Archive for the ‘フォト’ Category

2013 ハナミズキの紅葉

By Michinori ManoNo Comments 31 10月

今年はハナミズキの紅葉がきれいです。一枚一枚の葉も表情が豊かですが、木によってもまた趣きが異なって、見ていて飽きません。しかし、写真にするのは難しく感じます。

IMGP2650s (さらに…)

more

2012年 八ヶ岳南麓の晩秋

By Michinori Mano2 Comments 10 11月
夕映えの八ヶ岳

夕映えの八ヶ岳

八ヶ岳南麓での2回目の秋。昨年は余裕がなくて紅葉を楽しむことが出来なかったので今年こそは、と思っていましたが、残念ながら夏に雨が少なく、暑さが厳しすぎたためか、紅葉というよりは枯れたようになってしまった木も多いようです。干し柿は、マリヤ教会の庭でとれた実で作ったものです。450個程もできました。 (さらに…)

more

湯河原の湯かけ祭り

By Michinori ManoNo Comments 11 6月

(さらに…)

more

世田谷の桜

By Michinori ManoNo Comments 3 4月

(さらに…)

more

北下浦から見る東京湾

By Michinori ManoNo Comments 5 11月

(さらに…)

more

パレスチナ巡礼(エルサレム)

By Michinori ManoNo Comments 21 2月

jerusalem-0013

朝まだ暗い内に十字架の道行きを始めました。 (さらに…)

more

パレスチナ巡礼(ガリラヤ地方)

By Michinori ManoNo Comments 20 2月

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

春のガリラヤは優しく穏やかな光に溢れていました。夏は相当に暑くなるようですが…。

(さらに…)

more

パレスチナ巡礼(西岸地区)

By Michinori ManoNo Comments 20 2月

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

上の写真はクムランから望む死海。クムラン周辺は草もまばらな荒れ地だったが、野生の鹿の群れがいた。

(さらに…)

more

パレスチナ巡礼(アパルトヘイトの壁)

By Michinori ManoNo Comments 19 2月

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

パレスチナの人々はこの壁を<アパルトヘイトの壁>と呼ぶ。イスラエルの人々はこれを<安全保障の垣根(Security Barrier)>と呼ぶ。将来の国境となるべきグリーンライン上に立てられているわけではなく、大幅にパレスチナ自治区側に食い込む形で立てられている。パレスチナ自治区内はさらに、イスラエルの入植地を結ぶイスラエル人専用道路や、数多くの検問所で細かく分断され、事実上、収容所ないしはゲットーに押し込められて生活しているような状態である。

(さらに…)

more

パレスチナ巡礼(風物)

By Michinori ManoNo Comments 19 2月

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

パレスチナは面積は小さいが、地理的、気象的な条件が違い大きく様子の異なる様々な土地を内包している。

(さらに…)

more

ベラルーシ、ロシア

By Michinori ManoNo Comments 6 10月

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

NCCチェルノブイリ・プロジェクトのツアーでベラルーシを訪ねました。受け入れはベラルーシの諸教会で作っている円卓会議。世界教会協議会(WCC)が支援して作られた仕組みで、外国からの支援と国内の教会の働きとを結びつける働きをしています。ベラルーシではソ連崩壊と共に教会の再建が始まったわけですが、驚くほどのスピードで復興しており、信徒の活動がとても盛んです。帰路、トランジットの時間を利用して往復夜行列車で時間と費用を節約してモスクワからサンクトペテルブルクに行ってきました。残念ながら美術館等が休みの曜日だったので、ひたすら町中を歩き回りました。 (さらに…)

more

夜の淡水(台湾)

By Michinori ManoNo Comments 6 3月

tansui-0007

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

アジア・キリスト教協議会のプログラム委員会で台湾を初めて訪ねました。夜の空いた時間を使って、観光地の淡水を探索。

(さらに…)

more

野比海岸 志も・おんべ焼き

By Michinori ManoNo Comments 9 1月

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

2006年1月8日、三浦半島に引っ越してきて初めて、地域のお祭り「おんべ焼き(どんど焼き)」を見てきました。寒さの一番厳しいこの時期に夜明け前の浜に出て行くのは気合いが必要です!

(さらに…)

more

四川省、上海

By Michinori ManoNo Comments 12 11月

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

2005年、中国のプロテスタント教会の奉仕部門である愛徳基金会(アミティ・ファウンデーション)の20周年記念会議に参加しました。参加者は各々希望によって中国各地でのアミティの働きを実地に見ることができて、私は四川省に行ってきました。 (さらに…)

more

タイ・チェンマイ

By Michinori ManoNo Comments 20 4月

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

アジア・キリスト教協議会(CCA)の総会でタイのチェンマイに行きました。 (さらに…)

more

南京・北京・西安

By Michinori ManoNo Comments 13 9月

※ 任意の写真をクリックすると、大きなサイズで続けて見られます。

2004年、日本キリスト教協議会の中国教会訪問団で訪ねたときの写真です。

(さらに…)

more

春のレマン湖

By Michinori ManoNo Comments 20 4月

imgp7946_2

ジュネーブ離任の直前(2004/4/17-18)、自転車で春のレマン湖を一周しました。ジュネーブからスタートして家族で幾度となく遊びに行った湖畔の国境の村ヘルマンスに行き、フランスのイヴォワール、エヴィアンとまわり、スイスに戻ってヴィルヌーブで宿泊。翌日はモントルー、ヴヴェイ、ローザンヌとまわって、ジュネーブに帰着しました。普段と逆のフランス側から見たレマン湖は違った雰囲気でした。お勧めはヴヴェイの辺りの葡萄畑が広がっているところです。 (さらに…)

more

夜の香港

By Michinori ManoNo Comments 13 4月

(さらに…)

more

ジュネーブのチョコレート屋さん

By Michinori ManoNo Comments 31 3月

3年間住んだジュネーブのチョコレート屋さんのディスプレイの写真です。ジュネーブにはとてもたくさんのチョコレート屋さんがあって、どのお店でもディスプレイには季節や祭り、イベントに因んで、チョコレートとマジパン(アーモンドと砂糖をローラーですり潰しペースト状にしたもの)で造形された菓子がいつも飾られています。 (さらに…)

more

サンジャミニャーノ

By Michinori ManoNo Comments 17 3月

フィレンツェから56kmほど南方の丘の上に中世の雰囲気を残した「塔の町」サンジャミニャーノがあります。町の支配者たちが富と力の象徴として塔を建て、最盛期の13、14世紀には72もあったそうです。現在、14の塔があります。 (さらに…)

more
« Older Entries
Newer Entries »