弟子として歩む霊的な旅路についての教えをたどってきましたが、いよいよその結びを迎えようとしています。 (さらに…)

more

弟子として歩む覚悟

By Michinori ManoNo Comments 8 9月

聖霊降臨後第16主日(特定18) ルカ 14:25-33

2020年のオリンピック開催地が東京に決まりました。早速、施設などの建設が始まっていくのでしょう。くれぐれも難民・移住労働者、野宿生活者の人権がないがしろにされている東京の現実、そして東日本大震災による被災地の現実、とくに未だに応急的な対応を後手後手に行っているばかりの原発の問題が、このことで覆い隠されてしまうようなことにならないように、緊張感をもって誠実に取り組むきっかけになって欲しいものだと思わされます。

古代ギリシアのオリンピックは紀元前8世紀から約千年間行われました。それを19世紀末に国際的な祭典として復活させたクーベルタン男爵の言葉として、「オリンピックで大切なのは勝つことではなく参加することだ。人生で肝心なのは、人を打ち負かすことではなくて、よく闘うことだからだ」という言葉があります。3年間勤務していた世界YMCA同盟はこのクーベルタン男爵の屋敷を事務所に使っているので関心を持って調べたことがあったのですが、この言葉は、実は、米国聖公会の第15代総裁主教エセルバート・タルボット師父の言葉だということです。 (さらに…)

more

想定外?

By Michinori ManoNo Comments 2 9月

聖霊降臨後第15主日(C年 特定17)シラ書10:12

「高慢の初めは、主から離れること、人の心がその造り主から離れることである。」(シラ書10:12)

IMGP0239_2この2週間、横浜教区、米国聖公会ナバホ・エリア・ミッション、フィリピン聖公会北フィリピン教区、三教区の青年交流プロジェクトで留守に致しました。これは三年間行われるプロジェクトで、今年は日本で行われました。来年はフィリピンで、再来年はナバホランドで行われる予定です。プログラムの中心は、東日本大震災の被災地の巡礼と奉仕活動でした。仙台をベースにして、福島県北端の新地町と宮城県の南三陸町および石巻市を訪ねました。今日は、その中で学んだことを、シラ書10章12節の言葉を導きの糸として、お話しします。 (さらに…)

more

祈る者の希望

By Michinori ManoNo Comments 11 8月

聖霊降臨後第12主日(特定14)ルカ12:32-40

ガリラヤからエルサレムへと十字架に向かう道を歩みながら、弟子たちにお教えになった永遠の命への道について、約1ヶ月半にわたって学んでまいりました。弟子としての心構え、愛の戒め、祈りの姿勢と目的について、学んでまいりました。

ここ2回は、主の祈りに始まって、祈りが主題でした。

前々回は特に祈りの姿勢について考えました。自分は特別に功徳を積んでいる、と誇るようなことはなくても、自分が神の恵みから排除されなければならないような謂われはない、というような思いが心の底に潜んではいないか。そのように、神に対して要求するに足る義が自分にはあるという態度でいるかぎりは、神さまは決して祈りに応えてはくださらない。ただ永遠の命に入らせてくださる神の約束を信じ、恥や外聞を捨てて神の憐れみに信頼し、その御手に自分の願いを委ねるとき、神さまは必要なものを何でも与えてくださるのだ、イエスさまはそうお教えになりました。 (さらに…)

more

愛の実践

By Michinori ManoNo Comments 21 7月

聖霊降臨後第9主日(特定11) ルカ10:38-42

先週の「よきサマリア人のたとえ」と、今週の「マルタとマリア」の話。このふたつは日常生活における愛の実践という主題のもとに並べられています。

これらは読み方によっては、矛盾したことが述べられているようにも読めてしまいます。 (さらに…)

more

人を赦せない者への言葉

By Michinori Mano人を赦せない者への言葉 はコメントを受け付けていません。 17 6月

聖霊降臨後第4主日(C年, 特定6)説教
ルカ7:36-50

先々週からルカによる福音書の第7章をお読みしています。ローマ軍の百人隊長の僕を、百人隊長にもその僕にも会うことなく癒されたという出来事は、列王記下5章に記されている預言者エリシャがシリアの軍司令官ナアマンに指示を与えるだけで会うことなく癒された出来事を思い起こさせるものでした。ナインのやもめの息子が蘇生した出来事は、列王記上17章に記されているエリシャの先生、大預言者エリヤがフェニキア人のやもめの息子を蘇生した出来事を思い起こさせるものでした。そして、その後、今日の箇所の前に、これらの出来事を弟子たちから伝え聞いた洗礼者ヨハネがイエスさまのもとに二人の弟子を遣わして、「来たるべき方は、あなたでしょうか」と尋ねさせた出来事が記されています。

民衆は、イエスさまにおいて確かに神が働かれていることを見て取りました。神が自分たちを顧み、訪れてくださったことを喜び、しかし、イエスさま、その人のことは、「大預言者が我々の間に現れた」と言い、エリシャやエリヤと重ねて見る他、実のところ、どういう方なのかは見当を付けられないでいました。その中にあって、洗礼者ヨハネは、イエスさまのことを「来たるべき方」なのではないかと考えたのでした。

ヨハネの弟子たちを帰した後、イエスさまは洗礼者ヨハネのことを「預言者以上のものである」「『見よ、わたしはあなたより先に使者を遣わし、あなたの前に道を準備させよう』と書いてあるのは、この人のことだ」と述べます。洗礼者ヨハネが「預言者以上のもの」であるならば、ではイエスさまは一体どういう方なのか。それが本日の福音書でテーマになっています。 (さらに…)

more

もう泣かなくてよい

By Michinori ManoNo Comments 12 6月

聖霊降臨後第3主日(C年)説教(ルカ7:11-17)

今週の福音書は、先週の百人隊長の話に続く箇所です。「それから間もなく、イエスはナインという町に行かれた」という言葉で始まっています。ナインという町は、遠くメソポタミアからシリアのダマスカスを通りガリラヤ湖北岸、カファルナウムの辺りに出て、そこから地中海岸へと続く古い通商路沿いにあった町です。カファルナウムから西南に約40キロくだり、イズレエルの谷に出るところにありました。 (さらに…)

more

使徒聖バルナバ日

By Michinori ManoNo Comments 11 6月

バルナバ(慰めの子)と呼ばれたヨセフは、キプロス島の生まれのレビ人で、異邦人伝道の拠点となったアンティオケア教会の基礎を固めた人です。パウロと共に働きましたが、後にパウロと仲違いします。使徒言行録には次のように書かれています。 (さらに…)

more

聖霊を受けるということ

By Michinori Mano1 Comment 20 5月

聖霊降臨日(C年)説教(ヨエ3, 使2:1-11, ヨハ20:19-23)

その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。…イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。」

福音書記者ヨハネは聖霊降臨の出来事をこのように記しました。ここで語られているのは最も根源的な信仰体験です。すなわち、敵を恐れていた民が、神の霊を受け、神に守られた民としての経験をし、それを通してひとつの神の民として再生する、誕生するという体験です。 (さらに…)

more

世が与える平和、主が与える平和

By Michinori Mano1 Comment 6 5月

復活節第六主日(C年)説教(ヨハ14:23-29)

いよいよ復活節も終わりに近づいてまいりました。今週の木曜日9日には「昇天日」を、さ来週の日曜日には「聖霊降臨日」を迎えます。

今年はいつになく気候が不順でしたが、「聖霊降臨日」を迎える頃には、田植えが終わり、夏野菜の苗も植え終わっているのではないでしょうか。先ほど読まれた使徒言行録(14:8-18)やヨエル書(2:21-27)には、自然の摂理の内に神の恵みの業とその確かさを見て、天地の創造主である神をこそ信頼しなさいという教えが述べられていました。 (さらに…)

more
« Older Entries