Archive for the ‘日記’ Category

リバース・スウィープロール DAY 2

By Michinori ManoNo Comments 12 Jun

前日は、ハンモック/テント Crua Hybridで初めて湖畔のキャンプ場に宿泊(その時に周りで鳴いていた鹿の声をBGMとしてロールのビデオに使っている)。生まれて初めてのハンモックで、体重に耐えるのか、木からずり落ちないか、ひっくり返らないか、等々心配したが、とても快適だった。地面に寝るよりもずっとよい!

ロールの課題は先週に引き続き、リバース・スウィープロール。だいぶ確実になったが、苦手サイドがまだ。

今日も先週に引き続き、3周、30km漕いだ。1周ずつ異なるパドルを使った。1周目がAquaboundのSting Ray(カーボン)、2周目がGrey Owl PaddlesのSirocco(ウッド)、3周目がGearlab NUKILIK STORM(カーボン)。

シロッコを使うのは初めてだったが、大柄な見た目の印象と違って、漕いでみると、素晴らしかった。ハイアングル用で自分の元々のスタイルに合っている、ということもあるかもしれないが、ワーナー・カリスタに近い感覚に驚いた。おそらくブレード部が木製なので浮力を持っているためだろう。とてもいい!パドルは全体の重さを見ただけでは漕ぎ心地は分からないものだ。ユーロブレードの中ではこれをメインパドルにすることに決まり!

ストームパドルは、いちいちスライドさせなければならないので短距離でしか使えないのではないかと思っていたが、案外とOKだった。グローブをしなかったので左手の変なところに豆ができてしまったが。次はスピードを測りながら使ってみよう。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

初めてのリバース・スウィープ

By Michinori ManoNo Comments 5 Jun

Adanac Paddlesに作成をお願いしているグリーンランド・パドルが届くのを待ちきれず、Gearlabのストームパドルとノルサックを入手しました。ノルサック・ロールは初めからとても気持ちよくできました。リバース・スウィープロールは、まだかろうじて、という感じ。

more

初めてのバタフライロール

By Michinori ManoNo Comments 29 May

バタフライロールはあっけなくできた。これはおもいがけず沈したときにさっと起き上がるロールとして実用的かもしれない。

バランスブレイスは、まだちゃんとできるようになった感じがしない。だいぶ安定して浮かんでリラックスしていられるようになったが、なんだか前よりもデッキに戻れなくなってしまった気がする。まあ、1か月前にはまだフロートを近くに置いておそるおそるやっていたことを考えれば、少しずつながら改善できているのだろう。

サイブレイスはよい感じに仕上がってきた。かかとが当たるところに貼っていたフォームシートが剥がれてしまって、足が痛かった。

漕いだ距離18.39km。2周目は凄まじい風で2-3km/hを余儀なくされた。最高10.3km/h, 移動平均5.7km/h。

次回の課題:レッグドライブ

more

初めてのハンドロール

By Michinori ManoNo Comments 21 May

ハンドロールができてしまった!

フットレスト周りを改善して足が痛くならないようにしたおかげで、本栖湖1周は最高記録が出た。移動平均7.9km/h, 総合平均7.5km/h, 最高速度12.5km/h。漕いだ距離10.15km。

more

フロートなしでのバランス・ブレイス&ロール

By Michinori ManoNo Comments 8 May

今日は、カヤックを車に積み込んでいて、大変な失敗に気が付いてしまった。ワーナーのカリスタ、カーボン・ベントの最高級パドルを、先週、湖岸に置き忘れてきてしまった。頭を殴られたような衝撃を受けつつ湖に向かったものの、精進湖トンネルが事故で全面通行止めで、河口湖経由の大回りになり、赤池から先は大渋滞で、到着したのはもう昼だった。風が強くて白波が立っていたので、2時間あまり昼寝。

気分が変わったところで、フロートなしでのバランス・ブレイス&ロールに初挑戦した。なかなかうまくいかないものの、とにかく両手でパドルを持つことで水面に対して体を平行にして、背をそらせば、浮かぶことはできるのは分かった。そこから体を回転してカヤックに戻るのがなかなかうまくいかない。レイバックロールはできているようだ。

トランザムSSのおかげなのか、ハイブレイスが習得できたからか、スウィープロールは確実に簡単にできるので、いろいろと安心して試すことができる。

フィッティングが緩すぎるように感じた。

今日は湖を1周。トランザムで初めて速度を意識して漕いだ。軽く8~9km/hは出る。

漕いだ距離9.12km, Max 10.1km/h, 移動平均速度7.3km/h(総平均7.2km/h)

このビデオでイメージトレーニング…

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

カナック・トランザムss

By Michinori ManoNo Comments 1 May

今日で3回目のトランザムss。本栖湖を2周した。初めはコクピットが狭すぎると感じていたのに、ヒップパッドを削りすぎたかも?と思うくらいに広く感じるようになってきた。とはいえ、足のかかとが痛く、指がしびれる。2周目は裸足で乗ってみた。隔壁を直にフットレストにしているが、やはり間にウレタンフォームの板を入れてみようと思う。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

シーカヤックをステップアップ

By Michinori ManoNo Comments 24 Apr

4月24日、U-Yakで、本栖湖1周(9.38km)、max 9.5km/h, mov.avg 7.4km/h (total avg.7.1km/h)。半年前に比べて平均速度が2km/h位上がった。まだパドルの持ち方や体の回転をはじめ、改善しなければならないところが多いとはいえ、フォワードストロークがだいぶまともになってきたかもしれない。

冬の間のトレーニングに使ってきたU-Yakはすっかり体になじんでいて、愛着があるものの、同じウォーターフィールド社のトランザムssを入手したので、資金繰りのために手放すことにした。トランザムssに先だってノースウェスト・カヤックス社のシナジーRMを試したが、ロールはしやすかったものの、30kgの重さがあるために運搬が大変なこと、ラダーは不要なこと、案外とコクピットが高くてグリーンランド・スタイルには向かないことが分かって、これも手放すことに。

IMG_3663s

IMG_3662s

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

フォワード・ロール

By Michinori ManoNo Comments 21 Mar

2週間ぶりの本栖湖は水温が7度位に上がっていました。ウィンドサーフィンの人たちも戻ってきました。今日、初めて試みたのはフォワード・ロールのための練習。次回、パドルでできるかどうか…。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

フォワードストロークで光が…

By Michinori ManoNo Comments 9 Mar

FullSizeRenders

先々週の強風で流されたと思われるカイツブリ?の卵が湖底に点々と転がっていた…。

気温2~7度、水温5度。漕いだ距離 23.14km, max 8.9km/h, 移動平均6.4km/h。気温は上がってきたが、水温はまだ下がっている。ドライトップの下に3枚着ていたが、2周目からは薄手のフリースを脱いでちょうどよかった。

2周目では無風に近い状態になったので、左右でのストロークの違いをはっきり認識できた。左が弱い!後でビデオでチェックしたら、体が左に回転していない!そのことに注意して漕いで、残り1/4周位まできたところで、さらに自分のフォワードストロークの問題点が分かった。これまでストロークの半ばになってから力を入れていたようだ。それをはじめに変えたら、体の回転と足との連動が自然になって、ブレードが綺麗に水に入ってキャッチできるようになって、深く潜らせてしまうこともなくなり、左右での違いも小さくなった。ブレードの形状とストロークがマッチした感じがあって、気持ちよい!考えてみれば、キャッチの時点で体がもっともひねられているのだから、そこでもっとも力が入るのは自然なことだ。

ハイブレイスの練習では、体を回転させ、背中で水を打つようにしてみた。案外、すんなりできたが、苦手な左側ではまだやる気がしなくて次回の課題に残してしまった。バランスブレイスの練習では、体をしっかり回転させて水面と平行にすることを心がけた。わずかだが、安定感が増した気がする。カヤックのフィッティングで手を加えたい箇所も見えた。

帰宅して、初めてウェットパンツとドライトップをシャンプーして、ラテックス部分にシリコンオイルを塗った。いつの間にかガスケットに細かなヒビが…。手入れは小まめにしなけれなならないのですね…。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

バランス・ブレイス3日目

By Michinori ManoNo Comments 28 Feb

IMG_3298s

今日(2/27)の本栖湖は、水温5.5度、気温-2度~4度。漕いだ距離20.83km, 平均 5.8km/h, 最高 10.0km/h, 3時間37分。

これまでU-Yakはフィッティングせずに乗っていたが、前回必要を感じて、高密度フォームブロックを付けてみた。そのおかげか、バランス・ブレイスの練習で、たしかに床で片足を少し上げて背をアーチするのと同じ感覚が得られた。前回よりはカヤックをしっかりコントロールできた気もするが、まだフロートなしでは沈んでしまう。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

強風の中で…

By Michinori ManoNo Comments 24 Feb

2017年2月20日(月):昼から雨の予報だったので夜明け前に到着して練習を開始。水温6度、気温は朝は2度、昼には9度位。風が強く、しぶきを強く吹き付けられて目を開けていられないことも。アリュート・パドルで正解だった。面積が同じだとしても、要は瞬間的に風や水にブレードを捉われてバランスを崩してしまうようなことがないと感じる。バランス・ブレイスは上達した感じがしなかった。足でカヤックをしっかりホールドできていない。フィッティングが必要だ。背をそることでカヤックの傾きを変えることはできた。

今日は失敗が多かった。水側から2m以上話して、カヤックを置き、車に荷物を取りに行って戻ったら、カヤックがなかった!四半世紀前、バルセロナで自転車を盗まれた時を思い出してしまった。何が起きたのか理解できなかったが、辺りを見回したら、100mぐらい離れた岸辺に流されていた!しばらくしてどうしてそんなことになったのか分かった。強風でカヤックが90度向きを変え、砂利の斜面をすうっと滑っていくではないか!慌てて捕まえたが、帰り際に同じ失敗を繰り返してしまった。少し風が弱まったかなと油断したのがいけなかった。もうパドルもPFDも車に持っていったところだったが、ふと岸辺を見ると、またもやカヤックが流されている!しかも今度は漂っている最中…。慌ててパドルとPFDをつかみ、走っていったが、20-30mとはいえ、この水温でカヤックまで泳ぐのは危険に感じ、風下まで200m位先回りして、流されてくるのを待った。

失敗はそれだけでなく…。久しぶりに沈脱してしまった。岸近くでの練習の中でのことだったので、危険を感じることはなかったが、ロールに何度も失敗して沈脱すると自信を喪失してしまう。原因はつかみ切れていない。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

初めてのバランス・ブレイス

By Michinori ManoNo Comments 16 Feb

月曜日(2/13)、ロールができるようになる前、やろうとしてできなかったバランス・ブレイスを、パドルフロートを使って練習した。見るからに体がかちかちで余計な力が入っているが、思ったよりもうまくできた。でも、フロートなしではまだできない。次は、足をしっかり使い、背をしっかりアーチして背筋を使うこと、そして、上体全体を使ってのスカリングを課題として再挑戦したい。

いつも2周しているが、今日はバランス・ブレイスを練習したためか冷えてしまったので、1周で練習を終えた。今日の本栖湖は気温3度、水温5.5度。漕いだ距離14km程。湖から上がって車の中で暖を取りながらFBをチェックしていたら、午前10時半頃、湖の対岸辺りで、転覆したカヤックと意識不明の男性が見つかったというニュースが……。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

ハイブレイスのチェック

By Michinori ManoNo Comments 7 Feb

今日の本栖湖は水温6.5度、気温3~9度(時間帯によって)。漕いだ距離24km、平均5.8km/h。

先週ビデオでチェックして悲惨だったハイブレイスをまじめにやってみた。完全に体が水中に沈むところまで倒した状態からもリカバリーできたので、先週がっかりした程ではないことが確認できてよかった。よく見るように体を立てたまま倒れる方向にパドルをのばすのではなく、エリック・ジャクソンが教えるようにからだを後ろに倒して(重心を低くしつつ)パドルをのばすようにしているが、せっかくからだを倒しているのに頭を水上に保とうとしてしまっているようであり、またパドルをカヤックに対して垂直方向にでなく斜め後ろに伸ばしてしまっているようだ。来週の課題は、からだを倒すというより、頭で水を打ちにいくこと、パドルを出す方向に気をつけること。そして、苦手な左側を練習すること。 (more…)

more

小春日和?

By Michinori ManoNo Comments 31 Jan

先週は気温マイナス3度だったのに、気温10度、水温7度!ひとけがなかった湖に今日は釣り人6人、カヤッカーがわたしの他にも1人。1周目をアリュートパドルで漕いだ後、2週目はユーロパドルに替えたら、楽なこと楽なこと!22.51km, avg. 5.7km/h, max 11.5km/h

ビデオに撮ってみたら、ハイブレイスもローブレイスも悲惨だった。水中にカメラをセットして撮ったものを見ると、ハイアングルな漕ぎ方がパドルに合っていないこともよく分かってしまった…。リーンで8の字を書くことはできた。エッジには案外と乗れているようだ。

今日はいつになくウェット素材部分が濡れたが、考えてみれば先週までは体やカヤックにかかった水しぶきがどんどん凍っていたので浸水が少なかったのかもしれない。ハッチの浸水は別の話で、隙間テープをもう1周ずつ足した結果、かえって蓋側のクッションが食い込まなくなったためだろう。

ドライトップの下に長袖のヒートテック、さらにその下に半袖のクロロファイバーのシャツを着たら、汗ぐっしょりになってしまった。クロロファイバーは今は製造されていない昔の登山用衣類の素材。暖かくて汗をよく吸うが、濡れ戻しがあるのが問題。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

初めての西湖

By Michinori Mano2 Comments 23 Jan

IMG_3161s

今日は午前中は本栖湖1周(odo 10km, max 8.3km/h, avg 6.7km/h, total avg 6.5km/h)、午後は西湖を一周(odo 9km, データ取り忘れ)。気温マイナス3度、水温6度。

ビデオに撮ってみて、からだの硬さ、パドルのアングルが高すぎること、左右で角度が違うことなど、いろいろと見えてきた。エッジに乗れていなかったり、ロールで失敗することがあるのも、こんなに体が硬くては当たり前なわけで…。毎日体を動かさなければ! (more…)

more

厳寒の諏訪湖

By Michinori ManoNo Comments 16 Jan

5s

今日は初めて諏訪湖に行ってみた。気温マイナス4度、水温0.5度。ヨットハーバー横から出艇。湖が氷結していたので川を遡上した。川を下る途中から天気予報通りに強風が吹き始め、湖に戻った時には波で氷が割れて、道ができていて、ところどころ砕氷船状態にはなったものの、対岸の岡谷温泉まで往復できた。アクションカムの電池切れで、砕氷船のように進むところは撮れず、残念!

6s 線で囲った範囲がほぼ湖。南東岸から全体の1/3~1/2が氷結していた。漕いだ距離20km, max 9.3km/h, avg 5.2km/h, 3.5h (more…)

more

FRP補修

By Michinori ManoNo Comments 12 Jan

IMG_3002

シーカヤック船底の擦り傷が気になってきたのでパテで補修した。トップコートで再塗装するかどうか迷ったが、まだそれほどの状態ではないという結論に達して、プレクサスだけにしておいた。もう少し調べて、他のもので試し塗りしてからだ。

↓ このビデオで、グリーンランドロールに様々な種類があるのにはちゃんと理由があることが分かった!
https://youtu.be/3sKmX40HA6Y

↓ ローブレイスとフォーワードロールがひとつのもの、ハイブレイスとレイバックロールがひとつのものである!という理解、そしてこれら二系統の動きの関係と、コンビネーションで使えるようになることで確実性が高まることが理解できた!
http://comfortpaddling.net/bonus-low-brace-high-brace/

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

初漕ぎ!

By Michinori ManoNo Comments 10 Jan

IMGP0753c2

初漕ぎ!今日はいつもの倍、本栖湖を2周、20.67km漕いだ。平均5.6km, MAX9.6km, 4h。水温8度、気温3度前後。ロールはきれいに決まったので1回だけでいいかとも思ったが、ビデオを撮っていなかったことに気が付いてもう1回。失敗なく決まると気持ちよい。

フォームチェックのために初めてビデオを撮ってみたら、衝撃的にみっともなかったので、漕いでいるところは写っていれず、ロールしているところだけを最後に…。

ビデオで見てみると体はまわさずに両手ばかりを左右に振り回しているような漕ぎ方になっていた。その後は今まで以上に腰の回転を意識して漕いだ。腰というよりも上半身全体の回転。腕と体の角度をできるだけ固定しようとすると必然的に大きく上半身を回すことになる。パワーブレードと反対側の手を前に押しだすと言われるのは、このことかもしれないと思った。手を、というよりも、肩ごと腕を、という感じだろうか。そうやって漕いでみると、自然とローアングルになっていることに気が付いた。この漕ぎ方では、のんびりしているつもりでも8km/h位の速度が出ていた。

ハッチ内浸水が初めてゼロだった!次に手を入れたいのは、船底のFRPゲル層の削れ。今回初めて試したグッズはモーションカム&サクションカップと、ミトン。モーションカムはずっと撮っていたつもりが、スイッチのオン、オフが逆で、全く撮れていなかった。途中で気が付いて、デジカメのムービーモードで撮ったが、画角が狭く…。ミトンは正解だった!寒くなってからサーフィン用のネオプレーン3mmのグローブを使っていたが、あまり保温にならず、指がモコモコでもどかしいことも多く、終わった後に乾かすのに時間がかかるのに困っていた。ミトンは手のひらの部分に窓が空いている点がどうなのか少し不安もあったが、窓のおかげで必要な時はすぐに指が出せて便利。乾かすのも、親指部分も含めて全部裏返しにできるので楽!時々水は入るものの、それで耐えられない冷たさになることはなく、むしろいつものグローブよりもあたたかいぐらいだった。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

more

Pakboats Puffin II エアチューブ交換

By Michinori ManoNo Comments 6 Jan

IMG_2978s

14年前に買った、最初のマイ・カヤック、PakboatsのPuffin IIのエアチューブを交換した。チューブは何回か自分で修理してきたが、空気漏れの位置が特定できない状態に至って諦めた。おそらく1998年に発売された最初の型で、現行モデルとはだいぶ大きさ、形状が違っているため、元のものよりも30-40cm程も長い新しいチューブが使えるかどうか不安だったが、大丈夫だった。余る分は単に折りたたんだ状態で空気を入れればOKだった。取り付けの穴を開け直すだけですみそう。 (more…)

more
« Older Entries
Newer Entries »